新幹線の予約はどこでするの?ネットでもできる?お得なのは?

新幹線を使って旅行を計画してみたものの、新幹線の予約の仕方からどこですればいいのかもわからずに困ってたりしませんか?普段乗り慣れていないと、不安になりますよね。最近では、窓口に行かなくてもネットで予約できたりしますし、お得な割引などもありますので、是非利用したいところです。

スポンサードリンク

新幹線の予約はどこですればいいの?

新幹線のチケットは、「乗車券」と「新幹線特急券」が、必要になるんですね。
乗車券は、普段電車に乗る時に買う「切符」と同じで、新幹線の移動距離に関する券となり、「新幹線特急券」が新幹線のサービス(指定席やグリーン車利用など)に対する券だと思っていただければいいと思います。

通常であれば、新幹線に乗る場合、「乗車券」と「新幹線特急券」の2枚があるので、忘れないでくださいね。

では、新幹線のチケットを予約するにはどこでするのかというと、やり方としては4通りあります。

それぞれの特徴をみていきましょうね。

みどりの窓口

無人駅でなければ、たいていの駅にはある「みどりの窓口」
ここで、係りの人とお話しながら、新幹線の予約とチケットの購入をすることができますので、初めて新幹線のチケットを予約・購入するのであれば一番安心できるのではないでしょうか?

「どこに」「いつ」「いつまで」といったことを伝えれば、確認しながら対応してくれますので、新幹線に乗り慣れていない場合は心強い場所になりますよね。

ただ、対話しながらということもあり、サラッと終わる人もいれば、そうでない人もいますので、時間はかかる場合があり、大型連休前などは、並んでいる人も多くなる傾向がありますね。

時間よりも安心と確実なら、どうぞです☆

旅行会社のパック

旅行会社でも新幹線のチケットを予約することもできますが、新幹線の予約だけというのは難しいでしょうね。

プロが手配してくれますので、希望に沿った新幹線を提案してくれますし、希望に沿えない場合であっても、他の代替案を提案してくれたりしますので、こちらも安心してまかせることができます。

何せ普段から、お客様の要望に応えていますので経験値がハンパないですからw

とはいっても、混雑状況や運行状況によりキャンセルもありますが、逆にキャンセル待ちもできるという事もメリットの一つと言えますよね。

また、あくまでも宿泊やツアーといった旅行会社のサービスも併用した上での予約・購入になりますので、宿泊先がすでに決まっている場合はオススメできない事になってしまいます…。

ネットを使った予約

ネットでも新幹線のチケットを予約することができます。

東海道・山陽新幹線を利用するなら「エクスプレス予約・プラスEX・e5489」
東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線の利用なら「えきねっと」
九州新幹線利用なら「列車予約サービス」などで、予約・購入が可能です。

ちなみに、北陸新幹線は「e5489」でも予約・購入が可能になります。

ただし、新幹線の予約をネットでする場合は、クレジットカードが必要になりますので注意してください。

現在、クレジットカードをお持ちでない場合は、会員登録の際に同時に作る事もできます。

券売機での購入

新幹線の予約などを、何度も経験されている場合は、券売機で購入するのが圧倒的に早いですね。

この場合は、乗りたい新幹線・人数・座席を選択し購入できるので、新幹線の利用に慣れている人向けの購入方法となります。

慣れているわけではないけど、券売機で買いたいと思う場合は、周りの人の迷惑にならない程度に、うなりながら購入してみるのも経験としてアリかと思いますw

わからなければ、駅員さんに聞けば教えてくれるので、窓口で待たされることを思えばいいかもしれませんね。

チャレンジ精神・冒険心・好奇心旺盛な方には断然おすすめです♪

新幹線の予約をネットで済ましたいのだけど?

ここでは、新大阪~東京を例にしています。

JR西日本のネットサービス

出発を新大阪した場合は、JR西日本のネットサービス「e5489」(イーゴヨヤク)。
なんとも、西日本というか関西・大阪っぽいネーミングに感じるのは私だけでしょうかw

先にも言った通り、クレジットカードでの決済しか対応していません。
また、すでにクレジットカードをお持ちでも会員登録はできますが、その場合は、お得という面ではあまりメリットがないんですよね。

「J-WESTカード」会員(エクスプレス予約等)になることで、チケットレスなどお得な特典がついてきますのでおすすめですね。

ネット会員登録をしない場合だと、チケットの料金もみどりの窓口などで購入するのと同じとなります。

「J-WESTカード」の会員になるには、年会費が必要となり会員になる事をためらってしまう方もいるかと思いますが、年間で1000円程度で、新幹線のチケットも1000円程度の割引はありますので、一度新幹線に乗れば元はとれますので気にならない金額だと思いますよ。

これを機に、年に一度は新幹線を使って旅行をすれば、年会費も無駄にはなりません☆

新幹線の予約をネットで行った場合は、「みどりの窓口」などで受け取りに行く必要がありますので、忘れないようにしてくださいね。

駅の営業時間内であれば、いつでも受取ができますが、新幹線の出発時刻までには取りに行かないと、新幹線にはもちろん乗れません。

受け取り時も、予約・決済の時に使用したクレジットカード・予約番号と「e5489」等に登録した時の電話番号の下4桁が必要になるので、こちらもお忘れなく♪

スポンサードリンク

新幹線の予約でお得な方法ってある?

新幹線の予約もできればお得にしたいものですよね。ですすのでここでは、5つのお得な方法を紹介しておきますので、参考にどうぞです☆

自由席に乗る

指定席でもない分、料金はお安くなります。ただ、在来線と同様に確実に座われるという保証はありませんので、長時間立っているのが苦手とか、せっかくの旅行だから指定席でゆったりとくつろいで移動したいと思うのであればおすすめできません。

移動手段よりも、宿泊先や旅行先での観光などにお金を掛けたいなら、自由席でも問題はないと思いますが、自由席にした時の通常料金との差は、1000円弱となっています。

指定席を選ぶよりも、購入のしやすさという面ではメリットと言えますよね。

ひかり・こだまを利用する

のぞみを利用せずに、ひかりやこだまに乗ることで、いくらかの料金の節約となります。

料金順にいえば、
のぞみ>ひかり>こだま
となります。

「何の差?」というと、速度の差。所要時間の差となりますね。

ひかりの場合は、さほどの変化はないものの、こだまになると、新大阪~東京までの所要時間は4時間となり、のぞみと比べると1時間程度の差となるのですが、料金的には300円程度なんですよね…。

在来線で考えると

のぞみ→特急
ひかり→急行
こだま→鈍行

といった感じになるのでしょうかねw

でも、こだまを利用した「ぷらっとこだま」というのがあり、ぷらっとこだまを利用することで料金的には、4000円近い差が出てきますので「新幹線に安く乗りたい」場合はこちらをおすすめします♪

金券ショップの新幹線格安チケットを購入する

金券ショップを利用すれば、新幹線のチケットもお得に購入する事が可能なんですね。

「新幹線格安チケット」と呼ばれるチケットは、そのほとんどが「回数券のバラ売り」で、キャンセルの時、払い戻しができないとか、年末年始・お盆などでは使えないといった制約があったりします。

でも、新大阪~東京などといった流通の多いチケットであれば、当日・前日であっても、ほぼほぼ、どこの金券ショップでも購入できるのが魅力といえば魅力ですね。

驚くぐらいの価格設定ではありませんが、並んで買うのが嫌な人にはお勧めできるのではないでしょうか?

指定席を選びたい場合は、別途手続きが必要になります。

エクスプレス予約の利用

J-WESTカード会員でも利用できる、エクスプレス予約は、料金的には先にもお話した通り1000円程度の割引となりお得感はあまりないかもしれませんが、チケットレスであったり、新幹線だけではなく、在来線の利用時にも使えるようなサービスもあったりします。

ですので、頻繁に電車に乗る方にとってもお得なサービスとなっているので、新幹線に乗る際には、利用されてみてはいかがでしょうか?

エクスプレス予約であれば、格安チケットのような制約もなく年末年始やお盆にもお得な料金で新幹線に乗れるというのも強みですよね。

宿泊先と合わせて予約する

新幹線を予約してお得に乗るには、正直この方法が一番お得かもしれません。

既に宿泊先が決まっているなら当てはまらないですが、新幹線の予約をしてから宿を決めようと思っているなら、旅行会社のパック商品を選ぶのをおすすめしますね。

ビジネスホテルを利用するといったような場合には、「宿泊料金が無料になってるのでは?」と感じるぐらいの料金設定になっていますので、宿にこだわりがなければこちらですねw

旅行会社では、格安ツアーや宿泊先も、条件を選べるプランがいくつもありますので、旅行プランにあわせて選べるのがいいですよね。

いちいち、どこのホテルがどうとか決めるのが面倒な人にもおすすめできます。

料金などをお店の人に伝えておけば、見合ったツアープランを見積もってくれるでしょうから、面倒くさがりな私にも便利なのが旅行会社さんなんですよねw

まとめ

こうしてみると、結局のところ継続的なサービスを受けようとしたら、ネットで「e5489」などを利用するのがいいと感じますし、宿泊先も含めて旅行先で一杯楽しみたいと思ったら「旅行会社」を利用するのがいいように感じますね。

個人情報が気になる場合は、「みどりの窓口」や券売機の利用になりますし、旅行先での目的に合わせてお選びいただければと思います。

ではでは、快適で素敵な思い出となる旅行にされてくださいね♪

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP