お中元って何?意味や由来は?で、誰から誰に贈るもの?時期は?

お中元の季節になると「何を贈ろうかなぁ」と、頭を悩ます時ってありますよね。
簡単に考えると季節柄「冷たいもの」でいいのかと思います。

そもそもお中元の意味って何か知っていましたか?

習慣となっている部分も多いので、改めて意味や由来を理解することで、少し違った目線でお中元の贈り物を選ぶこともできるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

お中元って何?意味や由来は?

お中元とは、『お世話になった人などに贈る贈り物』の事です。

で、お中元の意味や由来を、検索してみるとだいたいこんな解説が出てきますね

お中元の意味と由来
道教の習俗「上元・中元・下元」のひとつで、陰暦7月15日にあたる。
道教では中元を人間贖罪(にんげんしょくざい)の日として、一日中火を焚いて神を祭る盛大なお祭りが行われたものが、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と混同され、お中元は祖先の霊を供養する日になった。
江戸時代以降、お中元に親類や知人が往来し、盆の礼として贈り物をする風習がうまれ、お世話になった人に贈り物をする習慣へと変化していった。

「うん、何となくわかるけど難しいな(汗)」が、正直な感想でしたw

なので、それぞれの意味を調べます。

道教:中国三大宗教の内の一つです。残り二つは儒教と仏教。
上元・中元・下元:道教の行事で、1年を3つに区切った日の事で、総称を三元(さんげん)といいます。このうち、中元が「7月15日」になるんですね。
人間贖罪:わかりやすく言うと、懺悔(ざんげ)ですね。ちょっと違うかもですが、雰囲気はそんな感じになります。
盂蘭盆会:これは「お盆」の事と思ってもらっていいでしょう。

以上のややこしい言葉の意味を理解しながら、お中元の由来を解説すると。

お中元の意味と由来
もともとは、中国の道教の中で行われる行事の一つに中元というのがあり、7月15日に人々の懺悔と神様を祀る大きなお祭りが行われていました。

この道教の中元を、仏教の「お盆」と勘違いしてしまい、お中元は祖先の霊を供養する日になってしまったんです。

それが江戸時代以降になると、お中元に親類や知人などが訪問するようになりました。

で、お盆に訪問していただいたお礼にと贈り物をするというのが習慣化し、現代のお世話になった人に贈り物を贈るというように変わってきたというが、お中元の由来となります。

どうでしょうか?少しはわかりやすくなりましたか?

お中元は誰から誰に贈るものなの?

お中元の意味や由来がわかると「誰から誰に」というのも、わかってくるのではないかと思います。

でもですね、お中元は必ず贈らなければいけないなんていう決まりはありません。

贈るのであればって事だと「いつもお世話になってなっている方」となりますね。
会社の上司や、取引先。最近では、上下関係などに関わらず、友人など親しい相手に贈る事も増えているようですね。

ですので、親や兄弟姉妹はもちろん、「お世話になっている」と感じる人であれば誰に贈っても失礼になる事はないのではないかと思います。

とはいっても、教師・政治家・公務員などには、大人の事情もあり贈ってはいけません。
何か不思議ですが、そういう事らしいですよ…w

それと、マナー的になりますが、「一度きりのお中元は失礼になる」というのも覚えておきましょう。
お中元は「お世話になっている人」に贈るものなので、一度しかお礼をしないというのは変な話ですよね。

「気持ちはいつも感謝してますよ」って時は、ふとお中元を贈るということはせず、気持ちで表すようにしていれば大丈夫ですからね。


スポンサードリンク

お中元を贈る時期っていつ?

お中元を「道教の中元」と考えると7月15日。盂蘭盆会と考えると7月13日から16日となります。

ですので、7月15日を目安にしておけば問題はありませんが、地域によってお中元を贈る時期も違いますので、お中元を贈りたい相手のお住まいに合わせて決めればいいと思います。

関東では6月下旬から始まるようになってきているようですが、7月15日から8月15日の間に贈るのが一般的になっています。

こういった行事割引とかあまり好みではないのですが、早期に注文することで割引などがあったりと、徐々にお中元を贈る時期も早まってきている傾向にあります。

まとめ

お中元の意味や由来はこれでバッチリですね♪

これまで、周りがしているからと何気なくしていたお中元も、これからは、意味を知った上での贈り物となりますので、「何を贈ろうかなぁ?」よりも、「何を贈れば喜ぶかな?」といった楽しい悩みになればいいなと思います。

え、そっちの方が余計に悩む…?

じゃ、暑い季節なので冷たいものでも贈っておきましょう。
そうすれば訪問した際にも一緒にいただけますからね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

嵐山の紅葉を見るおすすめのルートとトロッコ列車の乗り方
内定先に年賀状の返信をしたいけど寒中見舞いでもいい?必要?
葵祭の起源はどこから?日程はどうなってるの?行列はどんな感じ?
十日戎の由来は?笹や飾りの意味は?大阪今宮戎の場所はどこ?
年賀状は一言ある方がうれしいけど書かないのはマナー違反?
八十八夜の意味は?茶摘みとの関係は?お茶を飲む意味は?
謹賀新年の意味と目上に対する使い方。迎春は使わない方がいい
端午の節句の由来は?人形やちまき・柏餅の食べ物の意味は?
年賀状の夫婦への宛名はどうする?連名が普通?いとこ夫婦へは?
節分のいわし飾りの由来は?地域差はある?いつまで飾る?
四天王寺のどやどやの由来や意味は?日程と時間は?日本三大奇祭?
日本三大祭りと言われる祇園祭と天神祭と神田祭
お歳暮にハムがなぜ多い?簡単なアレンジ料理と保存方法
年越しそばを食べる理由は?何時に食べるといいの?具は何?
中国風の月見なら月餅を食べよう!餡の種類や美味しいお店は?

Menu

HOME

TOP