うなぎが夏バテにいい理由は?豚肉じゃだめなのかな?どっち?

「土用の丑の日はうなぎ」なんてことは小さい頃から言われて来たし、スーパーなんかでも売り出してますよね。

私は、それほどうなぎを食べないのですが(決して嫌いと言うワケではないです)夏バテってほとんどしないんですよね。

ですので、うなぎを食べないから夏バテになるという事もないのは実体験から検証済w
じゃ、うなぎを食べると何が夏バテにいいのかって事が気になってきますよね。

普段から、良く口にするものと言えば、圧倒的に牛より豚肉な感じですが、ぶっちゃけ豚肉でも夏バテ防止の効果ってあるのではなかろうかと正直思います。

ではでは、うなぎと豚肉、夏バテにはどっちがいいのか?
見ていきましょ~

スポンサードリンク

うなぎが夏バテにいいと言われる理由は?

本来なら、秋から春にかけてが一番美味しい季節のうなぎ。
夏には当然、味が落ちるわけだからうなぎを売っているお店では売り上げもあがらない。

どうしたものかと、考えた結果「本日丑の日」と看板を出すよう指示を出した平賀源内さんの案が見事にはまり、今日までの「土用の丑の日はうなぎを食べる」が浸透してきました。

もうこうなると、流行りものが好きな人々はこぞって鰻を食べますし、売り手も一生懸命うなぎを買いに走りますし、漁師さんもたくさん鰻を獲ろうとしますね。

その結果、人間の胃袋に追いつかないスピードで鰻が減っていくんですよ。
2014年に絶滅危惧種として「レッドリスト」に加えられましたね。

でも、国産うなぎはほとんが養殖なので絶滅はしないのではなんて思うかもですが、養殖は可能なものの、卵から成魚までの完全な養殖方法は確立されていないのが現状なんですね。

ですので、鰻(ニホンウナギ)の稚魚(シラスウナギ)を、養殖する形となっているんです。そのシラスウナギも半分以上は輸入に頼っていて、輸入先である国でも日本より早く絶滅危惧種に指定されているという驚きの状態となっているんですよね。

絶滅の恐れがあるならちょっと控えた方が…。なんて思ってもらえるとうなぎさんも喜んでくれるでしょうが、美味しいものを食べたいと思う人は多く、高額になろうとも「やっぱり土用の丑はうなぎだろ」って感じになるもの仕方のないところ。

今まであったものを、急に「ダメ」と言われてもそう納得できるものでもないですからね。
今後の養殖技術に期待したいところではあります。

で、更に気分だけも「うなぎ」を味わおうと多くの企業が代替え品を用意しています。
その中でも鰻通に「これはこれでアリだな」と言わしめたのが【鶏肉の蒲焼】なんだそうです。

見た目や味については、答えを言うまでは違和感がありながらも食べ、答えを知ってからでも納得したかのように「うなぎじゃないけど、おいしい」としっかりと食べたというのがいいですよね♪

それぐらいうなぎは人気の食べ物で美味しいということですな。

じゃ、うなぎは美味しいだけなのかというとそうでもなく、栄養価の高い食品でもあります。「ネバネバやヌメリのある食品は身体にいい」と言われるぐらいに、うなぎもヌメッてますよねw

実は、うなぎが栄養価の高い食品で強壮食品として、あの「万葉集」の時代から食べられていたんですって。

こうやって古い文献にあると「どうやってその効果を知り得たのか?」が気になりますけど。

うなぎの持つ栄養は、たんぱく質とビタミンAが群を抜いています。
タンパク質は、栄養学的に見ても豊富で、ビタミンAにいたっては、100gのうなぎの蒲焼を食べる事で、2日分に相当する量が摂れるのだそうです。

ビタミンAは、いろんな働きがある成分ですが、夏バテに関して言えば「免疫力のアップ」が挙げられるでしょうね。ニンジンも、ビタミンAが豊富ですよ♪

ほかにも、ビタミンB2,D,E・カルシウム・鉄分などがあり、身体に必要な栄養素を多く含む優秀な食品なんですね。

また、「脂質が多すぎるのではないか?」と心配されていたそうですが、不飽和脂肪酸(EPA、DHA)という身体に優しい脂質なので、あまり気にすることではありません。

うなぎって、やっぱり栄養価が高いんですね。値段が高いだけじゃなくてよかったです。
でも、やっぱり高価なものだけに、毎日食べられるものではないですよね。

となると、「鶏肉の蒲焼」のように姿形ではなく「夏バテ防止効果」という面でみると、うなぎに代わる安価な食品はないのかとなるわけですね。

夏バテの防止に豚肉じゃだめなの?

夏バテの症状や、夏風邪の原因にもなるのが「疲労」
温度差の激しい環境下での生活で心も身体も疲労してしまいますし、疲労が原因で免疫力が下がり、夏風邪にかかってしまうこともあります。

このあたりは、以前の記事にも書いていますので読んでいただければと思います。

>夏バテと夏風邪の違いは何?原因と症状から予防まで

で、その疲労回復に良いとされているのが「ビタミンB1」なんですね。
疲労を治すのではなく、緩和してくれるだろうなのでご理解を。

豚肉に多く含まれるビタミンB1には、女性が目指す美肌づくりに役立ってくれる働きがあり皮膚・粘膜の健康を維持しようとする働きがありますのでおすすめですね。

ビタミンB1は、炭水化物を一緒にとることでエネルギーに替えやすい性質があり疲労回復だけではなく、スタミナという面でも効果を発揮してくれます。

脂質が気になる場合であれば、バラ肉などではなくヒレ肉を使えば脂分も抑えられますよ。
そこに、レモンなどをかけていただくような料理であればクエン酸も摂取でき尚オススメの食材となります。

豚肉の脂肪分は、意外にも牛肉の同部位と比べると低く、高たんぱくなんですよ。

ちなみに、クエン酸で思い出しましたが「梅干しとうなぎの食べ合わせは良くない」というのは、根拠のないお話だそうです。

梅干しは食欲を増進させ、脂っこいものをさっぱりとさせる性質があるので、高価なうなぎをついついたくさん食べ過ぎないようにと「戒め(いましめ)」が含まれているのではないかという説。

土用の丑の日は夏場ですよね。この時期にうなぎがもしも腐っていたら酸味があるんですが、梅干しも酸っぱいので腐っていても気づかないという説があるようです。

どちらにしても、梅干しとうなぎを一緒に食べたら何かおかしな事になるということは、ありませんので安心してください。

…。

あれっ、確か豚肉の話をしてましたよねw
クエン酸の話になったついでということで勘弁してください。


スポンサードリンク

夏バテに豚肉とうなぎはどっちがいい?

夏バテ予防に食べるなら、うなぎと豚肉とどっちがいいのか?って値段で決めると圧倒的に豚肉となるので、ある意味一択となる場合もありますw

ですが、栄養価を考えるのであれば含まれる栄養成分を比較してみても、数の多さでは断トツでうなぎが優れていますね。

ただ、夏バテを想定した予防策としてはうなぎだけとか、豚肉だけでは予防できるわけもなく、どこでも聞かれる「バランスのとれた食事」が前提となります。

そういった事から免疫力を上げる「ビタミンA」の含有率はうなぎ、疲労回復の「ビタミンB1」の含有率では豚肉となります。

うなぎ

ビタミンA:2400μg
ビタミンB1:約0.37mg

豚肉(ヒレ肉)

ビタミンA:2μg
ビタミンB1:0.98mg

といった、成分の差がありますので参考までに。

古くから食べられていたうなぎですので、どっちがいいと比較するものアレですし豚肉が食べられるようになったのは、うなぎよりもかなり後の話ですしね。

農耕民族だったころには、狩りで得た鹿や猪は食していたのですが、牛や豚、鶏などいわゆる家畜を食べる事は仏教の習わしもあり禁止されていたこともあるんですよ。

肉よりも魚が主食だった時代に、うなぎと豚肉はどっちがいいと聞けば間違いなく「うなぎでしょ」と言われるかもですが、食の欧米化と言われている現在なら豚肉…とならないこの不思議w

個人的には、豚肉推しです。
私は、値段もお安い豚バラ肉がものすごく好きで、白菜と一緒に電子レンジに入れてチンします。
手軽に簡単に野菜と肉をたくさん摂れますので。

あ、もうひとつ忘れてました。

豚肉に含まれるビタミンB1は、溶け出しやすいので汁物などにはしない方が効率的です。
焼いたりする方が残りやすいので、スタミナ料理の「ニラレバ炒め」なんかは理にかなった料理と言えますね。

ですので、豚肉を料理する場合は、出来るだけ汁ごと食べられるような料理法がおすすめです。

そのあたりは某レシピサイトにおまかせしますねw

まとめ

夏バテ防止のうなぎは、「土用の丑の日」になればニュースを見てれば嫌でも目に留まります。

それだけに「うなぎじゃないといけないのか」となってしまうかもですが、バランスのとれた食事前提で考えれば、豚肉を利用しても十分に夏バテの予防対策になります。

ですので、無理をしてうなぎを食べることもありませんので、美味しく食べて夏バテにならない健康な体を意識して、日頃からしっかりと食べておきましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

顔汗を抑えるいい薬ってあるの?止める方法や汗をかきやすい理由は?
腸内環境を改善するのに酵素が必要でその方法は食べ物で変わる
妊婦は虫除けにディードを使わないスプレーのほうがいいの?
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?
胃腸風邪とは?原因はどこから?要因となる3つの要素もある
花粉症の症状を和らげるには?緩和する方法はある?対処は?
加齢臭の父に娘が香水を父の日にプレゼントしても傷つかない?
インフルエンザの症状と風邪との違いは?陰性だったし軽いんだけど
らっきょうが美味しいからといっても食べ過ぎには注意です
骨粗しょう症の予防は30代からでも早くない 食べ物や運動にも気をつけて
ノロウィルスに感染したらどんな症状が出る?防ぐ対策は?
しゃっくりが止まらない時止め方に意外な方法があります
noimage
目の疲れの原因は?癒す方法はない?ブルーベリーは何故目にいいの?
口臭対策はまず歯磨きからはじめてみるといいですよ

Menu

HOME

TOP