紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?

あたたかい季節になると、紫外線が気になってくる人も多く居ると思います。お肌を守るために一年中紫外線対策をしている人も増えてきているようですね。では、そもそも紫外線は一体どんなものなのか?という所はご存知でしょうか?与える影響や多い時期などの確認にどうぞ。

スポンサードリンク

紫外線とは?

「紫外線対策しなきゃ」と言うのは良く聞く言葉ですが、紫外線というのは一体どんなものなのでしょうか?

一言で言うと、太陽光線の一種「太陽の光の一部」といったところですね。

紫外線って、「UVA・UVB・UVC」の3種類あり、それぞれ波長が異なります。といろんなところで見かけますが「波長って何?」ってなりませんか?

波長ってのは、空間を伝わる波の周期的な長さってことなんですが「??」ですよねw
紫外線でよく言われるのは、波長の長いUVAが、雲や窓ガラスを通過(透過)して、お肌の奥にまで達するといった説明が多いですよね。

簡単にいうと「じんわり伝わってくるような」が、波長が長いということになります。

次に波長が短いのはUVBで、屋外での日焼けの原因になりますよね。
これは「ガツンとくるようなインパクトのある」といった感じが波長が短いとなりますね。

ちなみに、3つの内もっとも波長の短いUVCは、オゾン層によって地表に到達しないように守られています。このC紫外線は、強い殺菌効果がありますが、生体への破壊性がものすごく強いんですよ。

今は、問題ないようですが、今後環境破壊などによりオゾン層が破壊されてしまい、地表に到達すると、恐ろしい事になるのではと心配されています。

ちなみに、紫外線を表わす「UV」は『Ultraviolet【ウルトラバイオレット】』の略なんですよ。紫を超えた紫で「紫外線」なのですね☆

紫外線は悪影響しか与えないのか?

紫外線というのは、お肌に悪影響があるとして「紫外線対策」ということで、日焼け止めを塗ったり、長袖を着たり日傘をさしたりと、できるだけ紫外線にあたらないように努めますよね。

紫外線を浴びることで、シミやシワ、たるみの原因となったり、お肌の老化の原因ともなり、女性の多くが紫外線の悪影響をなんとか防ごうと、日々努力されています。

じゃ、紫外線は悪影響しか及ぼさないのか?といった疑問が出てきませんか?
太陽の光を浴びるといいとか聞いたような気もするんですが…。

紫外線を浴びる事でよい影響は…。

あります!

紫外線の内UVBには免疫を高める働きをしてくれるんですよね♪
このUVBには、免疫細胞を活性化させ、免疫力を強化する働きがあるんですよ。

UVBが皮膚に浸透することで、細胞が持っている代謝機能が促進され、免疫機能が強化され、皮膚疾患が改善されるということもあるんですね。

また、UVBは血液の酸素運搬機能を高めるので、運動能力を高めることにもなります。

他にも、お酒好きの人には朗報かもですが、アルコールの分解も助けてくれますので、二日酔いの時などは、日光浴をするのもいいかもしれませんよね。

後、もう一つは、メラニン色素を生成する際に、ビタミンDも生成してくれます。
ビタミンDは、カルシウムに関係のある栄養素で、不足してしまうと、骨粗鬆症(こつそそうしょう)の原因の一つにもなります。

また、筋肉にも作用するので年齢を重ねた時に、転びやすくなったりといった事への予防にもつながるんですね。

ただ、必要なビタミンDは、日光浴でしか得られないかというとそうでもなく、魚類には多くのビタミンDが含まれていますので、毎日食べていればビタミンDの不足にはなりにくいと考えられています。

スポンサードリンク

紫外線が多い時期はいつ?

紫外線が一番多い時期というのは、太陽の光を多く浴びる季節になります。
だいたい、春分の日あたりから、太陽が出ている時間(日照時間)が夜と同じになりそこから日照時間が増えますし、日差しが強いというのも紫外線が多い時期でもありますよね。

沖縄では、通年暖かいこともあり、3月の下旬ごろでは、紫外線量が強くなり、5月になると「非常に強い」というデータが気象庁のUVインデックスでわかります。

7月や8月では「極端に強い」になってますので、日差しの強さが紫外線の強さといっても言い過ぎではないでしょうね。

また、都心部ともなると、ビルなどが立ち並んでいるために、紫外線対策をしていても「照り返し」などが多くありますので、紫外線の多さと言うよりも、紫外線に囲まれているという表現の方が適当なような気もします。

だからといって、家の中にいたら安全かというとそうではなくUVAは、窓ガラスも通過してきますし、微量ではありますが、蛍光灯からも紫外線は出ています。

蛍光灯の紫外線などは問題にするほどの量ではないにしても、紫外線を気にしているのであれば窓ガラスにはUVカットフィルムなどは、貼っておいた方がいいでしょう。

お昼ご飯は外でランチをする人も多くいるでしょうけど、お昼時が一番、紫外線の量が多いので注意が必要ですよ。

まとめ

「子供は外で遊べ」とは、よく言われたものですが、なるほど意味合いはわかります。ですが、環境の変化は残念ながら悪い方向へと向かっている気配なので、昔のように長時間太陽を浴びていても、悪影響の方を多く感じてしまいますよね。

とはいえ、やっぱり人間にとっては太陽光はなくてはならないものですので、お肌や健康に影響が出ない程度の日光浴はしておいた方がいいと思いますよ。

あ、日焼けするほど日光浴をする必要はありませんからね☆

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

夏の睡眠不足を解消するのにどんな対策がある?
加齢臭の父に娘が香水を父の日にプレゼントしても傷つかない?
紫外線対策はいつから?日焼け止めだけでいい?家なら安全?
しゃっくりが止まらない時止め方に意外な方法があります
インフルエンザの症状と風邪との違いは?陰性だったし軽いんだけど
耳かきの頻度は多い方?少ない方?綿棒のがいいんだよね。
疲労の原因と回復方法。アミノ酸を摂ることがすごく大事
noimage
夏だけ下痢が続く訳は?お腹が冷えてるだけではないのかも?
花粉症の症状を和らげるには?緩和する方法はある?対処は?
ウィルス性胃腸炎なら仕事は休むべき?休めない時は?復帰は?
花粉症が春にピークを迎えるのは何故?よい対策ないの?
風邪ひいてご飯で栄養補給したいけど食べれない時におすすめ
風邪の予防に手洗いとうがいは必須!習慣作りと免疫力も上げる
胃腸風邪とは?原因はどこから?要因となる3つの要素もある

Menu

HOME

TOP