夏バテと夏風邪の違いは何?原因と症状から予防まで

夏になると、クーラーの効いた部屋で冷たい食べ物や、飲み物が美味しく感じる季節になってきますよね。

外から帰ったらまっ先に冷たい飲み物をガブガブ飲んでしまいます。

実は、こういったところが夏バテや夏風邪の始まりになりやすいので、よく注意しながら毎日を過ごしていきたいところなんです。

スポンサードリンク

夏バテと夏風邪の違いは?

夏になると「夏バテで食欲がない…」って人は多いですよね。
私の周りにも夏になると数人がそういった症状を訴えています。

夏バテになると、食欲がなくなるだけではなくとにかく、身体がだるくてやる気が起きないって人もいるのではないでしょうか?

「暑いからだるいんだ!クーラーの効いた部屋に移動しよう」と思っても、やっぱり体はだるいままで、結局外に出ることになってもそのだるさは増すだけで、一向に楽にならない。

といった、食不振や体のだるさが「夏バテかな」と感じやすい大きな理由だと思うんですね。

対し、夏風邪もやっかいで、ただでさえ暑い夏場に熱にうなされ、脱水症状気味なところをさらに熱を奪っていってしまいます。

夏風邪と言えば、子どもに向けてよく使われる言葉な感じもしますが、大人でも夏風邪にかかる事は充分にありますよね。

風邪って言っちゃってますので、熱がでたり喉が痛かったりと「風邪」の諸症状が出る上にお腹を壊してしまう事もあるのではないでしょうか?

これが夏風邪といえば、出てくる症状ではないでしょうか。

夏バテも夏風邪も、かかってしまうと辛いのは同じですし、場合によりどちらにしても長引くこともあるというのも共通していますね。

ですので、夏バテと夏風邪の違いと言えば

夏バテは「全身のだるさと疲労感」

夏風邪は「のどの強い痛みと下痢&微熱が続く」

といったところが夏バテと夏風邪の違いになるのではないでしょうか。

夏バテの原因と症状

夏バテになる原因は、主に日常生活からくるものが多く考えられます。

温度差からくる夏バテ

夏は暑い事は仕方ないのですが、だからこそクーラーの効いた涼しいところは気持ちのいいものなんですよね。

でも、ひんやりとした空気に気持ちは「涼しい~」と嬉しくても、身体の内部では実は、体力を消耗しているんですね。また、冷房が効いた部屋に長く居ると、これまた身体が受けるストレスによって、内臓の調節が上手く効かなくなるんですよ。

内臓の調節をしているのが、自律神経ってものですね。

この自律神経の乱れが、胃腸などの不調を引き起こしたりしますし、変な疲労感が出てきたりだるさを感じたり、食不振などを招き夏バテとなるんですね。

夏だからこその異常な汗の出方

普段、人のカラダは体温調節をするのに「汗」を使います。

暑い夏であれば、体温を下げるためにも体内の熱を汗と一緒に排出しようとします。
でも、高温で多湿な環境下では、汗の出口付近が詰まることがあり、発汗作用が正常にいかないときがあります。

また、長い時間、直射日光にあたっていると、汗のかき方が異常となり汗が出過ぎになった身体は脱水状態気味になってしまい、これもまた夏バテの原因となります。

「いつもより、汗がでないな」とか「いつもより汗出過ぎじゃない…」なんて感じたら注意が必要ですよ。

寝苦しさが招く夏バテ

年々、平均気温が上がっている中で夏場に冷房無しで寝ようとするのは、意外に大変w

いくら「設定温度を上げましょう」と言われても、なかなか寝付けないイライラを解消するには、無理難題ともいえますよね。

普段から、眠りが浅い人だと尚更不快な感覚になると思います。

ですが、この「寝付けない」といういわゆる睡眠不足も夏バテの原因となるんですよ。
睡眠は人が疲労を回復するのに一番効果のある方法なので、寝付けないとか眠りが浅いといった障害があれば、疲れはとれるどころか溜まる一方です。

疲れが溜まると結果的に「夏バテ」の原因となってしまいます。

夏バテを予防するには、冷房の効いた部屋でも直射日光の下でも、長時間を避けるようにし、冷房が効きすぎていると思うなら、何か羽織るものを着て、直射日光でも薄い長袖を着る事で発汗による脱水症状の緩和になるので、状況に合わせた衣服を準備するようにしてくださいね。

また、寝苦しい時は無理に冷房を切らずに眠りに付くまで、タイマーなどで調節して寝付きやすい環境にすることも大切です。


スポンサードリンク

夏風邪の原因と症状

風邪ではなく「夏風邪」というのは、冬の風邪のウィルスが乾燥を好むのに対して、夏風邪を引き起こすウィルスは、暑さと湿気を好むウィルスが原因となるからなんですね。

夏風邪もそうですが、風邪というのは免疫が下がったことにより、かかりやすくなるものですよね。

夏バテになってしまうと、体力は消耗していますしもちろん免疫力も低下してしまっています。

そこにウィルスなどが入り込めば、抵抗する力もなく攻撃を受け入れてしまうことになってしまうんですね。

ただ、冬場の風邪と違う部分というのもありまして、みなさんに共通という事はないのですが、せきやたんが出る事は少なく、のどがすごく痛くなったり、下痢をしやすいということです。

微熱が続くこともあり、夏バテ同様に全身の倦怠感やだるさもあるので勘違いされることもあるようです。

気温の高さと微熱により、汗をたくさんかいてしまうので脱水症状にならないように注意が必要となります。

ですので、夏バテ症状になっている場合は夏風邪にもかかりやすい状態となりますので、日頃から注意が必要となります。

風邪の症状と、下痢や腹痛などがあれば夏風邪を疑うようにするといいですね。

夏風邪予防には、まずは夏バテ状態にならないように注意することを忘れないでくださいね。

まとめ

夏バテは、極端な温度変化や自律神経の乱れを防ぐことである程度は予防できます。
手前味噌な意見で申し訳ないですが、生活習慣を改善することで夏バテ予防に取り組んでみてください。

バランスのとれた食事。
適度な運動。
ぐっすり睡眠。

これが、健康な毎日を送る大切なキーワードとなりますので、出来るだけ近づけるような生活スタイルを心がけてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

腸内細菌についてのドキュメンタリーを見た感想と日記
しゃっくりが止まらない時止め方に意外な方法があります
noimage
加齢臭は食べ物も原因になるの?逆に対策のできる食べ物はある?
耳かきの頻度は多い方?少ない方?綿棒のがいいんだよね。
水道代が一番節約できるのは、トイレ?お風呂?キッチン?
土用の丑の日にうなぎとなった由来は?鰻以外はダメなのかな?
インフルエンザの予防接種の同時接種は必要か?受けるべきか迷う
紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?
夏だけ下痢が続く訳は?お腹が冷えてるだけではないのかも?
歯についたヤニを落とす方法は?自宅で磨くとき歯磨き粉は?
らっきょうが美味しいからといっても食べ過ぎには注意です
ウイルス性胃腸炎になった!飲食店勤務なら仕事は休むべき
風邪ひいてご飯で栄養補給したいけど食べれない時におすすめ
大きな声の出し方とコツは?仕組みはどうなってる?

Menu

HOME

TOP