伊丹花火大会のグランドフィナーレで関西の夏を締めくくる

いたみ花火大会では、毎年のテーマに沿って3500発の花火が夜空を煌びやかにいろどる華の宴となり、フィナーレにふさわしい伊丹名物の「黄金しだれ柳の重ね咲き」が迫力満点に咲き誇ります。

今年のテーマ「万華創演(ばんかそうえん)」に、沿った花火が楽しみですよね。
グランドフィナーレをかざるスターマインにも期待が膨らみます。

スポンサードリンク

伊丹花火大会のフィナーレ「黄金しだれ柳の重ね咲き」

伊丹花火大会を見るのに忘れてはならないものといえば、伊丹名物と言われている「黄金しだれ柳の重ね咲き」ですね。

幾重にも重なって、夜空に咲く花火は風にあおられて流れる様は「しだれ柳」そのもの。
黄金と言っても過ぎてないほどに、銀色も交えながらの黄金の華は見事なものです。

もう、「黄金しだれ柳の重ね咲き」だけでも見て欲しいと思うほどに、素敵なフィナーレになんですよ。

風が強すぎても、しだれ柳っぽくないし、弱すぎてもねぇイマイチ。
って感じで、上手い具合に風とコラボできた結果、こんな素敵なタイトルがつくほどで、フィナーレを飾れるような花火になるんだろうなと思います。

ほんと上手い事いいますよねw
「黄金しだれ柳」って名前を知ってから見るともう「金色のしだれ柳」にしか見えませんから。

ちょっと言い過ぎかな…(汗
でも、ほんとキレイですし、どちらかというと風に流される方がよりいいかもですね。

花火って、綺麗なんだけどスグに消えてしまうので儚いものなのですが、黄金しだれ柳の重ね咲きのように幾重にも重ねることで、しだれ柳に見える花火がずっと表現され、一発づつ形を変えているのに、何故か一本のしだれ柳を見ているような感覚はちょっと不思議w

これが「サブリミナル」いや残像現象の影響でもあるのかな。

で、「しだれ柳っていうけど、ヤナギはこんな形じゃないの?」なんて思ってしまった人は、私だけですか?

あえて【しだれ】と付ける意味はあるのかい??
と、天邪鬼な私は思いました。

調べてみると、日本で見るほとんどのヤナギの種類が「しだれ柳」なんですね。
だから、私がヤナギと言えば「しだれでしょう」と思うのも無理なかったんですねw

でも、しだれ柳以外にも有名なヤナギもあるんですよ。
私の頭の中にもホコリをかぶっていましたが、知識の引き出しには入ってました。うん。忘れていたという言い方が正しいですね「ネコヤナギ」です。

花穂(かすい)を、ネコの尾に見立てたことから付いた名前で決して「やなぎの下にネコがいる」からではありませんw

【ねこやなぎ画像】

さて『黄金しだれ柳の重ね咲き』が終わったら、「夏が終わる…」といった雰囲気にもなってしまうので、帰るのが惜しくなってしまうのが残念なところ。

学生さんなら「あぁ、宿題せな…(汗)」となる方も多いんじゃないですか。

伊丹花火大会の日程と場所と行き方

2016年で、36回目となる「第36回いたみ花火大会」は、平成28年8月27日(土曜日)に開催されます。

天気が荒天となった時は順延となり、翌日に変更されるので、最悪日曜日でも花火は観れるといった感じになります。

時間は、20時から21時までの1時間の開催です。打ち上げ数は3500発。

時間的には、もしも出張や旅行で信越・関東方面から伊丹空港に到着予定で、最終到着便なら空から花火も見れるかもしれませんね♪

空か見る花火ってどんなでしょうね。一度見てみたいものです。
あぁ、今ならドローンでの撮影がありますが、いたみ花火大会では禁止されていますので、注意してくださいね。

いたみ花火大会の打ち上げ場所はここ

いたみ花火大会の会場へは、電車推奨です。

・JR伊丹駅か南東へ歩いて約10分
・阪急伊丹駅から東へ歩いて約20分

あくまでも、何にもない状態での時間なので混み具合によって当然時間がかわります。

また、JR伊丹駅なら歩いても大したことなさそうなので選ぶのもありですが、大体人々もそう思うはずなので混雑は頭に入れておきましょう。

帰りもJR伊丹駅を利用するなら、着いた時に帰りの切符を買っておくといった準備はしておいた方がいいかもしれませんよね。

また、伊丹花火大会が終わって余韻を楽しむことなく家路に着こうとしてもこれまた、混雑最大!の時に移動となるので、余韻に浸りながら散歩もかねて河川敷を散策してから帰るのも混雑をさける手段となるでしょう。

その際は、虫刺されに注意ですよ~「虫除け」は必須アイテムなので携帯しておくように!

