海外旅行に必要なものは何?海外旅行保険は必要?ビザは?

海外旅行を初めて経験される方にとっては何にしても、不安でいっぱいになりますよね。持っていく荷物は何が必要で海外旅行保険は要るの?とか、ビザって良く耳にするけど海外旅行するには必要なもの?なんて不安になる事やわからない事ばかりだと思います。まず、この記事を参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサードリンク

海外旅行をするのに必要なものは?

必要なもの

パスポート
海外旅行の計画が立った時点で期限の確認を忘れずに。
パスポートのコピーと、予備の写真を持っていると、盗難や紛失に備えることができますね。再申請には時間がかかるので、手間を省くためにもコピーを一部とっておきましょう。

航空券
これがないと、飛行機に乗れませんw
もちろん、往復券ですよ。

現金
財布をいくつかに分けて現金を小分けにしておくと、盗難対策にもなる。

クレジットカード
VISAやマスターで、だいたい使えますが、できれば両方。
何故か使えなくなることもあったりしますので、海外旅行先で使えるカードの確認もしておくといいでしょうね。

複数のカードを持っていくと安心ですが、逆に盗難や紛失を考えると不安になりますけどね。
 
ちなみに、VISA・マスターの両方を持っていくにしても、発行元は分けるようにしておいてください。何かのトラブルで、片方が使えなくなると両方使えなくなりますので。

常備薬、生理用品
胃腸薬、下痢止め、風邪薬、痛み止め、頭痛薬など。現地のものは、日本人には合わない場合も多いので、普段使っているものを持っていくといいですね。
生理用品は海外のもの(アメリカなど)は、日本の物より大きいのです。

予備のめがね・コンタクト
めがねなどは、万が一壊れてしまうとせっかくの旅行が台無しになりかねませんし、代わりを作るにも無駄が増えてしまうので、予備を準備しておくとスグに交換できます。

メモ帳と筆記具
クレジットカードやパスポートの紛失・盗難に備えて番号を控えておくように。
ホテルの連絡先と、緊急電話の掛け方と番号(日本でいう「110」や「119」)も調べてメモしておきましょうね。

リュックサック・ボディバッグ
機内持ち込み用の荷物を入れたり、現地での散策に。
ジッパータイプのもので、持ち歩くときは、できるだけジッパー部分を自分が見える場所に持ってくる事。後ろにしていたら、いつの間にか開けられていて中のものが…となる可能性があります。

あると便利なモノ

耳栓・マスク・アイマスク
この3つは、機内で寝る時にあると便利なものですね。意外に飛行機の中ってうるさかったり、乾燥したりしますからね。

スリッパ(サンダル・上着・エア枕
海外には常備されていないところもあったり、長時間、飛行機で座り放しになり足がむくみますし、何よりくつろげないですからねw

機内は以外に寒かったりもするので、厚手の上着などがあると便利。機内泊がある場合は、エア枕で眠りやすい態勢を確保したいところ。

小奇麗な洋服
場所により、一流のレストランで食事をされることもあるかもですが、その際、「服装の基準」が定められているドレスコードがあり、普段着ではレストランに入れない事もあるので。男性ならジャケット、女性ならワンピースで大丈夫です。

入浴剤
いらないと言えば要らないけど、歩き回ったりして疲れるので好みの入浴剤で、癒されると翌日も、楽しく歩き回れるかもw

チップ早見表
日本と違い、欧米諸国ではチップが習慣となっています。チップの相場と渡し方を書いてくれている記事を紹介しておきます。
「海外旅行で押さえておきたいチップの相場と渡し方。」

ちなみに、ハワイだと「ABCストア」(ハワイのコンビニ)で、売られています。

ガイドブック
短期間の旅行であれば、購入するのを戸惑いがちですが、海外旅行で現地を堪能したのであれば、機内での暇つぶしにもなりますし、現地の注意点なども参考になる事がいろいろと書かれてあるので重宝しますよ。『地球の歩き方』あたりがいいかもです。

ポケットティッシュ・ウェットティッシュ
日本ほどポケットティッシュを配布している国は、あまりありませんし、海外のティッシュなどは、堅かったりします。また、飛行機の中で寝るのに、サッパリしたい場合などはウェットティッシュは役にたちますね。

パジャマや下着類
下着類は、一目に付きにくいので古いものでも十分で、そのまま捨てるというのもありですね。

インスタント食品
長期間滞在していると、日本食が恋しくなりそうならw

日焼け止めなど
オーストラリアやハワイでもそうですが、日本とは焼け方が違うので肌が弱い人は特に必要になるかもです。

電卓
両替する時の計算用に。

辞書
英語圏内なら、英語辞書といった様に現地にあわせて持っていくと便利

結構な数になってしまいましたが、挙げるとするならこれぐらいあれば、安心できるのではないかと思います。

ただ、ここまで書いて言うのもあれですが、「出来るだけ荷物を減らす」事が旅行の基本と言えば基本ですね☆

ですので、上記のものをあなたの必要に応じて選び、鞄に入る量で規制にかからない範囲で、持っていくようにしてくださいね。

海外旅行保険は必要なものなの?

海外旅行保険は必要と言えば、必要だしいらないといえば要らない(どっちよ…w)
ただ、万が一の事を考えると海外旅行保険に入るのをおすすめします。

日本国内での、事故やケガであれば健康保険が使えますが、海外では健康保険は使えませんので、掛かる医療費は高額なものとなってしまいます。

また、荷物の扱いについても「真綿を包むように」というワケではありませんし、日本と違い荒い扱いをされることや、盗難にあう可能性も高いのが現実。

ですので、病気やケガなどといった部分以外にも、保険の適用を受けられる範囲の広い海外旅行保険には入っておいた方が、より安心して海外旅行を楽しめるのではないかと思いますよ。

お店で商品を壊してしまったり、人とぶつかってケガをさせてしまった事も考えれば
責任賠償保険も必要になりますよね。

海外旅行保険の金額も驚くほどの額ではないですし、ネット経由の方が安い事も多いので、金額が気になるのであれば「海外旅行保険 おすすめ」などで調べてみるといいですよ。

また、海外旅行に限らず普段から飛行機の移動が多いのであれば、航空会社経由の申し込みでマイルも貯まりますのでお得ですよね。

ちなみに、クレジットカードにも付帯している保険がありますが、期待できる保証があるのはゴールドカード以上だと思っておいてくださいね。

海外旅行保険は、掛け捨てとなり生命保険と違って、海外旅行中のみに適用されることもあり、「もったいない」と感じられるかもしれませんよね。

でも、海外となると何かあっても、スグに家に帰ってどうこうできたりするわけではありませんので「万が一の安心」という意味では、必要とはいいませんが、入っておいた方がいいですよね。

スポンサードリンク

海外旅行にビザは必要なのかな?

海外旅行でビザが必要な国と不要な国があります。

ビザが必要かどうかを確実に知るには、行こうと思われる海外旅行先大使館に連絡して確認するのが一番早いのですが、以下にビザが必要な国と不要な国の一覧を載せてくれているサイトさんがありましたので参考にしてみてくださいね。

査証(ビザ)が必要・不要な国一覧

ま、でも、1週間程度の旅行だと大概の国であればビザは必要ありません。
一応、ビザが必要となっているアメリカでも、「免除プログラム」がありますので、ビザについては、それほど不安になる事もないと思います。

仮に、ビザが必要な国に海外旅行をすることになり、ビザが発行されたとしても、入国できない可能性もありますので、注意しましょうね。

ビザは、自分の国に犯罪者などの不審な人物を可能な限り入国させないようにするためのものですし、入国審査をする人物によっても左右されます。

また、内政事情の悪化など仕方のない理由で拒否される事もあるかと思いますので、入国審査で拒否されても、あなたが「危険な人」と判断されたワケではありませんので、安心してくださいね。(…ですよねw)

まとめ

海外旅行も初めてとなると、期待と不安が同じぐらいのテンションになって楽しいやら不安やらで、ワケが解らなくなってしまうかもしれません。

でも、パスポートとお金と航空券。
これさえあれば、あとは何とかなるぐらいの気持ちで必要なものを揃えた方が、気分も楽になると思いますので、あまり不安がらなくても大丈夫ですよ。

どうぞ、素敵な海外旅行を楽しんできてくださいね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP