サイクルツーリズムとは?自転車での観光で世界が広がる?

サイクリングではなく、サイクルツーリズム。どこか旅行の雰囲気漂う言葉ですし、どこぞの旅行会社にも似たようにもとれるネーミング。

自転車を使って旅行に関連した何かなのかな?って雰囲気では、なんとなく理解できますが、実際にはどういう意味のある言葉なのでしょうか。

スポンサードリンク

サイクルツーリズムとは?その意味は?

サイクルツーリズムとは?意味は?の前に、みなさんが旅行に行かれる際、電車・バスなどを利用し、自家用車やレンタカーなどで観光地を巡ると思います。

中にはレンタサイクルを借り、気の赴くままに気楽にでかけることもありますよね。

でも、旅行中に訪れたい観光地で絶景の景色であったり、一生に一度は食べてみたい食事があったとして、そこは辺境の地。

新幹線や電車はあるんだけど、観光地を巡るにはコレといった交通手段がないような観光地も多く存在するんですよね。

そんな時に威力を発揮するものと言えば…。

「自分の足」となってしまったらここで話が終わってしまいますw

ここで出てくるのは「自転車での観光」という事になります。
これを「サイクルツーリズム」というんですね。

サイクルツーリズムとは自転車観光の事です。

サイクルツーリズムの意味するところは、青森県や北海道が力を入れているようですが、ある意味では観光地の地域活性化となりますね。

最近では、日本各地でサイクルツーリズム関連の組織などが立ち上がってますので、近所にないか調べてみるといいかもです。

自転車を使う事で、電車や車ではなかなかしにくい「あっ、いい景色♪ちょっと止まって見てみよう」なんて事が気軽にできるのが、自転車のいいところなんですよ。

私も「チャリ旅」と題して、いろんなところに自転車で行ってたんですが、もうねあの爽快感は実感しないとわからないですよ。

道の真ん中で止めるのは危険極まりないですが、ちょっと止まって眺めたい景色があればスグに休憩がてら散策もできるので、いろんな場所に行くのが楽しくなります。

他にも、自転車って結局自分の足を体力を使って行くわけですから、目的地までは辛い時もあります。

嫌がらせの様に吹いてくる向かい風に「おらぁぁぁ~~!」と、無駄な雄叫びを挙げたくなるときもありますし、上り坂になったら「絶対に立ち漕ぎはしない」とか思いつつ「やぱ降りようかな…泣」とか思いながらも、最後まで登り切った後の達成感はハンパないです。

あ、決していじめられるのが好きではないですよw

自転車で行動すると観光地をいろんな角度から楽しめるというだけではなく、その目的地までの道のりでさえも楽しめるというのも「サイクルツーリズム」の意味と言えるのではないでしょうか。

燃料は、自分への食事や水分でいいし、タイヤはついているものの車ほどまきちらすわけでもないし、エコにもつながる素敵な乗り物ですからおすすめしたいですね。

サイクルツーリズムとチャリナビ

サイクルツーリズムを推進する動きが活発な青森のベンチャー企業が開発し、導入する自治体が増えている「チャリナビ」

これは、自転車に取り付けた端末で位置情報を取得して、観光名所までナビや解説なども出来る仕組みで、そのまま「ナビゲーションシステム」の自転車版といった感じ。

でも、私が気になるのは「どうやってその情報を取り込むのか」なんですが、やっぱりイヤフォンなんですよね。

この「チャリナビ」では耳を塞がない骨伝導イヤフォンを使用するみたいなんですが、結局耳にかけてたらイヤフォンと思われるでしょうし、場合によっては止められるのではないかと思います。

また、自転車に乗っていていつも思うのは「耳からの情報」というのは本当に大切で、車などの音以外にも、走っている最中は耳はクリアな状態を保っていたいと思うんですね。

ですので、個人的には「迷うのもまた楽し」なので、地図は持って行くけれども地図を見たければ止まればいいし、迷ったら人に聞けばいいかな?というスタンスなので、私は利用しないと思います。

でも、チャリナビの解説にもありましたが、「旅行に行って観光地巡りをするにも土地勘がないから迷いやすい」という部分は「確かにそれは言える」と変に納得してしまいました。

私みたいに、ノー天気な人なら迷う事も楽しめるかもですが、時間が限られた中で迷ってばかりじゃいい思い出を作れそうにないなと思えば利用するほうがいいかもしれませんね。

今では、ツアーを組んでいくと先導ガイドさんが着いてくれたりするので、そちらを利用するのもいいかもですね。


スポンサードリンク

サイクルツーリズムに適した自転車

これは、個人的な好みもありますので乗りたいものでいいと思いますが、意外にもママチャリの力はあなどれませんので、要チェックですよ。

街中のいたるところで見かけますし、山間でも見かけるのはママチャリの方が多いのではないかと思う位の普及率。

ただ、椅子だけは替えた方がいいと思うのは私だけでしょうかw

で、宿泊もして結構な遠出をするなら直線や、平坦な道であれば車道を走るのが基本なので快適な速度で距離を稼ぐなら、ロードタイプが圧倒的に有利だと思います。

また、目的の場所が舗装されていない道が多いかほとんどならマウンテンバイクでしょうし、街中オンリーだけど狭い道などが多いのであればクロスバイクってところでしょうか。

初めて、サイクリングにおすすめしているところが多いのでこういった観光目的で利用するのもクロスバイクの方がいいかもしれませんね。

姿勢もロードより楽ですしね。

まとめ

サイクルツーリズムなる言葉があるとは思っていなかったので、自転車好きな私とってはなんか嬉しい気分になります。

こういった事が盛んに行われれば自転車に乗る楽しみを知る方も増えてくると思いますし、まだまだ危険な道路も多いので、整地してくれる自治体が増えてくればもっと自転車人口も増えるのではないかと思います。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

noimage
LED電球買ったばかりなのに…。そんな事があるのか?
noimage
noimage
Bリーグ発足でどうなるバスケ人口?バスケットマンは増えるのか?
noimage
リッツとオレオはなぜ生産中止になったのか?後継商品は?
マツダ車にロータリーエンジン搭載車が復活しますね
abematvとはなんぞ?無料でアニメ専門チャンネルが開設されるみたい
弁護士への相談も気軽にできるようになってきました。
秋でもないのに赤い葉をつける木の名前が気になって仕方ない
喪中はがきをもらったら、どうすればいい?返信は必要?
格安simをスマホセットで購入した方がポケモンも安心してできそう
季節の風物詩?乳酸菌は殺菌されていても問題ない
noimage

Menu

HOME

TOP