男の一人暮らしで自炊とかしてる?弁当は?晩御飯は?

男の一人暮らしで一番の悩みどころといえばズバリ自炊ではないでしょうか?外食メインなら関係ないけど、食費を抑えようとしたら自炊になりますよね。節約を考えればお昼の弁当とかも自分で作っていくといいのですが。意外に簡単にできる方法もありますので、一度試して見てくださいね。

スポンサードリンク

男が一人暮らしで自炊が得意じゃなくても大丈夫?

男が一人暮らしを始めて困る事と言えばご飯。自炊なんて簡単と思えるなら問題ないですが、大体の男性は料理が苦手、もしくは面倒という理由でやりたがりませんよね。まして、仕事で疲れて風呂に入って、ゆっくりしたいのにご飯を準備しなきゃならんてどんだけ面倒なのかと。

いっそのこと「外食・コンビニ弁当」と思わなくもないけど食費はかかるし、味は濃いし体に悪そう…
なんて考えると自炊がいいのですが、ここでは自炊が面倒だと思っても意外にできる料理を紹介しておきます。

おでん
冬には、食べたい一品となりますよね。
これも私は簡単料理と思う一つです。

作り方は

1、鍋に水を入れて、だしの素を入れて混ぜ火にかける。

2、好みの具を入れて沸騰するまで待つ。特に大根は入れておく事。
大根は「桂剥き」である必要はまったくないです。皮がとれてればOK

3、灰汁が出てきたら、一度クシャクシャにして伸ばしたアルミホイルを被せて7秒待つ。
7秒は適当です。

4、7秒待ったら、アルミホイルを取り外す。不思議な事に灰汁がアルミホイルに付いている。(感動したら、記念に写メを撮っておいてもOK)

5、醤油や砂糖で味見しながら調整する。

6、そのままグツグツ吹きこぼれないように、火を調整しながら煮込む。

7、煮込み中、たまに大根に爪楊枝でも普段使っている箸でもいいので、差し込んでみて
すんなり入る様なら、まずまず食べられる。

8、ほぼこれで完成。後は、具材によって出汁を染み込ませたいのであれば、弱火にして煮込む。この時、だし汁が少な過ぎて煮込み過ぎると具が焦げ付くので、だし汁の量には注意。

個人的には、3日間は仕事から帰るなり火を付け煮込み、卵にしっかりと出汁をしゅませるのが定番。出汁のしゅんだ卵が大好物です♪(しゅんだ=染み込んだ)

ポトフ(いわゆる野菜スープと思っている)

1、鍋に水を入れて、だしの素を入れて混ぜ火にかける。←おでんと同じw

2、食べたい野菜を食べたい大きさに適当に切って入れる。できれば生でも食べられる具材がおすすめ。

3、沸騰するまで待つ。

4、灰汁が出たら、クシャクシャにして伸ばしたアルミホイルを被せて7秒待つ。

5、7秒待ったら、アルミホイルを取り外す。不思議な事に灰汁がアルミホイルに付いている。(感動したら、記念に写メを撮っておいてもOK)←ここもおでんと同じw

6、具材が食べられるようになるまで煮込む。

7、完成!

好みによって、味付けしたければすればいいし、塩気が欲しいならウィンナーとか入れると美味。野菜の旨みそのまま、調味料もほとんど使わないので体にやさしい。多少煮込みが甘くても、生で食べられる野菜なら問題なし!

お好み揚げ(勝ってに私が命名しました)

ちょっと手間はかかるし、脂分を控えたいならヤメタほうがいいけど、揚げたてを塩コショウでいただくと激ウマ!(本人談w)

1、小麦粉と水をよく混ぜる。(お店じゃないので多少粉っぽくても気にしない)

2、乾燥ひじきとか、乾燥エビなどを入れるとウマウマ

3、フライパンに油を注ぐ。(ガチのコロッケを作るわけではないので少な目でOK)

4、油に種(小麦粉と水を混ぜたもの)を垂らして、料理番組で見たような感じになればOK!油温は170度が最適?知ったこっちゃないです。

5、種を食べられる大きさ(ひっくりかえせる大きさとも言う)に、フライパンに広げる。
肉まんぐらいの大きさが丁度いいかも。

6、油でパチパチ揚げながら、片面がきつね色っぽくなってきたら裏返す。
あまり焦って裏返すと中が生なので、食感が気持ち悪い…が、食べられなくはない。

7、両面がいい色になったら完成。

8、揚げたてを塩コショウでお召し上がりくださいw

ひっくりかえすタイミングは、片面を揚げている時に、上を向いている部分のツヤがなくなり、ちょっと動かした程度では、種がこぼれない程度まで待つ。

とりあえず、こんなところでしょうか。他にもあるんですけど、長くなりすぎるので機会があればその時にでもw(リクエストがあれば書きます♪)

ぶっちゃけ、本を買ってもレシピサイトを見ても、細かい分量とかわかんないですし、食べるのは自分なんで失敗しても問題ないです。適当に作って美味しければそれでいいんですよ。ほんと☆

男の一人暮らしで弁当とか持っていったら恥ずかしい?

