vrをiphone6で気軽に楽しめるレンズ付きケースを試してみよう

vr(バーチャルリアリティ)、日本語でいうところの【仮想現実】

人間の五感を刺激する事で、本当には無い物をあるようにして見せる。
仮想の現実世界を見せるというものです。

こう聞くと私は「ソードアート」を思い出してしまうので、ゲームの世界でも体験できたらなと思うわけです。

ログアウトできなくなるのは嫌ですけどねw

これまでも、多くのメーカーから販売され、段ボール製のものからヘッドギアと呼ばれるものまで出ていますが、お値段もピンきり。

その中にも、デジタル機器で有名な上海問屋さんから限定アイテムとして、vrレンズ付きのケースが販売されました。

スポンサードリンク

vrをiPhone6でも楽しめるレンズ付きケース

vrは、ゴーグルやヘッドギアと呼ばれるものにスマホをセットして楽しめていましたが、場合によっては動画以外を楽しむ時に、画面をタップしたりしたい時にイチイチ外す必要がありましたよね。

vr_iphone6case002
あっ、ちょっと違い過ぎるかな…。

と、ネタはさておき、今回上海問屋から発売されたVRレンズ付きのケースはこんなの

これまでのとは違い、ケースをずっと持ったままってのは長時間しんどいですが「目の疲れ」や「VR酔い」になる前に休憩できると思えばいいのかもしれない。

また、スマホVRだけで考えるとまだまだこれからという部分も多々あるはずなので、とりあえずvrを体験しておこうかなと思えば、いいお試しになるのではと思います。

対応機種は、iPhone6s/6・iPhone6s Plus/6 Plus用となっていてお値段は1,500円ほど。
スマホケースが100均でも買える事を考えると、とんでもない値段ですが「その値段出すなら自分で作るか」とならないのなら、お試し価格という事で購入してみてもいいかもですね。

ちなみに、グーグルマップはわざわざ外してタップしなくても済みそうなのでvrを楽しめそうな予感がしていますw

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
梅雨の時期や意味を知って頭はすっきりしても除湿は出来てません。
日産GT‐Rがマイチェンでも魅せる匠の技「技術の日産ここにあり」
VRレンズ付きケース(スマホ用)を買って使って見た感想
abematvに関連する記事一覧
自転車保険の加入義務化が大阪でも始まります
学生服は卒業した後どうしましたか?
フラガールって、実際にあるんだね。スパリゾートハワイアンズに
noimage
足首の前側が痛みで歩けなかったのが治ったと言うお話
大西卓哉さんが国際宇宙ステーション(ISS)から帰還です
noimage
noimage
abematvとはなんぞ?無料でアニメ専門チャンネルが開設されるみたい
サイクルツーリズムとは?自転車での観光で世界が広がる?

Menu

HOME

TOP