袱紗を結婚式で使う時のマナーは?色は?渡し方は?

袱紗を結婚式には必要と感じられるというのは、礼儀やマナーを大切になさる大変すばらしい方だと思います。昨今ではこういった部分も省略されがちになっていますよね。袱紗を使った結婚式でのマナーや袱紗の色、渡し方などをご紹介していますので、是非覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

袱紗を使う時の結婚式でのマナーは?

袱紗に結婚式で渡すご祝儀袋を包んで渡すのは、お相手に対しての心遣いが現れています。元々、袱紗には金品などの貴重な贈答品をホコリなどの汚れや日焼けから守るためにあった覆いが始まりなんですね。

贈答品に覆いを掛け、ホコリなどの汚れや日焼けを守るぐらいに大切に扱い、お相手に対しての心遣いと、お相手と同様に祭事を祝う気持ちの表れなんですよね。

ですので、ご祝儀を袱紗で包み結婚式に行くというのがマナーとなります。
由来から考えると、相手に渡すから裸でもいいなんて思われているのと、きちんと覆いを掛けて大切に持ってきてくれたのとだったらどちらの方がより嬉しいですかって話。

また、祝儀袋に入れるお札は新札というのもマナーの一つですから、せっかくの新札をいれた祝儀袋の角が折れたり、シワがついてしまったりしたらもったいないですよね。

袱紗を使う事で折れやシワを防ぐ事が出来、やはりこれも心遣いのできる人、マナーを知っている人として捉えられることでしょう。

ですので、ご祝儀を持っていく際には袱紗を使って結婚式に出席するようにしましょうね。

袱紗に結婚式の祝儀袋を入れるには何色がいい?

袱紗を結婚式で使うなら、何色がいいのでしょうか。

まずですが、結婚式に使う袱紗の色として適当なのは、赤色などの明るめの暖色系がいいですね。これは結婚式という慶び事ですので、明るく縁起の良い色でお相手に対してこちら側も同様に慶びを祝う気持ちがあるという現れになりますからね。

また、慶事と弔事それぞれに使い分けるのも面倒だと感じる事があっても不思議ではありませんので、慶弔兼用で使える色としては紫色があります。

ちなみに、男性が使う慶弔兼用の袱紗の色は、青や藍色、女性ならエンジ色になります。

聞いた話では、お店の勧めで慶弔兼用として買った色が紺色だったなんてこともあったようですが、これはどちらかというとおめでたい席では使わない方がいいですね。

紺色でも青や藍色に近い色なら問題はないでしょうけども、濃い色の紺色だと避けた方が無難ですよ。

スポンサードリンク

袱紗を結婚式での渡し方ってどうするの?

袱紗を結婚式当日にどうやって渡せばいいのかという「袱紗の渡し方」については、悩むところでしょうし、これまで袱紗の存在自体知らなかった人からすれば、オロオロして無駄に時間かかってしまいそうで不安になりますよね。

そこで、本来のマナーとしての渡し方と結婚式の受付で渡す渡し方として、ご紹介していおきますね。

本来のマナーとしての渡し方

ご祝儀袋を包んだ袱紗を開き、お相手の方向にご祝儀袋を名前が読める状態に向けて、台の上にご祝儀を載せ、台のまま両手を添えて渡す。

これは、結婚式ではなく、ご自宅へ訪問した際に使われる渡し方となりますね。

または、袱紗からご祝儀袋を取り出し、袱紗をたたむ。たたんだ袱紗の上にご祝儀袋を載せ両手を添える渡し方。

もう一つは、せっかく汚れから守って来た金封を自分の手で汚さないためにという意味で、袱紗を開きご祝儀袋を渡すといった渡し方もあるようですね。

結婚式の受付での渡し方

袱紗からご祝儀袋を出し、袱紗は受付の台の上などに避けておき、ご祝儀袋を両手を添えて渡すという渡し方。

もう一つは、ご祝儀を出した袱紗を胸ポケットに仕舞い、通常の渡し方をする。

どちらも、時間的にも受付の方に対しても簡略で次の人の受付にスムーズになりますよね。

きちんとしたマナー通りに、ご祝儀の渡し方をしたい方には、この渡し方を失礼に感じるかもしれませんが、ある意味では「マナーを知っている人」となるはずです。

袱紗にご祝儀袋を入れて結婚式に行くのは同じなのですが、受付の方の煩わしさを避け、時間的な他人への迷惑を避けるという渡し方となります。

ちなみに、焦って渡す必要はありませんので落ち着いた渡し方をすれば大丈夫ですよ。女性の場合ゆっくりとした動作(ダラダラではなく)の方が上品に見えますからね。

ご祝儀袋を渡す際には「ご結婚おめでとうございます」などの一言もあればいいですね。

まとめ

袱紗を知らない若い世代の方なら仕方ありませんが、それなりの年齢になってもご祝儀を袱紗に包まないなんて「マナー知らず」と思われてしまうかもしれません。

また、袱紗や風呂敷に物を包むのは、外の汚れが付かないようにし、丁寧に扱っていますよという現われなので、直接手で持ってしまうことで、今まで丁寧に包んできた意味が無くなってしまう…。

なので、袱紗の上に置いて渡し、直接手で触らないのが本来のマナーだと思いますが、経験上、おばさまやおじさまが、ご祝儀を袱紗に包まずにそのまま渡すという風景も見ますので、最近はそこまでこだわる人は少なくなってきているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

桜の花見を大阪市内でも楽しめる公園はどこがおすすめ?
沖縄物産展が東京 池袋サンシャインシティで開催されます
鶴見緑地のイベント「光の花桟敷」って一体どんなの?
バレンタインは自分チョコを人気のブランドから選ぶ12選
卒業式の袴レンタルができる梅田周辺のおすすめなお店3選
クリスマスプレゼントで彼女が金属アレルギーなら手袋とか喜ぶ?
七五三の写真撮影を嫌がる子供さんにおすすめしたい写真館
ボジョレーヌーボーの解禁日の理由は?日本だけのイベント?
湘南ひらつか七夕まつりの歴史と見どころ 会場へのアクセスは?
結婚式で汗の対策は?レンタルドレスに汗染みはヤバい?洗う?
大阪で梅見ができるスポット|大阪城・荒山公園・金熊寺梅林
成人式でネイルはチップって変?ラメを入れると変わる?振袖は注意
横浜開港祭の感想
ジブリの大博覧会が東京の六本木ヒルズで開催されるとな!
大阪城のイルミネーションのチケットの違いと混雑状況は?

Menu

HOME

TOP