食べる順番で血糖値の急上昇を抑える?ダイエットにもなるの?

食べる順番を工夫することで、急な血糖値の上昇を抑える事ができるって知っていますか?食べる順番を今までと変えることで、血糖値の急上昇を抑えるだけではなく、ダイエットにもイイという噂の「食べる順番ダイエット」なんて言葉もよく耳にするようになりました。では食べる順番ってどんな順番なのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

食べる順番を今までと変えてみる

あなたはこれまで、食事をする時にどんな順番で食べていましたか?
いきなりご飯を勢いよくかきこんでいませんでしたか?

確かに、空腹時には満腹感を味わうために、勢いよく食べる方が順番を意識するよりも、食べた気にもなってより満腹感に浸ることもでき満足できますよね。

でも、血糖値を意識しているのであれば、今後は食べる順番を意識して食べてもらいたいんですよね。

糖尿病を患っている人には、推奨されている食べる順番ですし、なるほどこの順番でなら「ダイエットにもつながるよね」と、納得の食べる順番なので是非試してみてくださいね。

1、食物繊維を多く含む、野菜やきのこ類を最初に食べる

2、肉や魚、卵などの良質なたんぱく質を含む食材を食べる

3、米やパンなどの炭水化物を食べる

以上が、食べる順番を変えるだけで血糖値の急上昇を抑える方法になります。
簡単でしょ?

その上、ダイエットにもなり得る方法となっていますので、メタボに悩むお父さんや、ダイエットに日々努力している女子にも試して欲しいんですよね。

この方法だと、後で解説しますが、糖質制限をするのに重要な炭水化物の摂取も自然と少なくなるので、無理な食事制限になることもありません。

ただ、この食べる順番で食事をする時に注意したいのは「マナーや作法にうるさい人の前ではしない事」なんですね。

何故かというとですね。

食べる順番として、『食物繊維→タンパク質→炭水化物』という順番は
いわゆる「三角食べ」ではなく、食物繊維だけを食べてから、タンパク質だけを食べ、最後に炭水化物だけを食べるということになります。

例をあげるなら、サラダだけを最初に食べる→焼き魚だけを食べる→ご飯だけを食べるという流れになるので、マナーや作法の厳しい方からするとすごく「御行儀が悪い人」になるからなんですね。

ですので、少しでも三角食べに近づけるようにと言えば変ですが、サラダは食前に食べるのもアリだと思いますので、肉や魚を食べる時はよく噛んでゆっくりと食べ、ちょっとだけご飯をつまむような感じで食べるようにすれば、多少はごまかせるのではないかと思います。

食べる順番に工夫をすると血糖値の急上昇を抑える事が出来る?

では、食べる順番を工夫しただけで、血糖値の急上昇を抑える事は何故?ですね。

食べ物を口に入れ、胃で分解されたものは小腸へ運ばれそこで吸収されます。
この時に、糖が血液中に吸収され血糖値があがるんですね。

ただ、最初にご飯などの炭水化物を食べてしまうと、糖質が多く吸収され「インスリン」も大量に分泌されます。これが血糖値の急上昇につながります。

インスリンは上がり過ぎた血糖値を下げようとしたり、糖を脂肪や肝臓などに蓄える働きがありますので、炭水化物を取ることで糖が大量に吸収されてしまうと、インスリンも大量に分泌され、糖が脂肪に変わりやすくなってしまうんですよ。

そういった過剰な働きを抑制するために、食物繊維を含む野菜やキノコ類などを最初に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにするということになります。

また、食物繊維を最初にたくさん食べる事で、満腹感も増し、腹持ちもいい上に便秘にもいいということになるんですね。

スポンサードリンク

食べる順番を変えるとダイエットにもなる?

食べる順番を変えるだけで、「ダイエットになるんなら実践しない手はない」と思いませんか?この方法では、タンパク質も特に制限はないので、お肉が大好き、魚が大好きなあなたにも問題なくできるのではと思いますよ。

食べる順番で、大切なのは、どうしてダイエットの天敵とも言える炭水化物を最後にしているかというところですね。

これは、最初にたくさんの野菜やキノコ類を食べることで、ある程度満腹感を満たしておくという点が重要なんですね。

炭水化物は、「3大栄養素」と言われる「脂質」「タンパク質」に並ぶ重要な栄養素なので、摂らないワケにもいきません。

ですが、野菜などをたくさんたべ、肉・魚も食べた後に、ご飯・パンは、そんなにたくさん食べれなくなっているハズなんですよね。

また、糖質はタンパク質などからでも生成できますので、ご飯の量を半分にしても問題がないというのもあるんですよね。

これが、いわゆる「食べる順番ダイエット」のミソとも言える部分でもあるんですよね。

まとめ

ファミリーレストランなどで、サラダバイキングがあったり、和食を食べる順番として汁物を先に食べるというのも、食べる順番としては納得してしまいますよね。

また、和食に関してマナーとして、「音を立てずに」というのがありますので、音を立てずに汁物を飲んだり、食べようようとしたらどうしてもゆっくりとした動きになりがちです。

その間は、しっかりとよく噛む事になるので、これもまた食べる順番を意識して食べる事にもつながりますので、こういったマナーや作法も「面倒くさい」とばかり言えないですよね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
糖質ダイエットのメカニズムは単純に考えるといいと思うんだけど
年末年始に食べ過ぎたぽっこりお腹に喝を入れる方法とは?
紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?
足元の暖房でオフィスのデスクで使える省エネなモノって?
糖質制限中に食べていいものと悪いものは?コンビニや外食はダメ?
夏だけ下痢が続く訳は?お腹が冷えてるだけではないのかも?
ウイルス性胃腸炎になった!飲食店勤務なら仕事は休むべき
口臭対策はまず歯磨きからはじめてみるといいですよ
うなぎが夏バテにいい理由は?豚肉じゃだめなのかな?どっち?
腸内環境を改善するのに酵素が必要でその方法は食べ物で変わる
骨粗しょう症の予防は30代からでも早くない 食べ物や運動にも気をつけて
花粉症が春にピークを迎えるのは何故?よい対策ないの?
目の疲れの原因は?癒す方法はない?ブルーベリーは何故目にいいの?

Menu

HOME

TOP