地蔵盆の由来はどこからで関西だけなのか?参加しないといけない?

地蔵盆といえば、お菓子が貰えるので毎年楽しみなお祭りだったと記憶しています。

おじいちゃんおばあちゃんに、可愛がってもらえるというのも子供心に嬉しかったので、よく行ってました。

今思うと「ハロウィン」に近いものがあるとは思うのですが、地蔵盆って子供のお祭りなんですよね。

「元気に育てよ~」という願いが込められて行われている地蔵盆には、元々どんな由来があるんでしょうね。

また、私の地元(大阪)では恒例行事なのですが、関東方面ではあまり見かけないそうですね。何か違いがあるだけなのかもですが…。

で、実際に地蔵盆が行われる地域に住んでいたら必ず参加しないといけないものなのか?子供さんがいるご家族なら気になるところですよね。

会費のこともあったりしますしね…。

スポンサードリンク

地蔵盆の元々の由来はどこから来たの?

地蔵盆というと、お菓子やジュースを貰えるお祭りとしか子どもの頃には思っていませんでした。

何せ、「地蔵尊」って書かれた提灯のあるところに行けばお菓子とジュースをくれますし、近所のおばあちゃんやおじいちゃんが、いつもより優しく接してくれる気がしていたので、楽しいものでした。

お菓子を貰った後は、特に用事もないのでおしゃべりをしない限りはサッサと友達と遊びに行っていたので、それ以外の行事ごとに関しては記憶にないんですよねw

で、そもそもの由来というのは何だったのかと今さらながら気になりますし、今後子どもに伝える際に「お菓子とジュースが貰える日」と教えるのも何なので備忘録がてら書いておきます。

地蔵盆の前に、まずお地蔵さんについて知っておきましょうかね。

地蔵菩薩

お地蔵さんと言うと親しみがあって言いやすいのですが、本来は「地蔵菩薩(じぞうぼさつ)」と言います。

こういうと急にかしこまってしまいますし、仏教色が強くなりますよね。

日本では、道祖神(どうそしん)と「子どもの守り神」として信仰されています。

道祖神は、昔の村や町の道や曲がり角(辻)に立っていて、村や町に変なものが入ってこない様に、また、周辺に住む住民に事故やケガのないようにと建てられていたんです。

変な物というは、悪霊(疫病なども含む)だったりという意味合いですよ。

住民を守るという事は、人々は安心して暮らす事が出来ますので、子供も元気に育ちますし、子供が元気に育っていくという事は人口も増え、村や町の発展につながるわけです。

また、お地蔵さんには、人々に代わって苦難の身代わりになっていただけるということから、弱い立場を助ける菩薩様となり、子どもを守るという風にとらえられてきたんですね。

ここでいう苦難というのは、「六道」と言われるもので【地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道】に分かれています。

お地蔵さんが六体いるのは、この六道にちなんでいるからなんですよ。

この六道をお地蔵さんが自ら歩くことで、命あるすべての生き物(衆生といいます)、不幸にも親よりも先に世を去った子どもを救いながら旅を続けているとされているんです。

賽(さい)の河原で、石の塔を積み上げる子どもが、塔の完成間近で鬼に壊されるというお話は知っていますでしょうか?

地蔵菩薩は、鬼にいじめられる子どもを救うというお話です。

こういったお話からも、お地蔵さんが「一番弱い立場の人々を、最優先で助けようとする菩薩」ですので、古くから信仰されているんですね。

対象が子供ではありませんが、お正月のお餅も買えない状況の老夫婦をお地蔵さんが救った昔話「かさじぞう」も、同じく弱い立場の老夫婦を救っていますよね。

この昔話の場合は、売れ残りとは言え、売り物の笠をお地蔵さんにあげるという、信仰という意味合いもありますが。

ま、「いいことすればいいことが返ってくる」といったところですよね。

…。
長々とお地蔵さんについて書いてしまいましたが、ここから地蔵盆の由来ですw

地蔵盆とは

地蔵盆は、地蔵菩薩の縁日が毎月24日に行われ、お盆近い日(旧暦7月24日または月遅れの8月24日あたり)に行われるので、地蔵盆と呼ばれる様になったんです。

また、地蔵菩薩は「地獄の閻魔」こと閻魔大王と同一視されているというのはご存知でしょうか?

