端午の節句の由来は?人形やちまき・柏餅の食べ物の意味は?

5月5日は「こどもの日」ですね。『端午の節句』とも呼ばれます。でも、こどもの日でありながら男の子の節句となっています。GWも重なり家族揃ってお祝いするお家も多いかと思います。そこで今回は、子供さんに簡単に説明できるように、端午の節句の由来、人形はどうして飾るのか?食べ物の意味などを解説していきます。

スポンサードリンク

端午の節句の由来や意味

端午の節句は、日本では元々女性の節句だったんですね。ですが、時代と共にそれも変わって行き、鎌倉時代の頃からは、武士が世の中の中心的な存在となっていきます。

また、菖蒲(しょうぶ)の葉の形が、剣のように鋭い事や、「尚武」「勝負」と同じ音となることから、男の子の節句とされるようになっていったんですね。

そして、端午の節句を祝う人形も、武者人形と呼ばれるように、金太郎だったり、武蔵坊弁慶のようなたくましく男らしい人形が好まれ、兜や鎧のような武士が身に着け身を守るような品を飾り、成長と健康を祈るようになっていったんです。

とはいっても、端午の節句の起源となる由来は、中国が発祥とされていて、大昔の中国の政治家で人気のあった人が、悪い人達のこっそりと立てた計画により、地位を失ってしまったんですね。

その結果、川に身を投げてしまいました。
その事を悲しんだ人達が供養を始めたのが端午の節句の始まりとされているんですね。

端午というのは、端「たん」が端「はし」を表わし、初めという意味になり、午「ご」は、5になるという事で、「端午」は「5月で最初の5日」という意味なります。

で、何故「こども日」なのかというと、元々端午の節句があり、あとから、国民の祝日として定められた経緯があります。

また、こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどの幸福をはかるとともに、母に感謝する」というのが、この日を祝日とした理由となっています。

端午の節句に人形を飾る意味は?

武者人形や兜・鎧などは、鎌倉・江戸時代という武家社会が反映された飾りとなります。

兜や鎧は、武士の身を守るもので、決して戦に行くというわけではなく、武士が自分の身を守るには無くてはならないものとして扱われています。

そのことから、端午の節句に飾る兜や鎧は「こどもが健康に成長できますように、お守りください」という願いが込められているんですね。

武者人形は、金太郎・武蔵坊弁慶といったように、たくましく、男らしいし、他の武者人形にしても、立派な武士が多いのは、子供を守るためだけではなく、武者人形のような立派な男性に成長してほしいとの願いも込められているんですね。

他にも端午の節句に飾られる「鯉のぼり」には、古くから中国に伝わるお話から来ているんですよ。

中国にある流れが強く早い川で、そこにいた魚達の中で、唯一最後まで泳ぎ切ったのが鯉でだったんですね。そして、鯉はそのまま龍になったという伝説があるんですよ。

また、鯉はすごく生命力の強い魚で、きれいな水だけではなく池や沼であっても元気に生きていられる魚なんですよね。

そいったところから、「どんなに過酷な状況でも負けず、立派な人になりますように」という願いから鯉のぼりという形で飾られるようになったんですね。

端午の節句以外にも、鯉が縁起物として扱われる場合(刺繍も含め)は、たいていはこれが理由となっています。

中国で、鯉がよく食べられているのも、鯉の生命力にあやかりたいと願う気持ちからなんですよね。日本じゃ、あまり食べる機会はないですけどねw

スポンサードリンク

端午の節句に食べる食べ物の意味は?

端午の節句に食べるものといえば「粽(ちまき)」「柏餅(かしわもち)」「ちらしずし」が、思い浮かぶと思います。

ちらしずしに関しては、祝いの席では欠かせないものとなっていて、入っている具にそれぞれに意味があり、どれも縁起を担いだ食材となっています。

ちまきは、先ほどの中国の政治家の供養に川に投げ入れられていたのが始まりで、受け継がれてきたものとされています。ちなみに、ちまきは、関東よりも関西の方が食べられる傾向にあるみたいですね。

かしわ餅は、かしわ餅に使われる、柏の木の葉っぱに主な意味があります。
柏は、「新しい芽が出るまで、古い葉っぱが落ちない」といったところこから、子孫繁栄を象徴する縁起物として食べられるようになりました。

現在では、コンビニなどでも見かけるようになりましたが、かしわ餅の葉として使われているのは柏でない場合もあるようですよ。ま、食べるワケでもないので見た目だけ、それっぽくといったところでしょうか。

まとめ

端午の節句の由来などについて、少しは理解が深まりましたでしょうか?多少。わかりづらい表現となっているところもあるかとは思いますが、こどもさんに説明される場合は、年齢に合わせて、変えていただければと思います。

それにしても、「母に感謝する」という趣旨があまり反映されていない気がするのは、私でけでしょうかねw

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

謹賀新年の意味と目上に対する使い方。迎春は使わない方がいい
年賀状の夫婦への宛名はどうする?連名が普通?いとこ夫婦へは?
京都・時代祭|2015年の変更点と観覧席のおすすめ場所。参加したい時は。
節分のいわし飾りの由来は?地域差はある?いつまで飾る?
ひな祭りの雛人形や飾り、食べ物にはどんな意味があるの?
嵐山の紅葉を見るおすすめのルートとトロッコ列車の乗り方
年賀状は一言ある方がうれしいけど書かないのはマナー違反?
年越しそばを食べる理由は?何時に食べるといいの?具は何?
父の日の贈り物に食べ物を日本全国の名産から贈りたい!70代なら何?
くわいをおせちで使う意味は?入れるのは関西だけ?作り方もちがう?
祇園祭の歴史と日程や内容 山鉾巡行のコース紹介
年賀状の書き方にマナーはある?宛名や返事の書き方は?
地蔵盆の由来はどこからで関西だけなのか?参加しないといけない?
葵祭の観覧席の予約はどこで?御所と下鴨神社、おすすめはどっち?
四天王寺のどやどやの由来や意味は?日程と時間は?日本三大奇祭?

Menu

HOME

TOP