沖縄旅行は梅雨明けしてからがいい?服装は?雨の日でも楽しめる?

6月の沖縄は梅雨と梅雨明けがあり、その両方では気候も全然変わってきます。

沖縄旅行はこの時期が一番、価格設定も抑えられている上に、台風の心配も少なくて済みますので、良い季節なんですよね。もちろん梅雨が明ければ台風シーズンになりますけどね。

沖縄での梅雨時と、梅雨明けとでどんな違いがあるのかの参考になればと思います。

もしかしたら、6月に沖縄に行くことが普通になったりして…w

スポンサードリンク

沖縄旅行は梅雨明けしてからのほうがいい?

沖縄旅行をするなら梅雨明けしてからの方がいいのか?梅雨の時期はどんな状況なのか?

早速言わせてもらいますと、梅雨明け時期が一番のベストシーズンとなります。

例年、6月23日ごろが梅雨明けとなっていて、梅雨明けしてからは夏本番で、ビーチにも観光スポットにも、まだ人が少ない状態なので、もっともおすすめできる時期になるんですよね。

「青い海。青い空」これを満喫できるのが、まさにこの時期。
7月8月になると、暑すぎてちょっと辛いかもしれません。

水温も平均で27℃くらいにはなってますので、海水浴にちょうどいいんですよ♪
でも、まだまだ肌寒く感じる時もあるので、着替えの他にもパーカーなど羽織るものを持って行った方がいいですね。

ホテルに屋内プールがあるなら、寒くなったら温泉変わりにGOですw

ただ、ちょっと気を付けておきたいのが、梅雨明けに吹く「カーチーベー」と呼ばれる夏至南風があって、海が荒れるほどの強い南風が吹きます。

これは、沖縄の梅雨明けを知らせるものなんですが、西海岸の風裏であれば、ほとんど影響はないでしょう。風向きには注意しておいてくださいね。

ちなみになんですが、梅雨明けしてからが沖縄旅行のベストシーズンと言えど、梅雨時期を選んだとしてもそれほども問題にはならないのではと思うんです。

梅雨時の沖縄は、台風の影響が少ないですし、沖縄の梅雨は、シトシト降り続く雨ではなく、それほど長時間降り続くというような事が少ないのが特徴なんですね。

どちらかといえばスコールのような雨が多いので、運が良ければ青空を見ることもできますし、綺麗な虹も沖縄の綺麗な青い空で見れば、いつもよりも更にキレイに見る事もできますよ♪

また、梅雨入りした方が晴天が続くことも多いとか…(噂ですw)

ですので、梅雨時の沖縄旅行の天気はほぼ運任せという状態ではありますが、連日降り続く事があまりないとなれば、雨でなくても曇りであれば、強い紫外線も防げますのでいいと言えばいいですよね。

そして、沖縄旅行最大とも言える注目点が「価格」なのではと思いますが、カレンダーを見ればわかるように6月には連休がありませんね…(汗)

土日がお休みなら連休ですが、大型連休というものはなく雨が多いという事を懸念して観光客も少ないのでしょうね、一年で一番お得な価格設定になっています。

といったところから…。

沖縄旅行に行くなら「梅雨」「梅雨明け」のどちらがいいかと言いますと。
夏を先取りしたいと思うなら「梅雨明け」で、価格的な事を考えて少しでもお得に沖縄に行こうと思うなら「梅雨」となりますね。

沖縄は梅雨の時の服装ってどんなの?

この時期の沖縄の平均的な気温は26.8℃。
もうすでに夏と言ってもおかしくない気候になっていますので、半袖で大丈夫でしょうね。

湿度が高いと感じて気になるなら、通気性が良くてゆったりしている服装の方がいいかもですね。肌触りがいい素材なら、ベタ付きを軽減してくれるでしょうね。

ただ、曇っていても紫外線はあるし、東京の8月以上の紫外線量と言われるほどですし、晴れれば日差しはとにかく強いので、サングラスや帽子など日焼け対策・紫外線対策はしておいた方がいいですよ。

時期は違いますが、一日中ビーチでいた観光客が病院に運ばれたというケースもあるぐらいで、おそらく日焼けでおさまらず火傷になってしまったんでしょう。

このあたりは、沖縄の日差しの強さを甘く見ていたともいえますね。
沖縄の人って意外と長袖着てたりしてるのは、そういった事ですので注意しましょう。

で、半袖だけでも大丈夫なんだけど、朝夕は少し冷え込む事もあるので、薄くてもいいので何か一枚羽織るものがあった方がいいですね。

雨の降る確率も梅雨時なのでさすがに高くてもおかしくないので、特に女性の場合は突然の雨に備えて透けないようなものを着ておくようにしましょう。

観光地巡りとかするなら、折り畳み傘やカッパも持っておくと便利ですよ。


スポンサードリンク

沖縄旅行で雨の日でも楽しむには?

せっかくの旅行で沖縄に来たのに雨だったら、ガッカリするかもしれませんね。
「青い空と海」を楽しみに来ていたなら、なおさらです。

でも、雨の日ならそれなりに楽しむ方法もあったりするんですよ。

梅雨時に沖縄は、雨が降り続く事が少ないので、晴れ間も見える瞬間は見逃さないようにしたいですね。

雲の切れ間から差し込む光の幻想的な風景は、沖縄という場所だから感じることなのかもですが、特に海辺だったら海が七色変化する光景にはうっとりしてしまいますよ。

梅雨の時期に沖縄旅行をして雨の日だったら、それはある意味ではラッキーなことで「雨・曇り・晴れ」を一度に味わえるチャンスでもあるんです。

海水浴にしても、雨では泳ぐ人も少ないでしょうけど、その分日焼けの心配も少なくて済むし、ホテルに屋内プールがあり温水であれば、気持ちよく泳ぐこともできますしね。

雨の日に泳いでたら変かなやっぱり…w

ま、クラゲの心配もあるのでクラゲネットがあるかどうか確認してから泳ぐようにしてください。

遺跡・史跡巡りも、カンカン照りだと暑さで疲れますので、どちらかというと曇っている方がいいですし、屋内観光をメインにしていれば雨の日でも気にはならないですしね。

一度、2月に沖縄に行った事があって、天気の良い日に那覇市内をウロウロしてたんですよ。したら、歩いて20分もしないうちに汗が出てきてびっくりした経験があります。

これが、真夏だったりしたらどうしようと思ったものです。
それぐらいに、沖縄の日差しは強いので舐めてかからない事ですよ♪

どうしても、雨の日であっても沖縄を満喫したいのであれば、「牧志公設市場」といったような地元のお店を回るのもいいですよね。

地元の食材や珍しいものは、こういった地元のお店の方が普通に売っていますので、見ていても飽きないのではないでしょうか。

「ゴーヤチャンプル」や「沖縄そば」などは有名どころですが、「ジーマーミー豆腐」や「グルクンのから揚げ」なども有名ですしおすすめです☆

まとめ

沖縄旅行って「海・空」ってイメージがありますが、お天気の良い日が前提としてありますよね。

それだけに天気の良い日のあるGWやお盆などはハイシーズンと言われます。
でも、梅雨や梅雨明けスグでも沖縄を楽しめる事はできますし、お得に行けるのは何よりなのではないでしょうか?

楽しい沖縄旅行にしてくださいね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP