四天王寺のどやどやの由来や意味は?日程と時間は?日本三大奇祭?

どやどやと言うと、今ならもしかすると居酒屋を思い浮かべるかもしれないですね。でも、このページでは大阪・四天王寺の「どやどや」を紹介しています。どやどやの由来や意味、日程や時間。そして「日本三大奇祭」とされている、どやどやについて確認していただけます。

スポンサードリンク

四天王寺のどやどやの由来や意味

四天王寺では、毎年正月に僧侶が集まり五穀豊穣などを祈願するための集まりの最終日に、「どやどや」が行われます。

どやどやが、何故ふんどし姿なのかというと、産まれた時と同じ状態の清浄無垢の姿になる事で、神様との交渉を行うとされていて、その名残から半裸体のふんどし姿で行っているんですね。これは「裸祭」と言われる祭事全般にあてはまります。

どやどやの場合は、はちまきにふんどしを赤白に分け、四天王寺の六時堂拝殿でお札を取り合うんですね。

白色は、東の生野方面のお百姓さん、赤色は、西の阿倍野方面の漁師さんといったように分けられ、現在でも、東側から白が西側から赤が登場するようになっていますね。

で、お札を取り合う前には、赤白双方の代表者4人による、押し相撲的なものが催され、どちらかに押し切った方が勝ちとなるようでしたが、私はこれは見たことないですね。
たまたま、見てなかっただけなのかな…?

この勝負がついた後、お札(牛王宝印楊枝)がたくさん投げられ、みんなが必死に奪いあうんですよ。

何で、そんなに必死になるかというと、このお札を自分の田んぼに立てておくと、害虫を防げ豊作になると信じられていたからなんですよね。
こういったことから、どやどやは五穀豊穣を祈願していた行事だとわかりますね。

「どやどや」の名前の由来としては、六時堂に皆がどやどやと集まってきたから、そう呼ばれるようになった。とか「どやどや」は、押し相撲をする際に「どうだどうだ、これでも負けないか」と言って押し合ったという説もあります。

大阪弁に馴染みがあればあるほど「どうだどうだ」の説のどやどやの方が、しっくりきますけどねw

スポンサードリンク

四天王寺のどやどやの日程と時間

どやどやは、毎年1月14日に執り行われます。
時間は、午後2時ごろから、約1~2時間程度ですかね。(寒いですし)

14日は平日だから、祝日にといった事もなかったようで、時代と共に参加者が少なくなった事も有り、現在は特定の園児と中学生・高校生及び教職員に参加は限られているようですね。

時間もお祭りというよりは、神事ですので混乱を避けるためもあり、午後2時頃とお昼に執り行われます。これが、夜とかになると、こういった裸祭で何かの争奪戦になると、騒ぎが周りに飛び火しかねないといった配慮も感じられますよねw

場所は、四天王寺の六時堂です。
参加はできなくても、「見たい・記念に撮影しておきたい」とそんな方もいるでしょうけど、特等席となる六時堂正面の石舞台には報道陣が居て、一般の人には解放されないんですって…。

また、間近でみたいからといっても、六時堂近くになりすぎると、堂内になりますので柱などが邪魔になる可能性もありますよ。

できれば、ちょっと距離をおいて超望遠で観覧された方が撮影には向いているかと思います☆

日本三大奇祭の中にどやどやは入る?

日本三大奇祭というジャンルに入るのが名誉なのか不名誉なのかはわかりませんが、四天王寺さんのHPでは「日本三大奇祭」の文字を一切みかけません。

それに、あくまでも神様に五穀豊穣を祈願する神事なのに「奇祭」っていうのもどうかと思います。

「裸祭り」は、奇祭に挙げられることも多いようですが、そのどれもが「神事」なんですよね。ほかに挙げられるのは「西大寺会陽」や「黒石寺蘇民祭」になりますが、どちらもどやどや同様にふんどし一丁で争奪戦を行います。

ただ、裸(全裸ではないですが)で神様に祈願するとは…。と思われる場合は「奇祭」となったりしますので、人の捉え方といった部分が大きい気はしますけどね。

ちなみに、日本三大奇祭に挙げられるお祭りは、10個ぐらいありその中から、基準は不明ながら3つを挙げられる事がありますね。

まとめ

冬の寒い時期に、水を掛けられながらもお札を奪い合う若者たちの熱気に、神様も願いを聞き入れてあげようと思うかもしれませんよね。

ただ、あの水掛けは、押し合い揉み合いの最中の擦り傷などを軽減させる意味で掛けていますので、特に神事だからといった意味合いはない模様ですw

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

中国風の月見なら月餅を食べよう!餡の種類や美味しいお店は?
京都祇園祭 長刀鉾の稚児が社参の儀に臨みました
日本三大祭りと言われる祇園祭と天神祭と神田祭
ひな祭りの雛人形や飾り、食べ物にはどんな意味があるの?
大阪の天神祭りの歴史と日程 見どころやアクセスに最寄り駅
年賀状の書き方にマナーはある?宛名や返事の書き方は?
節分のいわし飾りの由来は?地域差はある?いつまで飾る?
京都 祇園祭でおすすめのホテルは?宿泊予約が取り難い時どうする?
岸和田だんじりを桟敷席で見るならどこがおすすめ?やりまわしが見たい!
京都の初詣で人気の伏見稲荷・八坂神社・平安神宮でおすすめは?
祇園祭の歴史と日程や内容 山鉾巡行のコース紹介
葵祭の起源はどこから?日程はどうなってるの?行列はどんな感じ?
雛人形の収納飾りとケース入りの○×木目込みならコンパクト
八十八夜の意味は?茶摘みとの関係は?お茶を飲む意味は?
日本の夏祭りの意味は?縁日という名前の由来や花火の意味

Menu

HOME

TOP