梅雨の時期や意味を知って頭はすっきりしても除湿は出来てません。

梅雨って、何故「梅」なんだろうか?梅の花が咲くのは2月頃だったような気もするけど。

何気なく感じた梅雨への疑問。梅雨の時期っていうのはきちんと決まっているのか?日本だけのものなのか?

いろいろと、気になってきます。

スポンサードリンク

梅雨の時期

毎年、6月の上旬当たりから「梅雨入りかな?」と思わせるような雨の続く日が来ますよね。

それでも、年々「梅雨入り」と言われている時期には雨が減っているような気がしないでもないですけどね。

冬場や春先の方が、雨がしっかり降っているような感じがしてなりません。

でも、この梅雨ってのは、もともと農作業をする時には重要な「区切り」となっていて、梅雨の時期を頭に入れて作業していたようですね。

特に、入梅が、区切りの日として大切だったようで、田植えの日を決めるのに目安になっていたそうなんです。

今みたいに、梅雨は「雨が降って気分もへこむ」ではなく、たとえそうであったとしても、昔の人達や今でも農作業をしてくれている人にとっては、大切であり重要な事だったんですよ。

また、気象を観測して「今日梅雨入りしました」なんて言ってくれない時代だったら、しっかりと雨の降り具合や、湿度を肌で感じるなど、今以上に天候に関して敏感になっていたことでしょう。

私が雨で感じる自然の変化といったら、アスファルトに落ちた雨のニオイぐらいですw
「だから何っ?」って程度で、全くもって何の役にも立っていないのが現状です。

で、梅雨入りの時期として、いつからいつまでという所が気になるんですが、結局のところ雨や曇りが続き、先の予報でも曇天模様なら梅雨入りで、梅雨入りした後に、晴れた日が続きそうだったら梅雨明けとなるので、確定的な物はないのが現実なんです。

とりあえず、気象庁が「梅雨入り」をお知らせしてくれたら梅雨入りということで、いいのではないでしょうか?

梅雨の意味は

梅雨の意味は、春から夏になる前に雨が多く降る事でOKですよねw

ちなみに、雨だけではなく、曇り空が多いという事も梅雨の特徴の一つです。

日本では、北海道と小笠原諸島以外で、日本以外の国となると、中国の一部と台湾、東南アジア地域となっていて、特有の気象状況と言えますよね。

でも、不思議と沖縄とほぼ同じ位置関係にある台湾。
ここは、梅雨の時期だけではなく、年中湿気との闘いだと聞きます、不思議ですね☆

梅雨の語源と言うのは「梅の花」ではなく、「梅の実が熟す頃」という意味なんです。
といっても、梅雨の語源にも諸説ありますが、読み方は元々「めいゆ」と中国語からきています。

日本で「つゆ」と呼ばれるようになったのは、これまた諸説ありますが、私は、「露」から来ているというのが、それっぽく感じました♪

でですね。

梅雨前線って、梅雨時には聞かれますよね。

これがよくわかんないですよね。「どうなってんの?」って思いません?

ま、難しい説明しても自分自身がわかりにくいので、簡単に行ってみましょう!

まず、冷たくて乾いた空気(寒気(かんき))と暖かくて乾いた空気(暖気(だんき))が、ぶつかり合います。

これは、寒気が冬で春から夏に向かうのが暖気と考えるといいかもですね。

ぶつかり合った寒気と暖気の間で、上昇気流というのが発生し積乱雲ができあがります。
入道雲ってのですね。あれって、横にではなく縦に大きな雲ですよね。それが上昇気流という上方向を産んでいることになります。

入道雲は、雷をともなう雨を降らしますよね。
なので、雨が降ります。たまに雷も鳴りますよね。

で、問題なのはなぜ「梅雨には梅雨前線が停滞するのか?」という部分なんですが。

何故だか知りませんが、日本のあたりで丁度ぶつかり合った寒気と暖気の勢力が釣り合うんですよね(汗)

なので、雨は長く降り続くという事になります。

そして、梅雨が終わりごろになると、北にある寒気は勢力が弱まり、暖気が南から大きく張り出してくるので夏がやって来るといった具合になります。


スポンサードリンク

梅雨と雨季は違うのか?

梅雨って、日本と一部の国となりますが、「雨季」とは何が違うのかって思います。

これは、降水量で分けているのが雨季となり、降水量の少ない時期が乾季となります。
降水量で分けるのは、1年で気候の変動が激しくないから。

日本のように、四季があり気候の変動が激しい場合には雨季は使わずに梅雨となるんです。
雨季を日本で当てはめると「梅雨」と「秋雨」になりますが、対義語としての乾季が日本にはありませんので、適用されていないのです。

ちなみに、梅雨の対義語は「梅雨明け」です。
正確には梅雨入りの対義語ですね。

ま、日本の季節を雨季と乾季で分けようとしたら、雨の少ない時って少ないかもと改めて納得してしまいます。

雨自身は降らなくても、雪も雨が冷やされて雪になっていますから、乾季にはならないですよね☆

まとめ

梅雨は、鬱陶しいだけでなんのメリットもないと思ってしまいますが、実は「集中力」を上げる効果が、雨音にあるって知っていましたか?

時には、シトシト降る雨に耳を傾けてみましょう♪

それに、女性の大敵でもある紫外線も少ないので、お肌にもやさしいです。

…。

少しは梅雨を、見直してもらえましたかw

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

円高・円安をわかりやすく簡単に。で、結局どっちがいいの?
喪中はがきをもらったら、どうすればいい?返信は必要?
noimage
noimage
マツダ車にロータリーエンジン搭載車が復活しますね
ル・マン24時間レースが始まると脳裏をよぎるのはあの国産車
バター不足は今年も続く その原因って何?
学生服は卒業した後どうしましたか?
noimage
リッツとオレオはなぜ生産中止になったのか?後継商品は?
妊婦は蚊にさされやすいというからジカ熱が怖い 対策はどうすればいい?
noimage
五月病の特徴と原因 新入社員に出来る対策とは?
大人の塗り絵はテクニックよりも楽しむ事
noimage

Menu

HOME

TOP