雛人形の収納飾りとケース入りの○×木目込みならコンパクト

雛人形って最近では、段飾りも中々住宅事情などにより、置きにくくなってきましたよね。そういった声を反映してか収納飾りやケース入りのものまであり、内裏雛だけでも、と思うご家庭にとっては嬉しい選択肢が増えました。そこで収納飾りとケース入りのメリットデメリットを解説してみようと思います。

スポンサードリンク

雛人形の収納飾りのメリットとデメリット

収納飾りは、収納ケースがそのまま飾り棚となり、ケース入りの雛人形よりもコンパクトになる場合があります。

収納飾りの雛人形なら、収納ケースが飾り台として使えるので、最悪床に置いたとしてもそれなりの見栄えを保てるのもメリットとなりますね。逆に高さのあるものに置くのは返って見栄え的にはどうかと思いますね。

また、収納飾りの雛人形は人形自体も良い出来のものも多く、衣装着には華やかさもあり上品ですし、木目込みの雛人形で小さいものであれば、その分収納ケースも小さくなるので雛人形の収納を考えたときにはおススメとなりますね。

収納タイプを選ぶ際には、収納した際にどれぐらいの大きさになるかを確認しておくとよいでしょう。

収納飾りのデメリットとして一番手間がかかり厄介なことといえば、やはり仕舞うときになるのではないでしょうか。雛人形や小物などを個別に仕舞う必要があり、手間はかかります。そういった時のためにも、購入時に小物類の入っていたケース類はとっておき、購入直後に入っていた様子を写メで残しておくなどすれば収納の際にも同じように収納できるのでいいと思いますよ。

収納飾りは、直接雛人形に触れる事が出来ますよね。
ですので、人形に触れることで、雛人形に触れる前に手を洗う事や、ものを優しく扱う事を教える事も出来るので、娘さんにとっては良い経験となると思うんですよね。

雛人形を収納するのにケース飾りは便利?

ホコリや掃除などのメンテナンス性においてはケース入りのケース飾りが断然優れていると言えますね。

飾る手間・仕舞う手間がいらないのがケース飾りの最大のメリット。
最近ではガラスではなく、アクリルのケースもあり重量的に少し軽くなります。
飾るスペースは確保する必要はあるものの、戸棚やタンスの上でも飾れるというのもメリットの一つですよね。

ただ、せっかくのお雛様なので、金額的にも可能な範囲でケースにもこだわった方がいいかと思います。単純に黒縁ではなく、ケース込みでお雛様が華やかに見えるタイプを選ぶといいですね。

ケース飾りのデメリットは、ケースそのものの大きさがあるのでひな祭りが終わった後の収納スペースが問題になる場合が多いです。

「埃もかぶらなくて掃除も楽ちんだから」と購入した方の多くは収納スペースの確保に苦労されているようですね。

片づける際も、ケースをそのまま仕舞うにも破損する可能性もあり、ケース飾りをを入れるケースが必要となる場合もあり、さらに大きさは増してしまうのでケースの大きさだけを考えて場所を確保してたら大変ですよね。

ケースに入っていると雛人形だけに限らず、お飾りのぼんぼりなども固定されていて、娘さんがお雛様を抱いて話しかけたり、優しく撫でるといったような元々の由来ともなった「ひいな遊び」自体が出来ず、ケース越しに眺めるだけのものとなり寂しさを感じてしまうかもしれません。

ちなみに、人形師の方が、人形は空気に触れないといけないので、ケースに入ったものはおすすめできないと言っていたのを聞いた事があります。そういったお店の場合は、ケース入りの雛人形を置いていない場合があるそうですのでケース飾りを購入しようとしてお店にいったら、ケースに入ったお雛様が無かったなんて事にもなりますよ。

スポンサードリンク

雛人形なら収納飾りの木目込みがコンパクトです

雛人形には、衣装着と木目込みがありますよね。
どちらかと言えば木目込みの雛人形の方が、小さ目の物が多くコンパクトですし可愛いものも多いですよ。

衣装着の場合だと、人間のように衣装を着せた状態となっていますので、それなりにメンテナンスなども気を付ける必要があるなど気を使う部分も多くなります。

木目込みの場合は、衣装を着ているように細工して作ってあるので、そこまで衣装の型崩れを意識することもないんですよね。

ただ、木目込みの場合だと着物と人形のボディが密着しているということもあり、仮に虫食いなどがあった場合には、双方ともにダメージを負う可能性もありますよね。

この場合は、ダメージ部分だけを張り替えるという修理も可能ですので、ある意味では、「木目込みだからこそ」と言えるかもしれませんよね。

先にも書きましたが、木目込みの雛人形は小さ目の物が多くあり、収納を考えた上でもコンパクトに収納できる点で、木目込みはおすすめできます。

それと、もう一つありまして。これは私の経験なのですが、衣装着の雛人形ってね…。
「怖い」のですよねw

確かにキレイなお顔をされてはいるのですが、リアルさも加わり子供心に怖さは隠しきれなかった思い出があったりします。

木目込みは逆にかわいい過ぎるかなと思えるものもあるぐらいに、可愛らしくどちらかというと親しみのあるお顔が多いという印象を受けますね。

まとめ

雛人形を購入するのに収納という問題は必ず付いて回りますので、悩むところだと思います。

でも、最終的には、気に入ったお顔の雛人形を選ぶことが一番なんですよね。
これから先も、ずっと付き合っていけるような飽きのこない雛人形を選ぶようにしましょうね。

素敵なお雛様が見つかると良いですね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

節分のいわし飾りの由来は?地域差はある?いつまで飾る?
こどもの日に甥っ子へのプレゼントは何がいい?おすすめは?
天神祭の花火が近い宿泊場所は?場所を考えると桜ノ宮周辺だけど
くわいをおせちで使う意味は?入れるのは関西だけ?作り方もちがう?
祇園祭の歴史と日程や内容 山鉾巡行のコース紹介
お中元で贈ってはいけないものはどんなもの?注意したいものは?
年賀状は一言ある方がうれしいけど書かないのはマナー違反?
葵祭の観覧席の予約はどこで?御所と下鴨神社、おすすめはどっち?
お歳暮にハムがなぜ多い?簡単なアレンジ料理と保存方法
中国風の月見なら月餅を食べよう!餡の種類や美味しいお店は?
京都|北野天満宮の初天神?場所と時間は?曽根崎は違う?
四天王寺のどやどやの由来や意味は?日程と時間は?日本三大奇祭?
地蔵盆の由来はどこからで関西だけなのか?参加しないといけない?
京都の初詣で人気の伏見稲荷・八坂神社・平安神宮でおすすめは?
年越しそばを食べる理由は?何時に食べるといいの?具は何?

Menu

HOME

TOP