ボジョレーヌーボーの解禁日の理由は?日本だけのイベント?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいてくると話題になりますよね。
解禁日がどんな理由で設定されているのか?
日本でイベントのように話題となり騒がれる理由って
一体何なんでしょうね。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーに解禁日がある理由は?

ボジョレーヌーボーが解禁日となるのは
毎年11月の第3木曜日となっているんですよね。

この解禁日。
どうして設定されているのか?

そもそも、ボジョレーヌーボーというのは
フランスボジョレー地区で作られた新酒なワケです。
この新酒の事を『ヌーボー』と言うんですね。

で、ヌーボーと言うのはやっぱり売れるんですよ。
どの業者さんも売れるモノは早く売りたいので皆さん
時期をどんどん早めていってしまいます。

その結果、ワインとして出来上がってないものが出回る事となり
それじゃいけないって事で、解禁日が設定されました。

この解禁日が決まってからは、ほとんどの業者さんが
競い合う必要もなく解禁日までにワインを仕上げるように
なってきたんですね。

これが、ボジョレーヌーボーに解禁日が設定されている理由なんですね。

ボジョレーヌーボーの解禁日は日本が一番早い

フランスでボジョレーヌーボーが解禁日を迎えるのが
11月の第3木曜日ということは、世界的に見てもその日が
ボジョレーヌーボーの解禁日となりますよね。

という事は、日付変更線が一番に来る場所が
一番最初にボジョレーヌーボーを解禁日に飲める。
ってことですよね。

それが日本なんですね。

実際、ニュージーランドの方が早いんですけど
自国にて新酒が7月に出ているので対して騒がれず
日本が一番早くボジョレーヌーボーが飲める国となっているんですね。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーが解禁日にイベントみたいになるのはなぜ?

ボジョレーヌーボーが解禁日になるとイベントのようなお祭り騒ぎになりますよね。
わざわざ空港まで出向き白い手袋して、いかにも大事そうに持ち上げてメディアに見せびらかすかのような姿は何度も目にされていることかもしれませんね。

本来は、「今年の新酒ができましたぁ~、やったね!」という程度で
出来上がった新酒を皆で味を確かめ合う意味合いで
じゃんじゃん飲むような感じだったと思います。

でも、日本では新しいものや初物が好きな消費者も多く
日本の11月は、それほど大きなイベントもないんですよね。

そこに目を付けたのが、とあるマーケティング担当者さんなんですよ。
これが上手い具合にぴったりとハマり、
「世界で一番早く飲める新酒」という
ボジョレーヌーボーの解禁日イベントが大成功したというワケ。

まとめ

ボジョレーヌーボーって元々、毎年のブドウの出来具合などを
見るためのもので生産者の間でしか飲んでいなかったみたいなんですね。

それが今では解禁日ともなると、日本では数多くの販売店で多種多様な
ボジョレーヌーボーが並びワインに興味があってもなくても
イベント的な意味もあったりで飲まれるようになっているんですね。

現在では、本国フランスでも日本と同様に
ボジョレーヌーボーは生産者だけではなく
一般にも販売されているようです。

ちなみに、現地では750mlで200~300円程度とか…w
言ってみれば「テストショット」的なものなのでこれぐらいが妥当だと思いますが
日本に入るとねぇ。。。。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

鶴見緑地のイベント「光の花桟敷」って一体どんなの?
クリスマスにデートで行きたいスポット|関東・関西
サンタさんの正体を聞いてきた子供に本当の事を話すべきか?
中之島イルミネーションのグルメな店|光のマルシェ・ローズライトマーケット|おもてなしカフェ
大阪のイルミネーションで中之島はクリスマスなどの混雑は?
守口市で花火大会が初開催!楽しむための攻略法は?
大曲の花火の時の駐車場でおすすめの場所は?無料はある?民家でも?
クリスマスプレゼントのラッピングは可愛いさとアイデア次第
ジブリの大博覧会が東京の六本木ヒルズで開催されるとな!
恵方巻きで縁起物の意味を考えながら楽しむ食べ方もあるよね
京都の桜を好みで見つけるなら清水寺・醍醐寺・平野神社
足利フラワーパークのイルミネーション期間と時間|最寄駅は?
クリスマスプレゼントは『ワム』でした…
usjの年越しイベントでカウントダウン!でもチケットわかりにくい
京都 祇園祭でおすすめのホテルは?宿泊予約が取り難い時どうする?

Menu

HOME

TOP