花粉症の症状を和らげるには?緩和する方法はある?対処は?

春が近づくと花粉症の方にとっては、気の重たい季節と感じますよね。くしゃみ・鼻水・目のかゆみ。我慢したくてもどうしようもない時もあります。そうなると気分も落ち込んでしまいますよね。花粉症の症状を少しでも和らげたい。緩和できたらいいな。良い対処法などを参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

花粉症の症状は和らげるのが精一杯

花粉症の症状が出だすと、仕事も手につかなくなるくらいになる方も居ると思います。風邪を引いているわけでもないのに、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどに一度に襲われ、とても辛い毎日を過ごされていることでしょう。

周りの理解がないと「病気でもないのに…」なんて言われてしまう場合もあるようで、人から見れば風邪じゃないんだからと簡単に言うけど本人してみたら、風邪のほうがまだマシと思えるほどですよね。

ただ、花粉症の症状って和らげることはできても、完全に治すというのはなかなか難しいようで、医学的にも花粉症を完治させる方法は解明されていない状態です。

ですので、風邪薬と同じように「症状を抑える薬」というのが最善となっているんですね。多くはないですが「花粉症が治った」人も居るにはいますが、「何故治ったのか?」という部分は未だに不透明なままです。

そもそも、花粉症というのはアレルギー反応ですので、本来であれば体内に入っても特に異常をきたすものではなくても、体内の中で何かの異変が起き花粉をカラダが「敵」と思い込み、花粉を追い出そうとしてくしゃみや鼻水を出して抵抗しているんですね。

こういった花粉症の症状を止めるには、アレルギー物質と判断する体内から治す必要が出てくるのですが、これまた、なかなかどうしてそうなるのかは人体の謎とも言うべき部分で解明には至っていないのが現状なんですよね。

そういった意味から、花粉症の症状は治すことは難しいが、なんらかの方法をもって和らげる可能性はあるというのが現実となっています。

花粉症の症状を緩和させるには?

花粉症の症状は緩和することが可能なのですが、一体どんな方法で緩和させるのがいいのでしょうか?

病院に行くのが一番だとは思うのですが、処方された薬で花粉症を緩和させることが出来ても、症状の軽い内はマシですが重い症状が出た場合、当然、薬も強いものが出てくると思うんですね。

この時に注意したいのが、副作用ですよね。

胃が痛くなったりして、花粉症の症状が酷いのに薬を飲むのが嫌になった経験をお持ちの方もいると思います。

副作用が出るほどの強い薬であれば、それだけ花粉症の症状を緩和してくれるかもしれませんが、薬に対して免疫が出来てしまうと、それ以上の薬でないと効かないようになってしまう場合もありますので、連続での服用はさけるようにしないといけません。

では、薬に頼らない緩和方法としては「健康的な体をつくる」というのが一番だと思うんですよね。健康な体であれば花粉症だけではなく、そのほかの病気への免疫力もあり、ケガ・病気をしにくいカラダとなりますので、健康であることが一番なんですよね。

でも、仕事が忙しかったり、ストレスを溜め込んでしまったりと、現代社会を生き抜くには、健康的な体といってもうまくいかないというのも事実ですね。

そういった時に、サプリメントや健康補助食品といった手軽に摂れる栄養補助食品を使って健康な体つくりと維持を心がけるようにしてほしいと思います。

今ではいろんなところから、数多く(多すぎるぐらい)の栄養補助食品が出ていますので、自分にあったものに出会うまで、いろいろと試されてみるといいですね。

また、最近では花粉症の方がよく飲まれるとして、テレビ番組で紹介された「甜茶」もよく耳にしますよね。

バラ科の甜茶がいいとかいう話ですが、これは花粉症の方すべてに当てはまるわけではないという事は理解しておいた方がいいですよ。

試してみてもいいのですが、広告などの文言を鵜呑みにした状態で飲まれるのはどうかと思います。

こういったものは薬もそうですが、体質に合わない場合もあるのであなたの花粉症の症状の緩和に絶対効くといったことではないからなんですね。

ですので「効けばいいな~」ぐらいの気持ちで試してみるのがいいと思いますよ。
それであなたの花粉症の症状が緩和されてそうであれば、また飲めばいいのですよ。

上記の甜茶は、楽天市場のお店にあった「サントリーの甜茶」です。

スポンサードリンク

花粉症の症状が出だした時の対処法

花粉症の症状が出だした時というよりも、あなた自身が花粉を感じるようになればしておいた方がいい対処法を書いておこうと思います。

まずは、マスク。
これは、最近多くの方がマスクをされていますので抵抗なくマスクを着けれると思います。花粉を体内にいれない為にも、口と鼻をしっかりと覆えるようなマスクを用意して、花粉を感じだしたらするようにしておきましょう。

口と鼻をカバーできても目は?となりますが、これはもう「ゴーグル」ですね。とはいえ、あまり大袈裟にしたくないなら、「だてメガネ」でもサングラスでもいいでしょう。

要は、「花粉の侵入を可能な限り減らす」ことを考えれば、だてメガネやサングラスでも全然変わってきますからね。

普段、メガネをかけられている方でも、メガネの上から付けられるゴーグルもありますので参考に。

次は、「服」ですね。
花粉症に悩まされ続けている方であれば、外から帰ったら服をコロコロを使って花粉をとるなどのことはされているでしょう。

そのついでに服の生地も考えておきましょうね。
服の生地といっても、下着も含めて全部ではなくてもいいのでせめて一番外に出る上着の生地をできるだけツルツルしている素材を選ぶのがいいでしょうね。

また、髪の毛にも当然花粉は付きますので、髪を束ねたり帽子をかぶるなどして頭にも花粉が付きにくいようにして対処していきましょう。

ここまでの対処法を行った上で外出先から家にもどったら、玄関の前で服などをバタバタと叩いたり、玄関を入ったらすぐに花粉を取れるようにブラシやコロコロを用意しておきましょう。

また、部屋に入っても空気清浄を利用したりこまめな掃除をして、できるだけ花粉という存在を減らす事を心がけるようにしてくださいね。

花粉症の症状の出だしてからでは、対処法を実行する前に気が滅入ってしまいそうなので花粉の季節だと思ったら実行して習慣にしておけば比較的楽に実行できるのではないでしょうか。

まとめ

花粉症の症状は出る時期、花粉の種類、症状の違いなど、個人差があり何が一番効果的なのかが、なんとも微妙なものですね。

ですので、花粉症の症状の原因となる「花粉」の量を減らすという見方から、今回の記事を書いてみました。

花粉症に悩むあなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

しゃっくりが止まらない時止め方に意外な方法があります
歯についたヤニを落とす方法は?自宅で磨くとき歯磨き粉は?
節約のコツ|光熱費の中から電気代とガス代編
水道代が一番節約できるのは、トイレ?お風呂?キッチン?
加齢臭は食べ物も原因になるの?逆に対策のできる食べ物はある?
花粉症が春にピークを迎えるのは何故?よい対策ないの?
大きな声の出し方とコツは?仕組みはどうなってる?
noimage
うなぎが夏バテにいい理由は?豚肉じゃだめなのかな?どっち?
食べる順番で血糖値の急上昇を抑える?ダイエットにもなるの?
土用の丑の日にうなぎとなった由来は?鰻以外はダメなのかな?
目の疲れの原因は?癒す方法はない?ブルーベリーは何故目にいいの?
夏の睡眠不足を解消するのにどんな対策がある?
紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?
風邪の予防に手洗いとうがいは必須!習慣作りと免疫力も上げる

Menu

HOME

TOP