入学祝いのお返しはするの?しないの?必要ならいつまで?

入学式を迎えるお子さんを持つ親はほんとに嬉しいものですよね。にもかかわらず、着いて回るのが「入学祝いのお返しはするのか?しないのか?」片方では、必要だといい、もう一方では不要と。「どっちなのよ!」と頭を悩ますこともあるかと思います。ここで、マナーとして、また礼儀として確認しておきましょう。

スポンサードリンク

入学祝いを貰ったらお返しはするのが常識?

入学祝いを貰ってもお返しするのが常識なのかどうかというところは、正直「これが正解!」というのはないんですね。

まず、入学祝のお返しになる「内祝い」について知っておきましょう。
 
入学祝いのお返しとなる内祝いというのは、お祝いを貰う前に親戚が集まり、慶びを品物で皆に分かち合い祝いましょうという意味が元々の内祝いの意味。

それが、親戚で集まる事もなく、前もって内祝いをする風習もなくなり、現在のお祝いを貰ってから内祝いを返す「お返し」となっているんですね。

こういったことから、昔からの風習として、また、「人に何かしてもらったのなら、お返しはするもの」といった礼儀という部分から、お返しをするものとして入学祝いをもらったら内祝いをするんですね。

「お返しはいらないから」と言ってくれるでしょうけれど、やはりそういうワケにもいかない場合もありますので、お返しをしても問題ではないでしょう。

昔から入学祝いのお返しをしてきた方であれば、それが当たり前のことになりますし、そうでない場合はお返ししなくても、何も問題がありません。

ですので、旦那さん奥さんの、お父さんお母さん、またはおじいさんおばあさんにこういった時のためまた、確認のためにどうしているのかを確認しておくのがいいですね。

入学祝いのお返しはしないとダメなのかな?

入学式のお返しはしないとダメなのかどうかは、一般的なマナーとしては「不要」となります。

でも、「お返しをしないなんて非常識なっ!」と思われる方が居るのも事実。
では、何故「お返しは不要」がマナーになっているかというと。

入学祝いというのは、そもそも誰を祝うためのものなか?ってことですね。
もちろん、相手は子供です。子供は自分で収入を得ていますか?

収入なんていっても、お小遣いぐらいなものですよね。

そんな子供がお返しなんてできるわけないですね。
だから「金品とかいう類のもの」ではなく、電話でお礼をいったり、直筆の手紙を送るとか、手紙と一緒に写真を添えるといったことを子供にさせるんですよね。

お祝いを贈る側からすれば、子供の成長を祝いたいですから、成長した子供の声や手紙などで十分に嬉しいわけですよね。

そういった部分で考えれば「入学祝いのお返しは不要」というのが、マナーとして通用するんですよ。もっと言うと親がする必要はないって感じですか。

でも、そうは言ってもなかなか上手くいかない事もあるわけですよ。世の中は…。

いただいたお祝いって、だいたいお金ですよね。
それを使うのは、子供でしょうか親でしょうか?

…。ねぇ…。

となってくると、例え子供のお祝いにいただいたものであっても「子供のために何かしてあげて」って意味合いも含まれているでしょうから、その気持ちには感謝の気持ちを子供だけではなく、親であるあなたが伝えたくなっても不思議ではないですよね。

昔から「礼には礼を持って返す」という言葉がありますよね。
私はこの言葉が好きなんですよね。日本人特有のものかもしれませんが、簡単な話「おはよう」は「おはよう」で返しますよねって事です。

ま、でもほんとに前からお祝いのお返しはしてないのであれば必要もありませんので、これも地域や家庭によっても全然違ってきますので、よくよく聞いておいてくださいね。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しはいつまですればいいの?

入学祝いのお返しをするつもりになったけど、いつまでにすればいいのかという事。

お祝い返しをする場合は、一般的に頂いた金額の半額から3分の1程度。
おおよそなので「この商品はいくらしましたか?」なんて聞く必要はないですからねw

またこちらも、地域、家庭で違う場合もあるので、親などに確認しておくといいですね。

お返しをいつ返すかという返すタイミングとしては、入学式が終わって1ヶ月以内にしたいところです。

お祝いは、入学式前に戴いているとは思いますが「スグに返さないと!」と思って、入学式前にお返しをしてしまうと、それこそ「非常識」のレッテルを貼られかねませんのでご注意を。

学校では少ないことかもしれませんが、結婚式で例えると、式前にお返しをしてしまったものの、破談になったら…。と考えるとわかりやすいかもしれないですよね。

ちなみに、お返しをする金額が高額となる場合は、商品券などにし、できれば消え物と呼ばれる商品(お菓子など)を選ぶようにするといいですね。

まとめ

入学祝いを送り、普段の様子を見れない祖父母や親戚などはせめて何かと思って送ってくれるのでしょう。

ですので、お返しは求めてないと思うんです。

ただ、いろんな価値観が存在する以上は何もしないよりも「しておいた方が無難」というところに落ち着いてしまうのですよね。

どちらにしても、先人の知恵ではないですが、祖父母などに聞いてどうしていたのかを聞いておくのが一番かもしれませんね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP