大阪でも潮干狩りができるようなおすすめの場所はどこ?

潮干狩りと言うと、綺麗な海だけでしか採れない、自然が多いところでないとダメと思っていませんか?大阪でも潮干狩りが出来るところはあるんですよ~♪ただ、大阪だと「貝毒」の心配もありますので、採った貝は残念ながら持ち帰ることはできません。でも、貝は持って帰れるんですよねw

スポンサードリンク

大阪で潮干狩りができるおすすめスポットは?

大阪で潮干狩りができるスポットは3か所。おすすめというよりも、3つしかないですし、めちゃくちゃ遠いというわけでもないので、家の近所で選んでも問題ないと思いますよ。

場所は、二色の浜・箱作・淡輪となります。

二色の浜潮干狩り場・海水浴場

住所:大阪府貝塚市澤871

問い合わせ先:072-432-3022/二色の浜観光協会

料金:大人(中学生以上)1500円、小人(3歳~小学生)750円

駐車場:2000台/1日600円

レンタル用品:熊手200円(返却時100円返金)

開催期間:4月中旬~6月初旬

時間:9時~17時(最終入場16時30分)

【採った貝は?】
採った貝は持ち帰ることはできません。帰る際に受付にて「おみやげ」として、採った貝の内、大人は800グラム、こどもは400グラムまでを「検査済み」の階と交換してもらえますので、交換した貝を持ち帰ることになります。

【他の施設】
トイレ・更衣室・休憩所・手荷物預かり所(500円)・BBQ(予約要)

【その他】
潮干狩りのシーズン限定で数量も限定されている
「貝鍋1500円」「貝めし800円」は二色の浜名物です☆

淡輪ときめきビーチ海水浴場

住所:大阪府泉南郡 岬町淡輪6077

問い合わせ先: 072-494-2141/淡輪潮干狩り管理組合(潮干狩り期間中)

料金:大人(中学生以上)1300円、小人(小学生以下)700円

駐車場:800台/1日620円

レンタル用品:熊手とざるのセット100円、パラソル2000円(返却時に1000円の返金)、小型のレジャーシート300円、ビーチサンダル300円

開催期間:4月中旬~6月初旬

時間:8時~17時

【採った貝は?】
採った貝は持ち帰れない。でも、採った量に関係なく大人は800グラム、こどもは500グラムの砂抜き済みの新鮮なあさりと交換してくれます。

【他の施設】
トイレ・更衣室・休憩所

【その他】
潮干狩り場からでも見える「海洋センター」でマリンスポーツ、マリンロッジ「海風館」で食事や宿泊。入浴のみも可能なので、さっぱりして帰るにも最適ですね。りんくうプレジャータウンシークルやみさき公園など、ときめきビーチの周辺には楽しめる所が多いですよ。

箱作(はこつくり)潮干狩り場(ぴちぴちビーチ)

住所:大阪府阪南市箱作3346 先

問い合わせ先:072-476-3319(代表)

料金:大人(中学生以上)1300円、小人(3歳~小学生)700円

駐車場:約1500台/1日620円

レンタル用品:熊手とバケツのセット100円、パラソル2000円(返却時1000円返却)や、他にもBBQに使える用具などもレンタルしてくれます。

開催期間:4月中旬~6月初旬

時間:8時~17時

【採った貝は?】
採った貝は持ち帰りできません。採った貝は返却し、代わりに砂抜き済みの貝(大人700グラム、こども400グラム)を貰えます。

【他の施設】
トイレ・休憩所・コインロッカー

【その他】
レンタル機材が豊富なこともあり「手ぶらでBBQ」が可能なんですよ。それと「地引網体験」(要予約)もできるので、漁師を目指していなくてもとりあえず体験だけでもしてみてはw

スポンサードリンク

まとめ

大阪でも潮干狩りができるところは、現在のところ3か所しかありませんし、「貝毒」の影響で、採った貝を持ち帰ることはできないので、塩抜きしたりといった楽しみは少なくなっています。

どうしても、採った貝を持って帰りたい場合となると、三重あたりまで足を延ばす必要がありますね。

逆に考えると、潮干狩りを楽しめて、家に戻ればすぐに調理できる貝があるという状況ですので、いい意味で考えるとスゴク楽になります。

とにかく、潮干狩りを楽しんで来てくださいね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP