gw旅行で沖縄に格安と言えば航空券ならlccがいいの?

gw旅行に沖縄に行きたいと思っても、行きたい観光スポットもあるし、そこそこいいホテルにも泊まりたいし。

そう、思ったら削りたいところは航空券ですよね。

これまでは、「JAL」「ANA」の二択でしたが、「スカイマーク」や「ジェットスター」「ピーチ」などの【lcc】

これらの、格安航空会社の航空券を使えばかなりの節約になっていいんじゃないのか?
と、そんな思いでいろいろと調査してみました。

ゴールデンウィークに沖縄旅行を計画中のあなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

gw旅行で沖縄に格安でいくなら?

gwも近づくと旅行先に沖縄を選択される方も多く居ると思います。
寒い季節からようやく春から夏へと移り変わる季節に、真っ先にあたたかい季節を感じたいものですよね。

私も、「ゴールデンウィークにどこ行きたい?」って聞かれたら「沖縄!!」と答えるでしょう。

でも、やっぱりシーズンという事もあり、どこも値段設定は高くなっているし、沖縄に着いたら着いたで、観光スポットも渋滞と混雑は必至(汗)

なので、できればどこかを少しでも安く抑えておきたいと思うのが人の心理ですよねw

行きたい観光スポットはやっぱり行きたいし、せっかく沖縄に来たのだから綺麗な海の見えるリゾートホテルにも泊まりたいよね♪

そう考えるのも普通だと思います。
ま、民宿やビジネスホテルでもいいなら、もっと格安プランにできますけどね。

ちなみに一部のリゾートホテルのおすすめは、前に記事にしてますのでご参考までに
gwの旅行は沖縄へ!ホテルから海が見えるのは?エステも満喫したい

と、なると抑えるべきところは「往復の交通費」となりませんか?

徒歩や自転車で行こうとする強者が居ても、全然かまわないのですが、さすがに旅行気分というよりも実際に、サバイバルになりそうなのでおすすめできません。

彼女(彼氏)以上に愛する車と一緒に、沖縄に行く!なんて愛情豊かな人でも、大阪から「35時間」もかけて沖縄に行きたいのであれば、止めはしません。

また、「のんびり船旅でもするかっ!」なんて、心もセレブなあたなにはフェリーで沖縄に行くこともできるかもしれませんね。(機会があれば試したいw)

しかしながら、およそ14時間も船に乗ってたら、降りた瞬間に「ひざかっくん」されたみたいに膝から崩れ落ちるかもしれませんね。

ちなみに、片道で4万弱となっており、自転車・車・バイクなどの乗り物は別料金となるので「格安で沖縄に行く」という目的は達成できそうにありません。

フェリーは大阪発で調べてみたのですが、gw期間中の料金表が表示されませんでした(汗)

とまぁ、gw中に長くても3泊4日程度の旅行であれば、まず利用しないであろう交通機関を調べてみた結果、当然というか「普通そうだろ」と思われる【飛行機】でいくのが一番だなと結論に達したわけですねw

で、航空券となると、これまた価格が高くなるシーズンで、予約の時期が早いほど料金が安くなるというのが普通ですよね。

そして、昔では考えもつかなかった「LCC」と格安で航空券が買えてしまうという、空の価格破壊とでもいうべき航空会社が出てきましたよね。

ですが、個人的に「ゆったりとした空の旅」をしたいので、未だに「JAL」や「ANA」に乗りたいと思っています。

LCCは「ローコストキャリア」と言うだけあって、コストを抑えたということなので、これまでの2社に比べ、サービス面での簡素化などが図られていて、それまで当たり前だった事(毛布の貸し出しなど)も有料となっていたりします。

また、座席についても乗る機体が同じでも、少し座席間が狭いらしいので、もしもジャンボなどの大型ではなく、更に狭いと考えたら、大阪から沖縄までの2時間はちょっと辛いです。

これ、私は小柄な方ですが、大柄な人だったら結構辛いんじゃないですかね?
他にも、往路と復路で別々に予約しなければならないのも「面倒くさがり」な私にとっては、敬遠してしまう要因でもあります。

でも、これは考え様である程度自由に帰りを変更できるという風に考えると、メリットになりますよね♪

LCCについては、次に書きますが「JAL」と「ANA」の料金で調べてみます

期間は5月1日~5月3日
座席は普通席
搭乗時間は、朝一番にしましょうか。実は朝一番が格安なのですw
出発するのは関空からとしています。これは私のシュミレーションでもあるので。

■JALの場合

関空発が8時50分で、那覇空港着が11時の普通席で

片道料金が14,400円

那覇発が17時時25分で、関空着が19時25分の普通席で

復路が15,900円

往路・復路ともに
「スーパー先得」を利用した場合

■ANAの場合

関空発が8時で、那覇空港着が10時05分の普通席で

往路が14,400円

那覇発が20時10分で、関空着が22時の普通席で

復路が15,100円

往路・復路ともに「旅割55」を利用した場合

となっています。
どちらもほぼ同額ですが、片道なので往復で3万弱というところでしょうか。
JALもANAも、最安値の料金を選んだ結果となっています。

これに対してLCCの料金はどうなのか?ってところが、知りたいところだったのですが、今回は、これまで利用してみて「空の旅も楽しい」と思いましたし「沖縄にまた行きたい」と思える要因の一つとして「飛行機に乗りたい」と感じた部分でもあるので、確認も含めて書いています。

格安の航空券で沖縄に行くならどこがおすすめ?

格安の航空券と言えば、沖縄にかかわらずだと思うのですが「LCC」だと思うんですよね。

ただ、おすすめなのかどうかと言われると疑問の残るところとなります。

というのも、先にも書いた通り「座席やサービスに関してもそうですが、どれだけ求めるのか?」が、あると思います。

私のように「ゆったりと空の旅」も楽しみたいのであれば、座席は当然ある程度ゆったりしている方がいいですし、できれば小型よりも中型か大型に乗りたいと思うんですよね。

そうではなく、「ゆったりでなくてもいいから、格安で!」と料金一押しなら、迷うことなくLCCでいいと思いますよ。

余計なサービスはいらない、沖縄に行くまでそっとしておいてほしいなと思う場合も、こちらを選んで問題ないと思いますよ。

まぁほんと価格だけでみたら、(°◇°;) ゲッというぐらいに驚く価格設定ですよね。
ここに、いろんなサービスに対しての料金がかかります。

そのあたり、JALやANAを選ぶのかLCCを選ぶ際の参考にされればといいですね。


スポンサードリンク

lccで沖縄ー関空の料金を比べてみる

ここまできてようやく、料金の比較となります。
お待たせしました。

■ピーチ

関空発が7時で、那覇空港着が9時10分の普通席で

往路が7,290円 5月1日

那覇空港最終便19時30分、関空着21時25分の普通席で

復路が10,890円 5月3日

往路・復路ともに「ハッピーピーチ」を利用した場合

■ジェットスター

関空発が8時10分で、那覇空港着が13時10分の普通席で

往路が12,290円 5月1日

那覇発が16時で、関空着が18時の普通席で

復路が27,290円 5月3日

往路・復路ともに「スターター運賃」を利用した場合

■スカイマーク

神戸発が10時5分時で、那覇空港着が12時10分の普通席で

往路が19,900円 5月1日

那覇発が10時10分で、神戸着が12時10分の普通席で

復路が11,900円

往路・復路ともに「いま得」を利用した場合

となっています。

スカイマークについては、関空の選択がなかったでの神戸空港となり、時間の指定の仕方もわからなかったので、往路便と同じ時間になっています。

また、スカイマークは「LCC」ではなく「MCC」となり、大手とLCC各社の中間の位置にあると思っていただければいいでしょう。

他にも、受託手荷物に制限はあるものの無料になったり、ソフトドリンクが100円で購入できたりしますね。

圧倒的に「ピーチ」が、航空券のみで考えると断トツの格安料金設定になっています。
航空券のみで言えばピーチが格安でお得ですが、各航空会社で宿泊先も選べる「ツアー」もあり、希望の宿があるならさらに、gw旅行に沖縄でも格安で行けるはずです。

あとは、どれだけ早く空席が埋まる前に予約・購入をするかが、希望する時期に沖縄に行けるかどうかになってきますね。

まとめ

予想をはるかに上回る料金設定に、驚きを隠せません。ほんとビックリでした。
LCCであっても、飛行機に乗ること自体が初めてでと言う場合だと、多少の簡素化も当たり前になるのかもしれません。

ただ、これまでの大手航空会社を利用して慣れているのであれば、試しに乗ろうとか「格安」にこだわらない限り少し違和感を感じてしまうかもしれません。

簡単にいうと、ファミレスのドリンクを持ってきてもらう方がいいのか、それともセルフサービスでもいいのかって感じですかね(違う気もしますが…w)

どちらを選ぶにしても、沖縄旅行を楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP