ジューンブライドの意味と日本に来た時期は?入籍?結婚式?

ジューンブライドの意味ってご存知ですか?

ジューンは6月なので、わかる方も多いかと思いますが、ブライドって花嫁って意味なんですよ。

でも、この時期って梅雨どきだから結婚式とかしても、招待した方々に失礼になったりしないかな?

なんて、考えるぐらいに結婚を考えている方に読んでもらえると嬉しいですね。

スポンサードリンク

ジューンブライドの意味はどんなもの?

ジューンブライドは、「6月の花嫁」と訳されます。

6月の花嫁だからなんだ?って事ですよねw

6月は、ヘラと言う女神の守護月なんです。

ヘラは、ギリシャ神話に登場する、ゼウスのお嫁さんで最高位の女神。
結婚や出産を司り、家庭・女性・子供の守護神と言われています。

ま、家庭と女性の守護神と考えてもいいかと思います。

でも、これじゃ、ヘラなのにジューンって変ってなりますよね。

ギリシャ神話がローマ(現イタリア)に入りローマ神話として、人々に伝えられると、ヘラは「ユノ」と名前が変わり、英語で『Juno』となります。

で、ヘラ(ユノ)が守護していた月が、6月なので「June」になりました。
そして、ユノが守護する6月に結婚をする女性は、ユノの守護を受けて幸せになれると。

この説が一般的に広く言われていますね。しかも、とてもロマンティックなので私はこの説が一押しです☆

また、単純にヨーロッパには梅雨がない上に、6月が最も気候の安定する月ということで、結婚式を挙げるには適していて、「復活祭」もあるので、多くの人々に祝福されるという部分で、花嫁さんが幸せになれるだろうという言い伝えもあります。

うん。現実的だw

他にもっと現実的なお話もありまして。

ヨーロッパでは、3,4,5月が農作業をするのに一番忙しい時期となり、そんな忙しい時に結婚とかしてる場合じゃない!となり結婚を禁止されていました。

その後、農作業も落ち着く6月になると、結婚も解禁されて、多くの待ち焦がれていた恋人たちが結婚式を挙げるようになります。

そうなると、周囲の人達も祝福ムードとなり、たくさんの人たちから祝福を受ける事になりますよね。

そういったところから、6月に結婚式を挙げる花嫁は幸せになれるだろうという言い伝えがあるんです。

「3ヶ月待ってくれ!」みたいな、どこかドラマや映画のワンシーンを思い出させるような言い伝えで、気持ちが高まったカップル達の思いが結婚式に反映されて深く記念に残りそうですよね。

と、言うような言い伝えが3つほどあり、どれも確定的なものはないものの、どれをとっても「ありえる~♪」と思ってしまうようなものになっていますね。

ま、なんです。

ヨーロッパで、結婚する時に「花嫁が幸せになれるだろう」という意味で、6月に結婚式を挙げる事を「ジューンブライド」って言うんだと思ってください。

で、その風習が日本でも行われているということですね。

ジューンブライドが日本に入ってきたのはいつごろ?

ジューンブライドを考える際に、切っては切れないものが「梅雨」ですね。

6月というと、ジメジメしてて「鬱陶しい」季節ってイメージですよね。
ジメジメした中で、堅苦しい衣装を着たいと思う人は多くはありません。

ですので、梅雨時は結婚式の会場も、普段よりお客さんが少なくなります。

「どうしたものか…」と、額に汗して一生懸命考えていたところに、ジューンブライドというヨーロッパの風習に目が留まったんですよ。

1967年ごろのお話です。

これが上手くいき、現在のジューンブライドに結びついているというワケ。

なんだか、どこか似たようなイベント事がありますが、一時の流行とならずに来ています。

結婚式を挙げるなら、幸せになりたいですものね。

企業戦略と言ってしまえばそれまでですが、幸せになりたい花嫁さんにとっては、それまで日本になかった考え方を提供してくれるような、いい事を考えてくれましたよね。


スポンサードリンク

ジューンブライドは入籍か結婚式かどっち?

ジューンブライドは、入籍した日なのか。
それとも、結婚式を挙げた日なのか?

ヨーロッパでの言い伝えからすれば結婚式の日と、考えられなくもないですね。

ちょっと、考えてみて欲しいのですが、あなたがもし「結婚します」と報告したとします。
その時に聞かれる事といえば「結婚式はいつ?」だと思うんですね。

「婚姻届はいつだすの?」と聞く人は少ないと思います。

ここを考えても、結婚式の方が結婚という言葉には、近いというか馴染みがあるというかなので、ジューンブライド=結婚式でもいいのではないかと思いますよ。

ただ、婚姻届を出して入籍して結婚であって、結婚式とは結婚披露宴なわけで、あくまでお披露目パーティと言ったら言い方が悪くなりますが、そういう感じですよね。

となると、入籍をジューンブライドとしても問題ないはずです。

また、入籍日と結婚式の日、どちらの方が強く頭に残り記念日として覚えやすいかという事もありますね。

都合により、一人で役所に行かないといけない場合は、気持ちもそれほど高ぶらないし、どちらかといえば事務的となりますし、結婚式の方が実感も沸いてくると思います。

これは個人的な部分もありますので、一概には言えません。

ですので、入籍日と結婚式の日なら、どちらが、ジューンブライドなのかは、どっちでもいいんですよね。

あなた自身が記念になり、思いが強かった方をジューンブライドとすればいいのではと思いますよ。

まとめ

ジューンブライドにまつわるお話を、いくつかさせていただきました。

女神ヘラから始まり、ジューンブライドはどちらでも好きな方を。

という流れで来ましたが、いかがだったでしょうか。

結婚を考えるあなたの参考になっていれば、嬉しいです♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

葵祭の観覧席の予約はどこで?御所と下鴨神社、おすすめはどっち?
ボジョレーヌーボーの解禁日の理由は?日本だけのイベント?
横浜開港祭とは?由来は何?花火もおすすめだから今すぐアクセス!!
なにわ淀川花火大会の日にちはいつ?場所はどこで?観覧席の位置は?
京都の東山花灯路のおすすめルートは?狐の嫁入りとグルメも
臨港パーク周辺駐車場で上限料金なのは?開港祭で道路規制はある?
noimage
節分の豆まきの由来はどこから?使われる豆の種類と掛け声
ペルセウス座流星群が見える方角は?よく見える場所はどこ?
守口市で花火大会が初開催!楽しむための攻略法は?
横浜開港祭をホテルからも楽しみたい!観光しながらデートとお土産も♪
大阪で梅見ができるスポット|大阪城・荒山公園・金熊寺梅林
バレンタインの起源や由来は?チョコ以外ダメ?海外の習慣は?
京都 祇園祭でおすすめのホテルは?宿泊予約が取り難い時どうする?
七五三はいつするの?数え年って何?女の子と男の子で違いはあるの?

Menu

HOME

TOP