桜の種類は何種類ある?名前はどんなのがある?有名なのは?

桜と言えば「春」「花見」「卒業」「入学」と、日本人にとって桜は特別な存在ですよね。特にこの時期になってくると、お花見が楽しみで桜には何種類あるとか名前とかよりも、まさに「花より団子」になってしまいますよねwですので、ここでじっくりと桜の事について勉強しておきませんか?

スポンサードリンク

桜の種類は何種類あるの?

桜の種類は何種類あるのかと思って調べてみると、びっくりしたのですが、実は日本だけではなく世界各地に分布して、特に北半球の温帯地域に多いんですよ。

また、桜はアジア地域に多く種類でいうと日本に集中しているんですよね。
日本では主に観賞用として育てられる事が多いのですが、海外などは食用として育てられている事が多いんですよ。

ですので、鑑賞用として見た場合の桜は日本が多く、海外の桜においても鑑賞用となれば日本が原産の桜ということもあるぐらいなんです。

となると、当然ながら、桜の種類はかなり多くなるんですよね。日本においても確認されているだけでも、野生種や自生種で100種類程度あり、これに品種改良した種類を加えると、固有種、交配種を含めると600種類以上が存在しているんですって。

さすがに、その種類の桜を覚えるには大変なので、このブログでは比較的よく聞かれるであろう桜の種類を、ざっくりと紹介しておこうと思います。

超簡単に桜の種類を何種類かに分けるとすると、2種類ですw
元々自生している桜の山桜(ヤマザクラ)と
品種改良をしたものの里桜(サトザクラ)に分けられます。

まずは、ここを覚えておきましょうね。
ここから、さらに細かく分類していくと現在の600種類となっていくんですね。

桜の種類の名前はどんなの?

さて、桜の種類はとりあえず2種類に分類して、山桜と里桜に分けました。
そして、日本で住んでいて「桜」と聞いてスグに名前が出てくるのは「ソメイヨシノ」ではないでしょうか?

このソメイヨシノは品種改良でできた、里桜になります。日本で見られる桜の80%はソメイヨシノなんですよね。

ソメイヨシノとして品種改良した元の桜の名前は「大島桜」と「江戸彼岸」という桜です。
この2種類の桜を江戸時代の染井村と言う所から出来た桜なので「染井吉野」と言われるようになったんですね。

といったように、メジャーな桜以外にも日本国内だけみても数々の桜がありますので
一覧みたいになりますが、紹介しておきますね。

オオヤマザクラ
チシマザクラ
タカネザクラ
関山
エドヒガン
陽光
カスミザクラ
紅枝垂れ
オオシマザクラ
カンヒザクラ
チョウジザクラ
ミヤマザクラ
ソメイヨシノ
ヤマザクラ
八重紅枝垂

だいたいこれぐらいが、主な桜の名前となっています。これ以外にもいろんな名前と特徴を持つ桜がありますが、今回はこれぐらいにしておきましょう。

スポンサードリンク

桜の種類で有名なものは?

桜の種類を覚えようと思ったら、とにかく種類も多く専門的な部分も出てくるのでここでは、有名な桜を紹介しておきますね。

ヤマザクラ
奈良県の吉野で有名な「吉野の桜」が代表的なものになります。

開花時期には桜によって差があるので、長い間お花見が楽しめます。
また、寿命も長いので巨木になることも多い桜と言えますね。

開花と同時に葉芽が開くの特徴ですよ。見ごろとしては、3~4月頃。

ソメイヨシノ
日本の桜の8割を占めると言われる、日本の桜の代表選手ですねw前述したように品種改良された桜です。

俗にいう「開花宣言」は、ソメイヨシノの中から特定の株を選んで観察しているんですよ。

ソメイヨシノは成長が早いので日本各地に植えられ、みなさんに愛でられていますが、その分寿命も短いので巨木は少ないんですね。

また、最近では病気の問題などもあり、将来的にはソメイヨシノはなくなり変わって「ジンダイアケボノ」という品種が植樹されるようになっています。

八重桜
八重桜の八重(ヤエ)は、桜の特定の品種をいうのではなく、桜の花の咲き方が八重咲きになる桜全般の呼び方なんですね。

見た目が豪華で、5枚の花弁というイメージではなく、どちらかというと「バラ」をイメージさせるような咲き方と覚えるといいですね。

開花時期はヤマザクラやソメイヨシノに比べ1~2週間ほど遅くなっています。
ちなみに、5枚の花弁をもつ桜の咲き方は「一重咲き」と呼ばれているんですよ。

枝垂桜(シダレザクラ)
枝垂桜は、字のとおり枝が垂れた姿をしている桜ですね☆
ソメイヨシノと同じで観賞用に品種改良された桜になります。

枝垂桜には、八重紅枝垂や、紅枝垂など、その咲き方や花の色などで名前がつけられているものも多く、枝垂桜を理解していると、花を見ると大体の名前もわかってしまうので覚えておくといいですね。

桜の種類で有名なものと言えば、これぐらいが適当だと思います。
とりあえずは、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、八重桜、枝垂桜を覚えておいて花見にいくと、今までとは違った景色に見えてくるのではないでしょうか?

まとめ

一口に桜といっても、その種類は多く、場所によっては聞いたことのないような桜にお目にかかることもあるかもしれません。

それぐらい、桜は日本人に愛されている証拠なのでしょう。

これを機会に「花より団子」を「花も団子も」に変えてみてもいいかもですよね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

大阪のイルミネーションでおすすめは中之島。クリスマスも○
節分の豆まきの由来はどこから?使われる豆の種類と掛け声
大阪のイルミネーションが続々と点灯を開始しています。
大阪で梅見ができるスポット|大阪城・荒山公園・金熊寺梅林
ジブリの大博覧会in東京の六本木周辺のホテルでおすすめ
花見は急性アルコール中毒にも注意!症状の特徴や対処法は?
クリスマスプレゼントのラッピングは可愛いさとアイデア次第
京都 祇園祭でおすすめのホテルは?宿泊予約が取り難い時どうする?
七夕の由来と短冊の意味は?織姫と彦星と天の川はどこ?
七夕の願い短冊に!それも金箔の短冊なら願うかも
守口市花火大会の最寄り駅はどこが近い?
夜桜デートを楽しめる大阪のおすすめスポットは?
大阪城のイルミネーションのチケットの違いと混雑状況は?
usjの年越しイベントでカウントダウン!でもチケットわかりにくい
横浜開港祭の感想

Menu

HOME

TOP