水道代が一番節約できるのは、トイレ?お風呂?キッチン?

これまでにいくつかの「節約」について書いてきましたが、今回は特に「水道代」に注目してみます。電気代に比べて水道代はうまく節約できないものと、思われがちですが、ちょっとしたアイデアや便利グッズを活用することで、これまで思っていなかったぐらいの節約になるかもなので、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

水道代を節約するトイレの使い方

水道代を節約しようとした時に考える事は「どこが一番水を使うのか」ですよね。
意外かもしれませんが、実は「トイレ」が一番だというのは知っていましたか?

でも、だからといってトイレに行く回数を減らすことは難しいし、変に我慢とかしたら体を壊しそうなので止めておきたいところですよね。

一般的に、トイレの水道代を節約する方法で有名なのは「タンク内にペットボトルやレンガを入れる」ですよね。

水を流した後の、水が出る量を減らせるので、水道代の節約にはなりますよね。でも、注意したいのは、ある程度の水の量がないと流した時の水圧が落ちてしまい、結局また流すという結果になり、節約にはならなかったなんて事になりかねません。

ですので、水の量はそのままで、水圧も落とさずに節約できるのが嬉しい事となりますよね♪そういった願望を叶えてくれたのが、「ロスカット」と言われる便利グッズになるんです。

トイレの水道代の節約の救世主ともいえる「ロスカット」は、水圧を保つために水量は今まで通りなので、何度も水を流す必要はない。

じゃ、どうなってるのかというと、「いつもより早く水を止める」って事なんですねw
これだと、水圧もそのままで排水量も減らせるので節約になるという優れものです。

取りつけも簡単で、一度付けたらほぼ何もしなくてもいいという点が受けている証拠なんでしょうね。

水洗トイレの節約にロスカット【楽天市場】

とはいえ、このグッズも万能ではなく、付けられるトイレと付けられないものがありますので、購入の前には確認は忘れずに☆

ちなみに、我が家でのトイレの節約術は「小と大」を使い分けるというワザです♪
家庭などにより「トイレの後はちゃんと流す」という場合は、ロスカット等を使ってもらう方が節約になりますが、そうでもないなと思うのなら、小と大のレバーの使い分けはおすすめできますよ。

水道代が節約できるお風呂の入り方

水道代の節約を考えると節約のコツ|光熱費の中から電気代とガス代編にも書きましたが、お風呂は水もたくさん使うんですよね。「せっかくのくつろぎタイムに節約なんて…」と思うかもですね。

ま、半身浴を兼ねてお風呂に張るお湯の量を減らすのはガス編でも紹介していますが、今回はシャワーにも注目してみましょう。

シャワーと使う方向けになってしまって申し訳ないですが、参考までに読んでいただければと思います。

結論からいうと、シャワーから水が出てくる穴の数を減らしたシャワーヘッドを使うというものになります。

穴の数を減らしているので、水圧も変わらず、逆に少ない分水圧が上がると言ってもいいでしょうね。

また、手元にスイッチがあり、水を一旦止める事ができるシャワーヘッドもあり出しぱなっしも防げます。

でも、シャワーを出さないとお湯にならないタイプの、一人暮らしなんかの場合はあまりお勧めできません。冬はなかなかシャワーを止める勇気はわきませんからねw

それと、お風呂で使う水の量とは少し離れますが、「残り湯を洗濯に使う」というのも水道代の節約術としたは、良く聞く方法だと思います。

けれど、この方法だと「垢が気になる」場合も多く、実践している方の割合は少ないのではないでしょうか。

ですので、もしも実践しようと思うのであれば、洗濯の洗いのみを残り湯で済まし、すすぎからは普通に洗濯するようにすれば、比較的に気にならないのかもしれませんよね。

スポンサードリンク

水道代を節約したいキッチン周り

キッチンでの水の使い方で節約となれば「水の出しっぱなし」になると思います。
洗い物をしていて、食器を洗いながら水を出したり止めたりは、結構めんどうなんですよねw

ですので、出す水の量を少なくするだけでもこれまでとは違い節約になるハズなんですよ。
でも、やっぱりもっと水道代を節約したいと思ったら「水をためて洗う」をおすすめします。

水をためた桶の中で洗い、洗剤を流す時に水を出す感じですね。
これをすると大幅に節約できますので。

シンクが大きいのであれば、2つ桶を用意して洗う桶とすすぐ桶を分けるんです。
そうすると、最後のすすぎも軽くで済み使う水の量も減らせる事になりますよね。

もう一つ、これもまた便利グッズですが『節水コマ』を利用する事ですね。
食器洗いの時に、水を出しっぱなしにするなら、こちらがおすすめとなります。

ただ、取り付けには、多少の工具を使用することもアリ、誰でも簡単に取り付けと言うワケにはいかない場合もありますので、ご理解したうえで購入されてくださいね。

まとめ

水道代の節約に関してはこのあたりで、一旦止めておきますね。また、新しい情報があれば、追加で記事を投稿していきますのでお時間のある時にでも当ブログを覗いていただければと思います。

その際は「お気に入り」に登録しておくと、あとから読みやすいですよ!
と、宣伝してみたりw

水って、意外に何気なく使ってしまうものですよね。わかっていてもその便利さについつい使い過ぎてしまうものです。

今回、こういった記事を読まれた事で、簡単な事からでも水道代の節約に取り組んでみるといいと思います。

何事も無理はいけませんので、少ずつ徐々に進めていかれてるといいんです。

無理なく快適な節約生活、頑張ってくださいね。応援してます!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

歯についたヤニを落とす方法は?自宅で磨くとき歯磨き粉は?
加齢臭は食べ物も原因になるの?逆に対策のできる食べ物はある?
インフルエンザの予防接種の同時接種は必要か?受けるべきか迷う
糖質ダイエットのメカニズムは単純に考えるといいと思うんだけど
節約した一人暮らしの家賃は?食費は?貯金はできる?
うなぎが夏バテにいい理由は?豚肉じゃだめなのかな?どっち?
インフルエンザの症状と風邪との違いは?陰性だったし軽いんだけど
食べる順番で血糖値の急上昇を抑える?ダイエットにもなるの?
耳かきの頻度は多い方?少ない方?綿棒のがいいんだよね。
紫外線対策はいつから?日焼け止めだけでいい?家なら安全?
風邪ひいてご飯で栄養補給したいけど食べれない時におすすめ
しゃっくりが止まらない時止め方に意外な方法があります
ウイルス性胃腸炎になった!飲食店勤務なら仕事は休むべき
加齢臭の父に娘が香水を父の日にプレゼントしても傷つかない?
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?

Menu

HOME

TOP