迷うことなく帰ろうと思えば、混雑時にでも人の流れに沿って行けばどちらかの伊丹駅にも着くはずなので「方向音痴だから、帰れるかどうか不安」な場合は、人に聞くか流れに合わせて帰り、歩くのに疲れたらどこぞのカフェなどで一息ついてからってのもありですね。

なんせ、翌日は日曜ですから大抵の人はお休みではなかろうかと思います。
そうではなく、翌日は仕事だという場合は、気合を入れて帰りましょう。

頑張れっ!!


スポンサードリンク

伊丹花火大会 おすすめスポット

伊丹花火大会のおすすめのスポットとなるのは、やはり打ち上げ場所に近いところがおすすめとなります。

これにはちょっとしたワケがありまして。この動画を見ていただけます?

見ました?すごくないですか?いやスゴイですよね♪ね。
この「ワイドスターマイン」が伊丹花火大会でも打ち上げられるんですよ。

私は観た瞬間「花火の部屋」にでも入ったのかってぐらいに、一面花火に包まれた感覚がものすごく気に入りました。

この状況を楽しむには、やっぱり打ち上げ場所の近辺でないと味わえないと思うんですよね。

となると「神津大橋河川敷付近」が一番のおすすめスポットとなるわけですよ。
いやだって「花火の部屋」に行けるん…もういいですかw

屋台もたくさん出ていますし、早めに場所を確保しておけば食べて楽しい、見てワクワクの楽しい伊丹花火大会を堪能できますよ。

あっ、飛行機もちょくちょく見れるとさらにいいですよね。

他には、イオンの屋上や空港の展望デッキとかありますが、ワイドスターマインに圧倒されたいなら、おすすめできませんし場合により入場規制で入れなかったりします。

空港の展望デッキや、スカイパークは花火大会前に楽しんでおくといいと思います。

それに、思ったよりも河川敷が広いのでまだマシだと思うんですよね。

なので、私が一押しする伊丹花火大会のおすすめスポットは大会関係者になること!ではなく…。

「神津大橋河川敷付近」となります♪

まとめ

伊丹花火大会は、フィナーレの「黄金しだれ柳重ね咲き」が一番の見どころなのでそれだけでも、見て欲しいと思います。

「柳やぁ~」と感動していただけると思われ。

日程や時間的も夏休み、休日を使って十分に楽しめる日程となっており、順延されても翌日なので土日が休みであれば、なんとかなります。

おすすめのスポットは、「ワイドスターマイン」を間近で見て欲しいので「神津大橋河川敷付近」を圧倒的におすすめします♪

夏の締めに、いたみ花火大会を楽しまれてくださいね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

花火大会の混雑状況を確認できるアプリって便利だと思うんだど
熊野花火を船から見ると人ごみも苦にならない クルーズの価格は?
淀川花火大会を観覧席やおすすめ絶景、梅田スカイビルで楽しむ
大曲の花火の時の駐車場でおすすめの場所は?無料はある?民家でも?
横浜開港祭の感想
横浜開港祭とは?由来は何?花火もおすすめだから今すぐアクセス!!
日本の夏祭りの意味は?縁日という名前の由来や花火の意味
みなとこうべ会場花火大会の駅で最適なのは?観覧場所や屋台の場所は?
守口市花火大会の最寄り駅はどこが近い?
臨港パーク周辺駐車場で上限料金なのは?開港祭で道路規制はある?
天神祭の花火が近い宿泊場所は?場所を考えると桜ノ宮周辺だけど
大阪の天神祭りの歴史と日程 見どころやアクセスに最寄り駅
なにわ淀川花火大会の日にちはいつ?場所はどこで?観覧席の位置は?
琵琶湖花火大会に電車で行くならどの駅がいい?アクセス便利なのは?
守口市で花火大会が初開催!楽しむための攻略法は?

Menu

HOME

TOP