横浜開港祭とは?由来は何?花火もおすすめだから今すぐアクセス!!

横浜開港をお祝いするお祭り「横浜開港祭」地元市民のお祭りでありながらもイベントあり出店ありライブありなど、様々な楽しみ方ができる初夏のイベント行事です。

国際都市「横浜」は「赤レンガ倉庫」が代表する様に異国情緒にも溢れていて、普段見慣れない風景も楽しむ事ができるのが特徴ですよね。

また、花火も長い時間ではないものの開催され、多くの人で賑わい人気のイベントとなっています。

そんな横浜開港祭を、間近で見てみたいと言うあなたにチェックしておいてほしいです♪

スポンサードリンク

横浜開港祭とは?由来は?

横浜開港祭は、言って見れば「横浜の港が開港されたぞぉ~!イェ~イ!!」で始まったお祭りです

お祭りといっても、最初の開港日では特別なお祝い事をしたわけでもなく、1周年を記念して街を挙げてお祝いしたのが、開港祭の始まりなんですよね。

第1回は現在の横浜開港祭ではなく「横浜国際デー プレ横浜どんたく」という名称でした。
第3回目で「横浜どんたく」となり、しばらくはこの名称のままでしたが、第12回より「横浜どんたく開港祭」と改名され、この時から開港花火大会が開始されています。

そして第14回からは、現在の「横浜開港祭」となっているんですね。
最初の「どんたく」押しだったのが、時代と共に変わってきているといった感じでもありますよね。

横浜開港祭の日程

横浜港の開港した日6月2日を基準にして開催されていますが、年によっては前後します。年によっては8日や9日に開催されていますが、開港記念日となる6月2日は現在、横浜市立の小学校では休校日となっていますので、地元の子供達には参加のしやすい日となっているんでしょうね。

開催日は、2日程度ですが、フィナーレとなる最終日が2日に設定されていますので、花火が打ち上げられる最終日が一番の賑わいとなりますね。

2016年は6月1日(水)6月2日(木)となっています。

変に休日に設定しないところが、地元のお祭りといった感じですが、それでもなお花火を観覧しにくる人たちで、毎年メジャーなスポットでは大混雑となっています。

横浜開港祭の花火大会はおすすめです

横浜開港祭の花火は大会と言う程の規模ではないように思うのですが、いつになく人々が集まる人気のイベントとなっていますね。

花火を見る為の有料観覧席や、混雑をさけたい人達が探す穴場スポット。
穴場といいながらも、やっぱり人がまったくいないワケではないのが、ある意味ステキw

一番、花火を間近で楽しめるのは、「臨海パーク」や「赤レンガパーク」ですが、そのほかにも有名なスポットとして良くあげられるのが以下のスポットになります。

・野毛山公園
・大黒埠頭
・マリンタワー
・ポートサイド公園
・親港パーク
・クイーンズパーク
・横浜東口の大桟橋
・コットンハーバー
・中区新山下の貯木場

と、いった穴場とは言え紹介されていしまっているところですので、やっぱり場所取りが必要なところがあったり、民家のあるところだったりしますので、迷惑にならないようにするのも必要ですよ。

「花火は絶対にそばで見たい!」と思わないなら、離れれば離れるほどに人ごみから開放はされますが、その分見える花火も小さくなりますのご注意をw

ちなみに、横浜開港祭の花火は「光と音」も楽しめますので、出来るだけ近い方が見ていて楽しいですからね♪


スポンサードリンク

横浜開港祭へアクセス!!

では、最後に横浜開港祭へのアクセス方法です

場所は「臨海パーク(パシフィコ横浜臨港パーク)」になります。

住所
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1

連絡先
TEL 045-221-2155(パシフィコ横浜総合案内)

最寄り駅
みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩6分

混雑を少しでも避けたいなら
・JR根岸線桜木町駅から徒歩10分
・JR東海道線横浜駅東口から徒歩22分ぐらい

臨海パークへの入場は無料となっています。

マイカーで行くこともできなくはないですが、何せ大混雑なので近場のパーキングなんかも満車が予想されるので、できれば電車などで行かれる方がストレスも少ないかとおもいます。

まとめ

海と、光と音と花火に囲まれるという、ステキ要素満載な横浜開港祭。
地元参加型のイベントだけあって、地元の方達の催しも楽しめたり、ライブがあったりと手作り感がありながらも十分に楽しめるイベントだと思っています。

デートにもいいですよね~♪

初夏と言うこともあり、浴衣などではまだ肌寒いので、なかなか夏のお祭り気分とは言えないかもですが、湘南の風を浴びながら花火に見とれてみませんか。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

七夕の由来と短冊の意味は?織姫と彦星と天の川はどこ?
usjの年越しイベントのチケットがわかりにくいのでまとめてみた
鶴見緑地のイベント「光の花桟敷」って一体どんなの?
葵祭もランチも堪能!御所・下鴨神社周辺でおすすめのお店は?
守口市花火大会の最寄り駅はどこが近い?
守口市で花火大会が初開催!楽しむための攻略法は?
ディズニー・ハロウィンの仮装ができる期間は?
大曲の花火の由来は?春にも開催?日程とかアクセス方法は?
ANAとH.I.Sが宇宙旅行に関する提携をし商用運行開始を目指す!
大阪のイルミネーションでおすすめは中之島。クリスマスも○
クリスマスプレゼントのラッピングは可愛いさとアイデア次第
ペルセウス座流星群が見える方角は?よく見える場所はどこ?
ジブリの大博覧会in東京の六本木周辺のホテルでおすすめ
成人式のお祝いは親からする?品物や食事だけでもいいものか?
袱紗を結婚式で使う時のマナーは?色は?渡し方は?

Menu

HOME

TOP