十日戎の由来は?笹や飾りの意味は?大阪今宮戎の場所はどこ?

「商売繁盛で笹持って来い!」の掛け声でにぎわう、十日戎が行われる大阪の今宮戎神社。「えべっさん」と親しまれ、神様なのに親しみを持ってしまうあたり大阪らしいのですが、そもそも十日戎ってどんな由来があるのか?「えべっさん」に願掛けをする笹や飾りにはどんな意味があるのか?と、気になったら読んでくださいね。

スポンサードリンク

十日戎の由来はどこから?

十日戎には、日本全国の戎神社の総本山となる神戸の西宮神社の福男が、ニュースになるほどの有名な神事でもありますよね。

その西宮神社では、神戸は和田岬沖から現れた御神像を、西宮の鳴尾で漁師がお祀りしていたことから始まり、後に御神託により西宮に祀られたのが起源と伝えられているようです。

えびす様は、七福神の一人でもあり、商売繁盛の神様でもあるので「商人の町おおさか」でも、当然のことながら信仰されますよね。

でも、えびす様って釣竿と鯛を持っていて明らかに、海の神様とか釣りの神様な感じなんだけどどうして「商売繁盛」なのか?って気になりません?

これは、もともと日本では、農業や漁業が盛んであったはずですよね。
今のように情報化社会になるとは、えべっさんでも思いますまいw

といった時代の流れに沿って、その信仰の対象となるえべっさんからのご利益も、変わっていったのではないかと思います。

ですから、「大漁」「五穀豊穣」の神様としても祀らていますよね。

また、「商売繁盛で笹持って来い!」も十日戎には欠かせないですよね☆
これには「笹を持ってきたら商売繁盛させてあげるよ」もしくは「商売繁盛したら、また笹を持っておいで」という意味があります。

個人的な意見で申し訳ないですが、あのニコニコした笑顔とぽってりお腹に、大きな福耳を見ていると「商売繁盛出来たんやったら、笹持っておいで~な、一緒に祝おうや」って方が合ってる気がするんですよねw

笹には、昔から神聖な意味あいもあり、酒という意味もあるらしいので、「商売繁盛したお祝いに一緒にお酒を飲んでお祝いしましょう。」「そして、また来年も同じように一緒に飲めるよう商売繁盛させましょう」なんて、そう言ってるように見えるんですよね♪

十日戎の笹や飾りの意味は?

十日戎での縁起物と言えば、大小様々な笹にいろんなお飾りをしている風景がお馴染みですよね。

縁起物ですから、それぞれに意味もあります。

笹は、真冬でも青々とした葉を茂らせ強い繁殖力を持っていて「生命力」に溢れているので、昔から縁起物とされていました。

また、しなりも強く丈夫ですし、まっすぐに育つし、真っ直ぐで素直ないい人と言う意味で「竹を割ったような性格」と、良い風にしか使われないところも縁起物であるが所以ですね。

そんな笹につけるお飾りは「吉兆(きっちょう)」と呼ばれる縁起物を選び福娘に付けてもらいます。

吉兆には「野の幸」「山の幸」「海の幸」を象徴した縁起物を束ねたものがあります。
米俵や打ち出の小づちに小判とか見た事ありませんか?

これらについても、意味はありますがここはあえて割愛しますw

でも、見れば一目瞭然ということもあり、金運だったり、海の幸であれば大漁。山の幸であれば五穀豊穣。など吉兆を選ぶ理由は、こういった意味合いの違うもので、どんな「御神徳」をいただきたいかで変わってくるからなんでしょう。

ちなみに、熊手は「運をかき集める」、蓑は「集めた運を拾い易くする」と言った意味があります。

スポンサードリンク

十日戎で大阪今宮戎の場所は?

十日戎で、にぎわうのは総本山だけではありません「商人の町」大阪も、ただでさえ週末ともなると混雑する場所ながら、えべっさんの時期にはさらに商売人たちも加わることでさらに過熱してしまいますねw

それでも「商売繁盛」を願う人達に愛されて止まない、大阪今宮戎のえべっさんの場所は

住所
〒556-0003
大阪府大阪市浪速区恵美須西1丁目6番10号

電話
TEL:06-6643-0150
FAX:06-6643-0161

交通
地下鉄御堂筋線大国町駅3番出口より東へ徒歩5分
地下鉄堺筋線恵美須町駅5番出口より西へ徒歩5分
南海高野線今宮戎駅降りてすぐ
阪堺線恵美須町駅西へ徒歩5分
JR新今宮駅北へ徒歩10分または南海高野線に乗り換え今宮戎駅

ちなみに、「福男」「招福大まぐろ奉納」は、西宮戎神社で
「福娘」は今宮神社ですからね☆

まとめ

十日戎になると、「大阪やなぁ~」と感じてしまいます。
本えびすともなると、混雑しすぎて福笹を買うのも一苦労になりますが、意外に残り福となる最終日の11日の夜の方が、人も若干減りますので買いやすくなりますよ。

縁起物を持って帰れるし、残り福もいただけるならその方がよさそうですよね♪

そうそう、「えべっさん」にお参りしても、出口から境内に戻ってお参りするのは止めましょうね。

福を返すという意味になるといわれていますので、あまりおすすめできません。
あくまで、気にされる場合ですけどね。

今年も商売繁盛で、来年も笹を持っていきましょう!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

四天王寺のどやどやの由来や意味は?日程と時間は?日本三大奇祭?
年賀状の書き方にマナーはある?宛名や返事の書き方は?
葵祭の観覧席の予約はどこで?御所と下鴨神社、おすすめはどっち?
年賀状は一言ある方がうれしいけど書かないのはマナー違反?
年越しそばを食べる理由は?何時に食べるといいの?具は何?
八十八夜の意味は?茶摘みとの関係は?お茶を飲む意味は?
敬老の日に孫からプレゼントすると喜ばれるものは何?
内定先に年賀状の返信をしたいけど寒中見舞いでもいい?必要?
京都・時代祭|2015年の変更点と観覧席のおすすめ場所。参加したい時は。
年賀状の夫婦への宛名はどうする?連名が普通?いとこ夫婦へは?
ひな祭りの雛人形や飾り、食べ物にはどんな意味があるの?
日本三大祭りと言われる祇園祭と天神祭と神田祭
かぼちゃを冬至に食べる由来や理由は?品種は決まってる?
父の日の贈り物に食べ物を日本全国の名産から贈りたい!70代なら何?
地蔵盆の由来はどこからで関西だけなのか?参加しないといけない?

Menu

HOME

TOP