わらび餅は何故わらびなの?素材から?便秘解消にもいいの?

「わらび~もち、わらびもち~」なんてスピーカーから聞こえる、わらび餅の移動販売の声を聴くと「夏が来たかぁ~」なんて思ってしまいますよね。でも、ちょっと待って!なぜわらび?というのか知ってましたか?緑色している訳でもないし、味もしない。じゃ何故わらび餅というのか?を書いていきます。

スポンサードリンク

わらび餅は何故わらびというの?その由来は?

わらび餅って夏の暑い日に冷たく冷やして食べるとメチャ美味しいですよね。
でも、わらび餅ってなんでわらびってついてんの?って思う人も多いかと。

私だけですか?

あの透き通った透明のどこに山菜の「わらび」がいるのか?
それとも、わらしべが訛ったのか?なんて思いませんか。

そもそも、わらび餅ってのはですね。
「わらび」の根(地下茎)のでんぷんから作る、わらび粉を使ったところから、わらび餅になったんですね。

わらび餅の歴史は古く、平安時代にはすでにあったんです。
その時代の醍醐天皇の好物として有名だったのですよ。

また、わらびの根のでんぷんは水に強く、虫にも喰われないので、糊として使われたり、飢饉が起きた時などは「わらびの根を食べてでも生き延びろ」と言われていたそうですよ。

わらび餅は、わらび粉の名産地として有名な奈良県の名産でもあります。奈良と言えば葛餅もありますけど、わらび餅と風味も似ていることから、江戸時代には、葛餅をわらび餅として売っていた地域もすでにあったんですって。

ですので、わらびからとれたでんぷんを使い「わらび粉」で作ったのがわらび餅ということなんですね。

わらび餅の素材は一体なに?本物じゃないのもある?

わらび餅の素材は、わらび粉が使われてこそ、本物のわらび餅と言えます。
ですが、わらび粉に加工しようとしたら、結構な手間暇がかかってしまいます。

そういったところから、最近では、わらび餅とはいうものの、さつまいもやタピオカのでんぷんを使った「わらび餅粉」を素材として、わらび餅を作る事が多くあります。

わらび粉を素材として作られた本物のわらび餅は、透明ではなく黒っぽいんですよね。
スーパーなどで見かけるわらび餅は、そのほとんどが透明でいかにも夏に合う和菓子という感じがしますよね。

じゃあなんで、黒っぽい本物のわらび餅をあまり見かけないのかというと、わらび粉にする手間暇がかかるのも要因ですが、本物のわらび粉はすごくお高い素材になってしまうんですね。

場合によっては、わらび粉100gで、1500円ほどにもなってしまうので、スーパーで買えるようなお値段では決して買えない高級品となってしまったんですよ。

手間暇をかけない時代に、手間暇のかかるものはどうしてもお高くなってしまうものですよね。でも、わらびは自生だけではなく栽培も比較的簡単にできるので、やろうと思えば自家製わらび粉を作ることも不可能ではないのですよ。

わらび餅の素材にこだわり、本物にこだわるなら、奈良や京都の名店を訪ねるか通販で買ってみるか、自家栽培してわらび粉を作るかって事になります。

本物のわらび餅って、ほんとに美味しくて子供さんでもパクパク食べてくれますし、他のわらび餅は食べてくれないかもしれないというほどの美味しさなので、何かの記念日とか理由を付けて食べるようにしないと、後が大変ですよw

スポンサードリンク

わらび餅を食べると便秘解消になるの?

わらび餅は便秘解消にもなり、食事に置き換えることでダイエットにもなると、巷では噂になってますが、それは本当のことでしょうか?

厳密にいうとこれは間違いです。
正しくはわらび餅ではなく、「わらび粉やわらび餅粉を使わないわらび餅」で
いわば「わらび餅風」がそう言われているのです。

このわらび餅風には、わらび粉やわらび餅粉のかわりにゼラチンが使われています。
ゼラチンを使う事でコラーゲンが便秘解消にいいとされ、脂肪分がほとんどなくカロリーは低い。

食物繊維もタンパク質も植物性となり、また、満足感もあり腹持ちもいい。

と、言ったところからわらび餅が便秘解消またはダイエットにいいと言われる理由なんですよ。

間違っても、市販されているわらび餅を食べても、でんぷん自体がダイエットの天敵でもある炭水化物ですし、砂糖で甘く味付けしたきな粉や、黒蜜は糖分の塊でしかないので、これを食事代わりに置き換えても、意味はありませんので注意してくださいね。

あくまでも、ちょっとしたひと時のお茶菓子にどうぞって感じで、お召し上がりくださいね☆

まとめ

わらび餅が実は、本物のわらび餅ではないなんて知らなかったって人も多いのではないでしょうか?

移動販売のわらび餅も、本物ではない事が多いですよね。
でも、雰囲気で味わうなら全然問題ないし、冷たくて美味しくて甘い和菓子好きな人なら、それがわらび餅でもまったくもって問題ありません。

今年も「わらびぃ~もち、わらびもちぃ」の声が、聞こえてくるのを楽しみしています♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

ワタリガニの下処理はどうするの?味噌汁やパスタに入れるには?
イチゴ狩りを関西の大阪で食べ放題で無制限な場所は?練乳は?
七草粥の炊飯器を使う作り方。レシピ簡単、材料もスーパーで
そら豆の茹で方はさやごと鍋に入れるの?食べ方は?皮のむき方は?
渡り蟹の味噌汁の作り方を知る。下処理とさばき方もついでに
みたらし団子の由来はどこから?種類はどれぐらいある?
寒ブリを旬の時期に氷見の民宿で食べたい時に読んでおきたい
らっきょうが美味しいからといっても食べ過ぎには注意です
ヒラマサは出世魚ではなく、ブリやカンパチとも違うんです。
秋刀魚の塩焼きをフライパンやアルミホイルを使って上手に焼くコツ
カンパチとブリは出世魚?見分け方は?ヒラマサも仲間かな?
ブリとカンパチとヒラマサの違いは?それぞれの特徴が知りたい
焼き芋を炊飯器と水とさつまいもで簡単に作る!適した芋はある?
氷見でブリが味わえる店 氷見番屋街・富山湾鮨・うみあかり
秋の味覚といえば何が食べたい?秋が旬の食材は?食欲が増えるのは?

Menu

HOME

TOP