お地蔵さんの穏やかな顔と、閻魔さんの赤く激オコな顔が同一人物とは思えませんが、賽の河原のお話同様に、閻魔さんが地獄に行った人の身代わりになっていたというお話も有名なので、どこかで聞いたことがあるかもですね。

その閻魔さんの姿を見かね供養したのが、地蔵盆の始まりでもあり、お地蔵さんが弱い立場を助けるというところからも、子どものお祭りとして広まっていったんですね。

こういった祭事には、旧暦だの新暦だのとややこしいので7月24日か8月24日と覚えておけばいいと思いますよ。

地蔵盆になると、お地蔵さんの祭ってある祠(ほこら)のまわりでは飾り付けが行われ、お地蔵さんも、綺麗に洗い清められ新しい前垂れ(まえだれ)を着せてお化粧したりします。

提灯や灯篭、供え物などをして祀り、子どもの守り神ですので、子どもが中心となるお祭りになります。

数珠回しや、読経もこの期間に行われますね。
本人は、お菓子にしか興味なかったので体験はしてませんがw

場所によっては福引もあるようですが、私の地元ではなかったようです。
こちらも、ほかの行事ごとに興味がなかったので親や友人からの話ではなかったということです。

そして、後述しますが、この地蔵盆は関西の方が盛んに行われている行事なんですよね。

ちなみに、閻魔さんを祀ってあるお寺では閻魔さんを祀ることで、生前に犯した罪を軽くしてもらうという意味合いから祀られているそうですよ。

閻魔さんは、私が言うのも何ですが、決して悪い人ではないのであしからずです。

地蔵盆は関西だけの行事なんだろうか?

地蔵盆は、毎年お盆休みの後に必ずありましたので、大阪に住む私にとってはごく当たり前の夏の行事なのですが、所変われば品代わるといいますが、関東地方ではあまり見られない習慣なんですね。

長野県や長崎県、宮城県の一部地域では地蔵盆は行われています。

何故、関西では盛んなのに、関東では見かけないのかというと地蔵信仰自体が浸透していなかったという事らしいです。

地蔵信仰が浸透してないなら、地蔵盆も行われなくても普通ですね。
むしろ「地蔵盆の季節やなぁ」と言われても「はぁ?」ぐらいしか言えませんよね。

また、関西といっても京都が特に盛んで、地域的に見ても京都市内のほとんどが地蔵盆をしますが、それ以外は地域的なものが多いようですね。

私が住んでいる地域、住んでいた地域では地蔵盆ありましたので、当たり前と思っていたのですが、関西でも京都が盛んなようですね。

関東ではお地蔵さんが作られたのが江戸時代からとなり、お稲荷さんへの信仰の方が強いようですので、地蔵盆というのが浸透しなかったのかもしれませんね。


スポンサードリンク

地蔵盆は参加しないといけないものなのか?

地蔵盆に参加するしないは、子どもの場合はお菓子をもらえるなら行きたいですし、それ以外にも楽しいイベントがあれば参加したい行事となります。

でも、この場合は地蔵盆への参加、不参加を悩まれるのは親御さんの方ですね。

とくに「会費を払う」という部分でどうしようかとなるわけですが、基本的に絶対ではありませんので、参加したくないのであればしなければいいし、参加しようと思えばすればいいとなります。

ただ、問題なのは参加しなかった場合なのですが、地蔵盆への参加=会費を払わないとしたら、おそらく自治会での立場と言うかコミュニケーションという場面で不都合があるかもしれませんよね。

地蔵盆の盛んな京都では、赤ん坊が生まれれば名前を書いた提灯を供える所もあるようなので、参加しているのであればそうなりますし、参加する意思がなければ供えもしませんね。

地蔵盆は民間信仰となりますので、より民間に自治体に近く運営も民間となるのでご近所付き合いを円滑にしたいと思うので、あれば参加しておく方がいいのではないかと思います。

まとめ

地蔵盆は、個人的に夏の風物詩の一つでもありましたが、実は地域的なもので日本全国の行事というわけではありませんでした。

しかしながら、子ども心には楽しいイベントであることに変わりありません。
関西中心の行事となりますが、もしも参加に悩まれるのであれば地域やご近所さんとのお付き合いを考えた上で参加・不参加を決めればいいのではないでしょうか?

もちろん、地蔵盆の主役は子どもですので、子供が楽しめるようなお祭りである事が一番だと思います♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

嵐山の紅葉を見るおすすめのルートとトロッコ列車の乗り方
十日戎の由来は?笹や飾りの意味は?大阪今宮戎の場所はどこ?
年賀状の書き方にマナーはある?宛名や返事の書き方は?
日本三大祭りと言われる祇園祭と天神祭と神田祭
年賀状は一言ある方がうれしいけど書かないのはマナー違反?
こどもの日に甥っ子へのプレゼントは何がいい?おすすめは?
端午の節句の由来は?人形やちまき・柏餅の食べ物の意味は?
葵祭の起源はどこから?日程はどうなってるの?行列はどんな感じ?
謹賀新年の意味と目上に対する使い方。迎春は使わない方がいい
恵方巻きの食べ方や太巻きに入れる具材と食べる時に黙る意味
中国風の月見なら月餅を食べよう!餡の種類や美味しいお店は?
お歳暮にハムがなぜ多い?簡単なアレンジ料理と保存方法
敬老の日に孫からプレゼントすると喜ばれるものは何?
葵祭の観覧席の予約はどこで?御所と下鴨神社、おすすめはどっち?
お中元って何?意味や由来は?で、誰から誰に贈るもの?時期は?

Menu

HOME

TOP