飛行機内での乾燥対策|肌・鼻・のど・髪の毛みんなどうしてる?

飛行機に乗ってワクワク旅行を楽しもう!と思っていたのに、飛行機内の乾燥で顔も唇も、おまけに髪までパッサパサのパッリパリ…(泣 これじゃ、せっかくの旅行もスタートからテンションダダ下がりなので、何とかしたいと思いませんか?最近では便利なものも出ていますが、実は思ったより簡単に改善できたりします。

スポンサードリンク

飛行機の乾燥対策|肌のケア

飛行機内の乾燥対策でお肌を乾燥から守ろうとする時によく言われるのが、トイレに行った時に、スプレータイプの化粧水を全身に吹きかける。

という声が多いですよね。
でも、これだけじゃダメなんですよ。

化粧水で水分を補給しても、化粧水の乾燥も早いので、乳液やクリームなどで、補給した水分を逃さないように保湿しておくのも大事なことなんですよね。

保湿もずっとと言うワケにいかないこともあるので、必要であれば化粧水を吹きかけた後に、乳液やクリームで保湿しておくというのを繰り返すのが理想と言えますよね。

ただ、お気づきかもしれませんが、この流れって普段お化粧をする時と対して変わりがないと思いませんか?とくに冬場に。

飛行機の中が寒いと感じるかと思いますが、そのまま「冬」を想定してもらえればいいんですよね。

飛行機は、飛んでいるところ自体がとんでもない寒さの中なので、乾燥しているのは当たり前なんですね。それを、エアコンや飛行機自体を守るためにわざと乾燥するようになっているんです。

ですので、飛行機だから特別に化粧品やケア用品を揃える必要性はあまりなく、普段からお使いになっている化粧品などで十分なのですよ。

「うるおい」「保湿」なんて言葉は、女性からしたら当然のことかもしれませんが、それをただ飛行機でも同じようにするだけ。

それでも、どうしても乾燥してしまう場合に、先に言ったような顔など露出している部分に、化粧水などを吹きかける、保湿する流れが必要になってくるんですね。

国内なら多少我慢できるかもですが、国際線などになると飛行機の中で眠ることもあると思いますが、そういった時には、出来るだけ肌の露出を避け、これまた普段通りに「うるおいと保湿」に気を掛けた普段使いの化粧品などで対応すれば、だいたいは乾燥対策になるのではないでしょうか。

飛行機の乾燥対策|鼻・のど

飛行機に乗って乾燥するのはお肌だけではなく、鼻やのども乾燥しやすいですよね。
「飛行機に乗ると風邪をひく」というのも、乾燥による鼻やのどの粘膜が上手く活性できず免疫力が落ちる為ですね。

ですので、しっかりと鼻やのどに乾燥対策をして、楽しい旅行にしたいものです。

鼻やのどを乾燥から守るには、マスクが一番簡単ですよね。つけるだけですからw
また、アメちゃんやガムをかみ、唾液を出しやすくしておくのも乾燥対策になりますね。

もっと効果的に、乾燥対策をするならタオル地のハンカチに水分を含ませたものを口に当てておくのもいいでしょう。マスクをすれば押さえにもなりますしね。

ただ、これは、強く押さえすぎると息が出来なくなるので注意してくださいよ。
そこまでしなくても、マスクだけでも自分の呼吸で自然と加湿になりますので、唇の乾燥対策になりますし、何より簡単なのでおすすめします。

スポンサードリンク

飛行機の乾燥対策|髪の毛

飛行機の乾燥対策でお肌や鼻のどに続き、髪の毛の乾燥も手ごわいですよね。
普段から、痛みやすかったり痛んでいたりすると、ほんとテンションも下がりますよね。

こういった場合は、「洗い流さないトリートメント」みたいなもので、日頃から髪の毛の水分補給と保湿に気を付けておくといいですね。

髪の毛の状態を見て旅行をするわけにも行かないというが現状でしょうし、行きたい時に行くから楽しいのが旅行ですからね。

なので、「ベビーオイル」を薄く延ばしてみるのもいいかもしれません。付け過ぎるとホコリが着きやすくなってしまいますが、普段からしておくことで、乾燥対策にもなりますし適量もわかってくるのでおすすめできますね。

簡単なのは「スプレーで直接水を吹きかける」ですね。頻繁に吹きかける事にもなりかねませんが、パサパサの髪の毛にがっかりするよりはマシだと思います。

でも、あまりやり過ぎると、それはそれで風邪をひいてしまうかもしれませんので、ご注意くださいね。

まとめ

飛行機内での乾燥対策は、特別しておかなくても普段からのお化粧とちょっとしたコツである程度は改善できるものなんですよね。

乾燥対策をばっちりして、素敵なフライトを楽しまれてください♪

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP