造幣局の桜の通り抜けはいつから?行き方は?夜桜は観れるの?

大阪造幣局の桜の通り抜けは明治から続く歴史ある行事で、「日本さくら名所100選」に選ばれる程の人気のあるスポットなんですよね。

大阪府内では1位、全国で見ても7位という位のお花見スポットです。造幣局の開催時期、場所、ライトアップの情報などはここで確認しておきましょうね。

造幣局の桜の通り抜けはいつから?

造幣局の桜の通り抜けは、毎年4月中旬からの1週間が開催期間となります。「いつから?」となると、何日からというのは、造幣局のホームページにて3月中旬あたりに発表されますので、その時期になったらチェックするようにすれば安心ですね。
造幣局公式ページ「桜の通り抜け」

また、雨で桜が散ってしまうことも考えられますので、行こうとしている日の天気も確認しておいた方がいいですよね。

桜の通り抜け開催期間中の営業時間は
平日:10時から21時まで
土日:9時から21時までとなっています。

桜の通り抜け開催中は、無休となっています。
造幣局に関する、施設は無休ではありませんので勘違いされませんようにです。

週末は、おそらく「大混雑」で前に進むのも大変なぐらいになりますので、平日の昼間に行くのが一番、人が少なく桜の通り抜けを楽しめるのではないかと思いますよ☆

造幣局の桜の通り抜けへの行き方

大阪造幣局の桜の通り抜けへの行き方は、車ではなく電車を使った方が断然楽ですw
まず、場所です。

大阪では比較的交通量の多い道路の傍ということもあり、平日の夕方や週末は結構な渋滞となり、桜の通り抜け期間中は、周辺駐車場も込み合っているはずですので、JR東西線の「大阪城北詰駅」か「大阪天満宮」もしくは地下鉄谷町線・京阪線「天満橋駅」から歩いて行き、大川から見える桜を楽しみながら造幣局へ向かった方がワクワク感が高いですよ♪

造幣局の桜の通り抜けへの行き方で、入口に一番近いのが「天満橋駅」となります。
天満橋駅の「京阪東口・2号出口)から15分ぐらいで着きます。

造幣局の桜の通り抜けを、外からも眺めながら楽しみたいのであればJR東西線の「大阪城北詰駅」から行くのをおすすめします。

大阪城北詰駅3号出口を出て、川崎橋に行く途中にも大川を挟んで造幣局が見え、対岸からの桜も楽しめますし、タイミングが合えば船も眺めたりできるので、桜だけではなく、コラボも楽しみながら花見ができるのでおすすめのルートとなりますね。

大阪天満宮からの行き方で注意して欲しいのは、桜宮橋(銀橋)からの出入り口が、桜の通り抜け期間中は『出口専用』となっているため、入場できません。

入口は、天満橋方面の南口からの入場となり、出口までは一方通行となっています。
「後戻りできない」から通り抜けという由来ですw

スポンサードリンク

造幣局の桜の通り抜けで夜桜は観れる

造幣局の桜の通り抜けでは夜桜も楽しめますよ。
ライトアップされるのですが、煌々としたライトアップではなく、ぼんぼりなどで行うライトアップになりますので、ホッコリとした雰囲気で観桜できるのも魅力の一つですよね。

ライトアップされるのは、日没後となりますので、この時期だと18時以降あたりになるんじゃないですかね。

ライトアップされた夜桜を桜の通り抜けで、大切な人とホッコリデートもいいですが、夜桜を見に来られる方が、たくさんいて動くのも大変なので、デートで行く際には手をしっかりと握るなりして、はぐれないようにしてくださいね☆

また、夜桜を撮影する人も多くいるので、なかなか前に進みにくいのも覚悟しておいてくださいよ~。

他にも、桜の通り抜け会場での、飲み食いは禁止されていますので要注意です。
ですので、ご飯を食べる時にでも思い出話ができるようにしっかりと桜を頭に焼き付けておきましょう♪

でも、出店もあったりしますので、お腹が減ったらイカ焼きとかたこ焼きとか焼き鳥とかいろいろ、味見しながらの花見もありですねw

そのほかの、造幣局の桜の通り抜け情報はこちらでも紹介されいますので、参考にされてくださいね。
大阪造幣局桜の通り抜け情報【楽天ノート】

まとめ

造幣局の桜の通り抜けって、ニュースでも取り上げられるほどの人気スポットでもあるので、桜の開花期間中はかなりの人出が予想されます。

人ごみが苦手という人は、川崎橋辺りなどで遠目に桜の花見も、大川の水面に映る桜を見れたりもするので、いいかもしれませんよ。

大阪一の桜の名所を、思う存分楽しまれてくださいね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP