節分のいわし飾りの由来は?地域差はある?いつまで飾る?

節分になると、豆まきや恵方巻きを食べたりしますが、もう一つ忘れてならないのがいわし飾り。何故いわしなのか?節分に飾るいわしとヒイラギの飾りにはどんな由来があり意味があるのか?ちょっと知りたくないですか?他にも地域差による違いや、いつまで飾ればいいのかを書いています。

スポンサードリンク

節分にいわしを飾るのはこんな由来から

節分にいわしとヒイラギを飾る風習が記録されているのが平安時代の「土佐日記」だとされていて、そのころは、注連縄(しめなわ)にヒイラギとボラの頭が使われていたんですね。

で、しめなわというと正月ですが、節分というのは春夏秋冬の境目の時期「節の分け目」から節分で、今で言う「鬼は~外~」の節分は正月頃となっていたからなんです。

また、日本に古くから伝わる風習の一つに、「門守り」というのがあり、家の門口につけ病魔などの邪悪なものから守るというものがあったんですね。(これが鬼という、わかりやすい存在になっている)

節分にいわしとヒイラギを飾るのも、こういった流れが由来となっています。

いわしの頭にひいらぎの枝を刺すのは、いわしの臭いで鬼を家から遠ざけて、近寄った鬼にヒイラギのトゲで目を突いて追い払う。そういった事が今の節分にいわしとヒイラギを飾る由来でこの飾りを柊鰯(ひいらぎいわし)といいます。

古くは、「鬼の目突き」「焼き嗅がし」「焼い嗅がし」とも言われました。

いわしを食べるのもこの由来が元となっていて、人がいわしを食べることで、家の中からもいわしの臭いで鬼が入ってこれない様にしたのが始まりなんですよね。

鬼がどれだけいわしに弱いの??と思いますが、「イワシの頭も信心から」という言葉もあるように、昔はたくさん獲れて、皆が食べ捨てるほどにあったいわしの頭。

そんな捨てるようなものでも「魔除けなんだ」と信じて飾れば、ありがたいと思えるということですね。

ちょっと、この言葉には個人的に「なんと贅沢なっ!」という思いがありますが、言葉としてですのでね。

節分のいわし飾りは地域によって違うの?

節分に飾るいわし飾り(柊鰯)には、地域によっても差がありますし、現在ではいわしを飾る本来の意味である「臭い」という部分でも違いがでてきているのではないでしょうか?

良く聞く大きな違いとしては、関西では生のいわしを焼いた頭を飾るけど、関東では一夜干しのいわしの頭を飾るといったところでしょうか。

また、豆柄を一緒に飾ったり祈願したお札を着けていたりと違いがあったりします。

いわしの頭だけではなく、身だけをキレイに取り(食べて?)骨だけにし、それを飾るところもあるようですね。

住宅事情で言えば、先に書いた様にその臭いやネコや鳥などが寄ってくるなどの理由により、いわし飾りはせずに食べるだけという所もあります。

昔は、生のままいわしの頭を飾っていたので、次の日になれば自然と一夜干しになっていましたので、一夜干しを焼いて食べるのが一般的になってきたのもうなずけますよね。

場所により、いわしではなくめざしの場合もあるようですが、いわしを飾るのはほぼ全国的に同じでしょうね。中には頭ではなく、頭を取って飾っているところもありましたよ。

スポンサードリンク

節分に飾ったいわしはいつまで飾ればいいの?

節分に飾るいわしは、節分が立春の前日となりますので、節分が過ぎれば外してしまって問題ありません。

節分が過ぎればと言っても、節分の日の翌日となる0時に、必ず外さないといけないとかではありませんので安心してください。

いつまでも飾っておくと言うのもなんですので、雨水といわれる2月18にまでには、片づけるようにしておけばいいですよ。

また、外したいわし飾りは白紙で包んで塩で清めて捨てるのがマナーとなっています。
これは捨てる際のマナーであって、お焚き上げしてもらうのもいいと思いますよ。

まとめ

節分にいわしって、切っても切れない中なので大事にしてほしいと思っています。でも、やっぱり住宅事情というのは、ご近所づきあいもありますので、迷惑がられることもあるかもしれませんよね。

そういった場合は、管理人などに確認を取っておきましょう。後々のトラブルを避けるうえでもね。

いろいろと環境などで左右されるかもですが、せめて節分にはカルシウムも豊富で安い、庶民の味方のいわしをしっかりと食べて、厄除け、無病息災を祈願しておきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

中国風の月見なら月餅を食べよう!餡の種類や美味しいお店は?
年賀状の書き方にマナーはある?宛名や返事の書き方は?
節分の飾りはいつからいつまで飾っていいの?一夜飾りはダメ?
端午の節句の由来は?人形やちまき・柏餅の食べ物の意味は?
内定先に年賀状の返信をしたいけど寒中見舞いでもいい?必要?
お歳暮にハムがなぜ多い?簡単なアレンジ料理と保存方法
八十八夜の意味は?茶摘みとの関係は?お茶を飲む意味は?
年賀状の夫婦への宛名はどうする?連名が普通?いとこ夫婦へは?
祇園祭の歴史と日程や内容 山鉾巡行のコース紹介
謹賀新年の意味と目上に対する使い方。迎春は使わない方がいい
雛人形の収納飾りとケース入りの○×木目込みならコンパクト
恵方巻きを黙って食べる理由って何?誰が言い出したの?
こどもの日に甥っ子へのプレゼントは何がいい?おすすめは?
お中元で贈ってはいけないものはどんなもの?注意したいものは?
十三参りとは?大阪の十三と何か関係があったりするんだろうか?

Menu

HOME

TOP