五月病の特徴と原因 新入社員に出来る対策とは?

何故か、会社に行きたくない…。身体はだるいし気分も乗らない…。そんな症状を訴える新社会人の方が増えてくるのが、ゴールデンウィークがあけた頃。

これは、入社して環境も変わり、いろんな事をたくさん覚えようとしたり、早く仕事を覚えたいけどまだまだ新人だからろくに仕事も出来ないのはあたりまえでも、そんな自分を不甲斐なく思ってしまっている。

といった、仕事を早く覚えて一人前になりたい意思が強ければ強いほどに起きやすいものです。

スポンサードリンク

五月病の特徴と原因

もともと、五月病なんてのは医学的な病名もありませんし、ちょうど五月の中旬あたりに、肉体的にも精神的にも疲労が限界を超え、倦怠感や虚脱感を訴える人が多いことからこの名前で呼ばれています。

五月病とは、「新しい環境に心が適応できない状態」をまとめていうので、気分が落ち込んだり、疲れやすかったりもそうですし、仕事や勉強に集中できないとか眠れないといった症状を引き起こします。

当然ながら、こういった状態が続くと身体的も影響が出てきますので、食欲がなくなったり、胃が痛んだり、めまい・動悸が起きたりします。

五月病が心の病、精神的なものとすれば、五月病の原因はストレスによるものと言っていいでしょう。

4月の入社式や入学式を終え、心機一転新しい事に取り組む中で「仕事を早く覚えたい」といったような前向きな姿勢が、逆の方向に向かってしまうパターンと言えますね。

特に学生から社会人へと環境が大きく変わる場合は、尚更のことだと思います。
学校でのクラス替えなども、学生さんが五月病になりやすい特徴でしょうね。

ただ単純に仕事を覚えたいという意識だけだったら、それほどではないのですが「早く一人前になりたい」とか「自分が働いて稼ぐ」といった意味合いを真正面から捉えてしまうと、気づかない間にそれがストレスとなり、溜まっていくんですよ。

で、五月の連休、ゴールデンウィークに一瞬気持ちの緊張が途切れてしまうんですよね。
一度切れてしまったモチベーションを戻すには、新人さんではなかなか上手く行かずに、五月病へと移ってしまう人が多いように思います。

以前までなら、「根性がない!」といった風潮もありましたが、終身雇用という状態も今は神話と化していますので、出来る人に残ってもらいたいという意識もあり、なかなかそこまで発破を掛けにくいのも現状です。

また、五月病になってしまった人への声掛けも上手にできる人も少ないですし、それでは五月病が長引いてしまう原因にもなりますよね。

私が五月病にならなかったのは

「五月病かな?」と感じたら、とにかく一旦仕事の事は忘れましょう。
極端な話になりますが、それぐらいにストレスが溜まっている証拠でもありますので、仕事中はもちろん仕事の事を考えないとですが、休日には、趣味や好きな事に没頭する時間を増やすようにするといいですね。

参考にはならないかもしれませんが、私の経験談を紹介しておきますね。

新入社員として入社した会社は、私が望む職種でした。
ですので、テンションは毎日上がって会社に行きましたし、仕事から帰っても本を読んだりして知識をたくさん入れて行きました。

この時は「好きな事が仕事になるなんて最高!」と思っていたのですが、気づかないうちにいろいろと無理をしていたのでしょうね。(たぶん…w)

ちょうど、4月の半ばから新人研修を受けていたのですが、体調が悪くなってきて休みながらも研修を受けていたんですよね。

したら、突然の高熱に襲われ何日か休む事になってしまったんです。
もうこの時点で「クビだな…」と思ってました。

で、当時から病院に行くのが嫌で病院に行かなかったんですが、いよいよ体調がすぐれず熱も下がらずしまいには、寝ているときにうなされていると兄から聞かされ仕方なく病院に行くことにしたんですよ。

正直、どうやって病院に行ったのかはこの時点で記憶にありませんでしたw
病院に行くなり、私の状態を緊急と捉えたのか待つこともなく診察室に入りそのままレントゲンを撮りました。

もちろん、この流れもほぼ記憶にないですが、記憶に残っているのは肺が真っ白に映っているレントゲンと、横には呼び出された父親の姿がありました。

その後は、ワケもわからないまま大きな病院で即入院となった訳です。

風邪をこじらせて肺炎になっていたようで、もう少しでアウトだったようです。
そのことを後で父親から聞かされ、驚きましたねマジで…。

でも、若かったせいか点滴を打ったらスグに回復して元気になってましたよ♪
それから1週間は容態を見るために入院となったのですが、その間に毎日母親は来てくれるは、まさかと思いましたが会社の先輩方や、社長自らも見舞いに来てくださり「ゆっくり治してから出てこいよ」なんて言葉も掛けていただいのはよく覚えています。

なんかね。この時にはじめて人の温かみを知った気がするんですよ。
まして、入社して間もない新人のためにほとんどの人が日を替えて見舞いに来てくれたんですから。

「辞めたんかと思って、焦ったやんけw」なんて言葉が返って嬉しかったです。
まだ、働きに行ってもいいんだって思いましたよ。

そんな事があり、この会社には8年間務めたのですが、これ以降病気などで休むことは一切なかったですね。

といった私の経験からわかったことは、本来なら知り得ない会社の人達の人柄を、病気というトラブルがあったおかげで知る事ができました。

入社早々に、入院をしたというのが、私が五月病にかからなかった理由でしょうねw

ま、実際はイラッとなる場面も数多くありましたが、潜在意識の中でこの件が刷り込まれてたのか、なんとなく過ごすことはできました。

もちろん仕事の方も、好きな仕事でしたいと思っていた職種でもあったので、知識も技術も経験もたくさんでき、それなりに出来る奴になっていたとは思いますよw


スポンサードリンク

新入社員に出来る五月病の対策

五月病を克服するには、やっぱりストレスを出来る限り抑える事に尽きますね。

私の場合は、極端ですがおかげ周りの人達の人柄に触れることで、それほど委縮せずに対応できましたし、家ではいがみあっていても、入院したらこんなに家族っていいもんなんだと感じました。

ですので、五月病かもと不安になってしまったらすることは。

休日を利用して、家族や友人知人と話をしてみる。
そして可能なら、職場の人とプライベートで話をしてみる。

といった事も効果的ではないかと思います。

職場の人とのプライベートな話といっても、入社したての頃であれば難しいかもですが、仕事が終わってから「仕事の件で相談があるんですけど…」みたいな感じで、先輩を誘って見るとか。

これも、私が気づいたことなんですが、仕事を始めたばっかりの頃って休みの日も仕事関連の本を読んでたりしてましたし、遊ぶことよりも仕事な頭になっていたので、入院するまで、まともに遊びにいった記憶がないですからね。

まして、好きだと思っていた仕事であっても、いつの間にやら入院するハメになっているんですから、責任感の強い人が何かのために仕事を覚えたいという気持ちで取り組んでいたら、ストレスが溜まるのが普通だと思いますよ。

なので、「おぼえなきゃ仕事にならん」と思うのも当然かもですが、「仕事を続けるために」仕事以外の事を考えるのも必要だと思うんですよ。

「リラックスしましょう」なんて言われても、出来ない人はできませんから。
逆にそれがストレスになりかねませんからね。

でも、「放っておけばその内治る」とも言われる五月病ですが、あまりにも長引いたり症状が重いなと感じたら、スグに病院へ行くようにしましょうね。

五月病は誰もが通る道だと思いますので、「病院までは…」なんて思わず「仕事をするために」と思えばいいのではないかと思いましょうよ。

まとめ

なんだか、五月病の原因や解決法をお伝えするつもりで書いていたのに、結局のところ私の経験談からの独り言みたいになってしまいましたねw

ですが、先ほど書いた様に「五月病は誰でも通る道」なので、身近にいる先輩や知人などに話を聞いてもらうだけでも「そうそう」なんてわかってもらえることも多いと思うので、一度話してみてはいかがですか?

もちろん、お話を聞くだけなら私も聞きますよ~♪

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

大西卓哉さんが国際宇宙ステーション(ISS)から帰還です
爆音ではなく「ばくおん!!」でした
夏の甲子園がはじまりますね
noimage
noimage
ちょっと気になるVRって?360度動画やRICOH THETA Sとは?
noimage
エイプリルフールの起源を知っていましたか?
noimage
noimage
noimage
喪中はがきをもらったら、どうすればいい?返信は必要?
太りたいのに太れないのはなぜ?どうすればいい?
バター不足は今年も続く その原因って何?
あずきの日に続いて井村屋が記念日を登録しました

Menu

HOME

TOP