寒中見舞いのはがきは官製はがき?余った年賀はがきは使える?

お正月休みも仕事が始まり徐々に普段の生活に戻っていきますね。年賀状もちらほら返ってくる程度となり、事情で年賀状を出せなかった人は、寒中見舞いを出す時期になってきますね。そんな時、寒中見舞いのはがきって官製はがきでよかったのかな?余った年賀状は使えるのかな?と思ったら確認しておきましょうね。

スポンサードリンク

寒中見舞いのはがきは官製はがきでいいの?

寒中見舞いに出すはがきは、別に寒中見舞い専用のはがきがあるわけはありません。
ですので、官製はがきで寒中見舞いを書くことになりますね。

官製はがきでも、裏には季節に合った風景が選ばれているようなものもありますので、そんなはがきを使うと風情があっていいかもしれませんね。。

寒中見舞いは「時節の挨拶」という意味がありますので、たいていは「寒さ厳しい中ですが、お体ご自愛ください」といったような文面をよくみかけますよね。

また、寒中見舞いは季節柄、年賀状を喪中などで出せなかった場合には喪中はがきとして使われることもありますよね。

ただ、これには「礼儀」や「マナー」と言った部分もあり、たいていの場合は問題なく喪中はがきとして使われますが、出される相手の気持ちで左右されることもありますので注意が必要となります。

寒中見舞いに余った年賀状はがきは使える?

寒中見舞いに余った年賀はがきで出す事になんら問題はありません。
でも、先ほども書いたように「礼儀やマナー」といった部分で、受け取る相手の気持ちによって左右されます。

年賀状が出せない理由にもよるところは大きいと思いますが、多くの場合「喪中」をお知らせする時によく聞かれることですよね。

喪中は「新年をお祝いする気持ちになれない」という表れで、年賀状を断ったり、出せないという事ですよね。

にもかかわらずはがきに「年賀」と、新年を迎えた事をお祝いしますという文字があったら、ちぐはぐになってしまいませんか?

いくら、年賀を線で消していたとしても年賀はがきであることに変わりありませんよね。
そういった部分では、余ってしまった言い訳にもなってしまいますので、使わない方が無難でしょう。

懸賞に応募するのに年賀はがきを使うというのとは、また意味が違ってきますからね。

スポンサードリンク

寒中見舞いを年賀はがきで出すのは失礼かな?

寒中見舞いに年賀はがきを使って出してしまう事は、失礼になると私は思います。
逆に年賀状を書くのに、官製はがきで書く人の数ってどれぐらい居るのでしょうか?

届く年賀状のほとんどが、年賀はがきで贈られてくるはずですよね。
官製はがきで来たら「ん?なんでだろうと」深く考えないにしても、ついそう思いますよね。

せっかく季節の挨拶「新年の挨拶は年賀状で」と思えるのに、寒中見舞いを季節の外れた年賀はがきで出してしまっていたら、あなたが贈る相手に礼節を欠くことになってしまうと思うんですよ。

特に喪中はがきとして出すのであれば、受け取った相手の事もしっかりと考えて出す必要もあると思うんですよね。

悲しい気持ちで新年を迎える事に、お偲びの言葉もかけたいけれど、届いたはがきに年賀と書かれてあったら(消していても同意)、出した相手(あなた)の事に不信感を感じる人もいるかもしれません。

ですので、年賀はがきで出すぐらいなら、面倒かもしれませんが郵便局で官製はがきに替えてもらい寒中見舞いのはがきとして書く方がよいのではないでしょうか。

まとめ

余った年賀はがきって結構使い所に困ると言えばそうですよね。

郵便局に行く手間が苦にならないのであれば、官製はがきに替えて使えますが
正直、懸賞以外は何に使えばいいのかってところですが、あえて新年の運だめしと思えるなら何か懸賞に応募するのもいいかもですね。

私の場合、余った年賀はがきはそのままおいておき「お年玉付き」の場合は番号発表まで待ちますw

そして当たればいいですが、ダメな時は来年の年賀はがきの練習台になってもらいます。
新しく買ったペンの書き具合や、裏に写るかどうかの確認用に使います。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP