インフルエンザの症状と風邪との違いは?陰性だったし軽いんだけど

季節柄、インフルエンザの流行が気になるところですね。
そもそも、インフルエンザと風邪の違いというのは何でしょうか?
検査してもらっても、陰性だったりインフルエンザにかかってしまったけど
軽い症状だという時どうすればいいのか、ここで確認しておきましょうね。

スポンサードリンク

インフルエンザの症状は?風邪との違いは?

インフルエンザの症状と風邪の症状の大きな違いは、
体調の悪さと言えるでしょう。

風邪の場合だと、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった『上気道症状』が
主に現われるのに対してインフルエンザの症状は、体全体に症状が現れるんですね。
『全身症状』と言われます。

急に高熱が出るなどの特徴的な症状に加えて
体のだるさ(倦怠感)や、関節・筋肉の痛み、頭痛なども引き起こします。
また、肺炎などの合併で重症化する恐れもありますので
おかしいなと思ったらスグお医者さんに診てもらうようにしてくださいね。

インフルエンザの症状が出てるけど陰性って言われたら?

インフルエンザの症状が出て検査をしてもらったものの、
陰性と診断されてしまうこともあるようですね。

あきらかに「インフルエンザの症状が出ているのに…」
と思ってしまいますよね。

でも、インフルエンザになってから一定時間が経過しないと
検査で陽性反応が出ないんですよね。

ですので、陰性と診断されても安心せずに症状の改善が見られない時には
もう一度、インフルエンザの検査をしてもらうことが大事です。

インフルエンザに感染してないからと思っていたのに実は感染していて
周りの人に迷惑をかけてしまう可能性もありますからね。

スポンサードリンク

また、再検査をしてもらう時もできれば他の病気を疑い
一緒に診てもらっておいた方がいいかもしれません。

インフルエンザの症状が出ていたのに、検査結果は陰性で
後日、再検査をしたら別の病気だったというのはよく聞く話なんですよ。

インフルエンザの症状が軽いんだけど大丈夫かな?

インフルエンザの症状が軽くても油断は禁物。

症状の軽いや重いは別にして、インフルエンザにかかってしまったら
同じなので、2次感染を予防する意味でも学校や会社は休まないといけません。

同居人がいるのであれば、同居人との接触も厳禁となります。
一人暮らしの場合は、同居人がいないかもしれませんね。

でも、生活をする中で、買い物などの外出をする必要が出てきますが
インフルエンザの症状が軽いからと言っていつも通りにしていてはダメですよ。

どうしても外出しないといけない場合は、
飛沫感染予防するためのマスクの着用とできるだけ人ごみをさけ、
必要なものを買ったらスグに家に帰るなど自分だけではなく、
周りへの感染の可能性をできるだけ抑えることも必要なんですよ。

まとめ

インフルエンザの症状が出てしまったら仕方がないですよね。
でも、症状に合わせた対処を的確にしていれば、早期回復も望めますし
周りへの感染を予防する可能性も高くなります。

ですので、今のご自分に合わせた対処法をしっかりと確認しておくべきですよね。
一番いいのは、インフルエンザにかからないように普段の体調管理で
健康な体作りをすることかもしれませんね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

顔汗を抑えるいい薬ってあるの?止める方法や汗をかきやすい理由は?
風邪ひいてご飯で栄養補給したいけど食べれない時におすすめ
骨粗しょう症の予防は30代からでも早くない 食べ物や運動にも気をつけて
大掃除のやり方を知って部屋もお風呂も台所もキレイにするぞ
節約のコツ|光熱費の中から電気代とガス代編
紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?
腸内細菌についてのドキュメンタリーを見た感想と日記
花粉症が春にピークを迎えるのは何故?よい対策ないの?
腸内環境を改善するのに酵素が必要でその方法は食べ物で変わる
ウイルス性胃腸炎になった!飲食店勤務なら仕事は休むべき
花粉症の症状を和らげるには?緩和する方法はある?対処は?
夏バテと夏風邪の違いは何?原因と症状から予防まで
口臭対策はまず歯磨きからはじめてみるといいですよ
風邪の予防に手洗いとうがいは必須!習慣作りと免疫力も上げる

Menu

HOME

TOP