男が一人暮らしだからって弁当作ってもっていったら恥ずかしいですか?
持っていくにしても、バチッと素敵な弁当作っていきたいですか?

これも先ほどと同じように適当でいきましょうよって、私は思います。
ちなみに私の昼ごはんは弁当とは言えませんが、一応持っていってます。おにぎりをw

前の晩にご飯を食べた後洗い物をした後、そのまま明日のおにぎり用のご飯を炊いておくんですよ。朝起きたら、炊飯器のスイッチ切ってちょっと蓋を開けておいたら冷めるし。

でもって、ふりかけを掛けて混ぜておいたら準備完了です。
ラップにご飯を置いて、包むようにして握るとお米が手に付かず、そのまま持って行けるので便利!

基本私は、起き抜けで出勤という事が嫌なので、出勤の1時間半ぐらい前に起きます。
これで、十分にご飯も冷めておにぎりも普通に握れる温度になりますからね。

以前、私も弁当を作ろうとおかず買って用意してたんですけど、弁当用に買うおかずって割高に感じて止めてしまったんですよね。

節約のつもりが、割高感あったら意味がないと思ってね。

ですので、おにぎりにしたら、お米があったらとりあえずは昼ごはんの用意できるんで楽です。足りなかったらおにぎりの数をふやすとか、魚肉ソーセージでも付けておいたら満腹になりますしね。おにぎりをラップで包んで持っていけば弁当箱もいらないので、帰ってから洗う手間が省けます。

スポンサードリンク

男の一人暮らしでも晩御飯はしっかりと食べたいよね

男で一人暮らしをしていてもせめて晩御飯ぐらいはしっかりと食べたいところですよね。
栄養とか健康とか言った面では朝、昼をしっかりとって…なのですが、それはとりあえずは置いておいてですねw

男の一人暮らしの晩御飯にする料理はどんなものがいいですか?
何か豪勢な料理でも、仕事帰りの疲れた体にムチ打って作ります?いやですよねぇ。

となると、まず「お米」は絶対条件で確保しておくことですね。お米嫌いならパンとか主食は必ず用意しておきましょう。最悪主食をたくさん食べればなんとかなるのでw

で、今度はおかずですが、これも別に料理する必要もそれほどないかと。
私は、特にする事といったらお湯を沸かす程度です。

インスタントの味噌汁のお湯を沸かすぐらい。
また、私の話ですが、ほぼ晩御飯は白米と納豆と味噌汁と沢庵。

ここに、惣菜を買ってくる程度なので料理というほどではないですよね。
納豆が嫌いなら豆腐とか。あとはササミを電子レンジでチンするのもいいですね。

「火を使わない・油も使わない」料理の概念を破壊していますw

ゴミが増えるというのが難点ですが、きちんと分別していれば今ところは問題なしですので。

男の一人暮らしは栄養が偏るとかいいますが、外食やコンビニ弁当って味が濃くないですか?いくらバランスを取れていたとしても調味料の塊では、「どうなの?」と思ってしまうので、【白米・納豆・味噌汁・納豆】このメニューだとそう悪くないと思うんですよね。

基本的に、肉より魚が好きなので惣菜も肉系よりは、いわしの甘辛煮とか惣菜で多いのは、野菜の煮物ですかね。かぼちゃとかのw

「年寄りかっ!」と言われそうなメニューですけど、これで仕事はちゃんとこなせますし大病もこれまでしたことありません。今のところw

なので、変に外食やコンビニ弁当を買ってこようとも思わなくなるんですよ。

あぁ、ついでにおススメなのが「さばの水煮缶」、私の周りでは圧倒的に味噌煮が多いですけど、さっぱりとした味わいで魚の味を満喫できる水煮缶は超おすすめです。

以前、ダイエット法としてテレビで紹介されて店頭になかった時は焦りましたw

といった具合に、家に帰るのが遅くなったとしても、料理らしいことはせずとも、十分にしっかりと晩御飯も食べられますので「男の一人暮らしだから…」なんて言わないで、しっかりと食べましょうね。

食べられなかったら、朝に回せばいいことなので。無理して食べるよりは、朝に食べる方が体にいいですよ。特に力仕事なら、朝食べないと力出ないでしょ。

まとめ

男だからとか、一人暮らしだからとかっていうのは、一人暮らしを始めた時点でそれらすべてが言い訳となってしまうんですよね。

時間がないなら、潔く自炊を諦めるぐらいの方がいいです。
「自炊した方がいいかな…?」なんて変に迷っていると、その方がストレスになり、心が折れますので。

毎日でなくてもいいので、休日で特に用事もなく暇だなと思ったら、おでんとか作ってみてもいいんじゃないですか。

今の季節、おでんの暖かさに感動し、またおでんて「意外に簡単」と思うかもしれませんよ。

ただし、簡単と思っても彼女や母親にはそんな事言っちゃあいけません!
愛情の入れ方が違うのですから、愛情の入れ方がw

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP