鏡割りと鏡開きはどっちが正解?鏡餅も樽酒も鏡開きというのは?

お正月には欠かせない鏡餅。毎年、鏡餅を雑煮やお汁粉に入れて食べるのが楽しみなんですよね。でもなんで、鏡割りや鏡開きというのでしょう?言い方でどんな違いがあるのか鏡餅の鏡割り・鏡開きの由来が気になります。また、式典などでも樽酒の蓋を割る事を鏡開きというのはなぜ?

スポンサードリンク

鏡割りと鏡開きの違いは何?

お正月に飾られる鏡餅は、一般的に鏡開きとい言われますが、鏡割りとも言われることもあますよね。でもすることは同じです。じゃ、言い方が違うのは何故?といったあたり見ていきましょう。

まず、鏡餅というものを定着させたのが徳川家光というのは有名なお話。また、鏡開きをすることでお正月に一区切りをつけるということになり、仕事はじめをするという意味がありました。

で、鏡餅自体が武家から始まった事ということもあり、鏡餅を切るというのは「切腹」を連想させるので縁起が悪く「割る」ということも兜が割れるなどという風に縁起が悪いとされました。

そういったことから、「末広がり」を意味する「開く」を使うようになり、鏡開きというようになったんですね。実際は、開くのではなく切らずに割るので鏡割りのほうがしっくりくると言えばそうなんですけど、風習なので。

ちなみに開くがなぜ末広がりかといえば、扉を開ける時を想像してもらえれば解ると思います。両開きの扉を開けたら扉が八の字みたいなりますよね。

鏡餅はビニール袋などに入れて金づちで叩いたり、温めて柔らかくなったものを手で千切るという方法で鏡開きをしてくださいね。

鏡開きした餅の食べ方はどんな方法があるの?

鏡開きした餅はお汁粉や雑煮などに入れて食べたり、油で揚げたかきもちなどにして食べるのがおいしいですよね。

小豆や甘いものが大好きな私は、断然お汁粉で食べますね。毎年会社で振る舞われるお汁粉は、大概余る事が多く「餅たっぷり」「あずきたっぷり」と贅沢なお願いをしても大丈夫なぐらいに余りますから、3~4杯は食べれてその日は幸せ過ぎて、若干仕事に影響が出たりでなかったり…wでも、この日ばかりは、みなさん許してくれています。

また、鏡餅を食べるのは「歯固め」という新年の健康と長寿を願うという意味もあるので
かきもちにして食べるのもいいのかもしれませんよね。

ちなみに、かきもちは、手や鎚で割ることを「欠き割る」といい「欠きもち」になったんですよ。油で揚げて、塩と醤油をまぶすだけの簡単レシピ♪

スポンサードリンク

樽酒も鏡開きというけど、どんな意味があるの?

結婚披露宴や、新築家屋が完成した時などに使われる樽酒の蓋を割ることも「鏡開き」といいますが、これにはどんな意味があるのでしょうか?

もともと、酒屋さんでは、樽酒の蓋の事を「鏡」と呼んでいたからなんですね。
なんとも、知れば単純な答えですが知らなければずっと「??」のままなのでこの機会にぜひ、覚えておきましょうね。

そして農耕を主にしてきた日本人にとって、お米からできる日本酒は神聖で神事を営む際にはほとんどと言っていいほど供えられ、祈願の後には祈願の成就をお酒を飲みながら願うという習慣がありますよね。

神聖なお酒を樽に入れて供え、樽の蓋を割って鏡開きをする。
こちらも縁起を担いで割るではなく開くを使います。

鏡餅も樽酒も「鏡開き」には、新たな出発に際し、健康・幸福・長寿などを祈願し成就を願うという意味を持っているんですね。そういった事から結婚披露宴でよく行われているんですよ。

まとめ

鏡開きは鏡餅に対しても樽酒にしても、割るではなく開く。縁起を担ぎ健康や長寿を祈願するなんて、日本人らしいと感じます。

とはいえ、鏡餅に関して言えば最近では個包装の鏡餅の形をしたプラスチックケースの中におさめられたお餅を使うことも増えてきました。

これは、カビの発生などを考えた結果だろうし、そもそも「餅つき」をする事自体が減ってきているのも一つの要因なんでしょうね。

だからといって、お正月に鏡餅を飾る風習がなくなったわけではないので、鏡開きをして神様に感謝しつつ、おいしくお餅をいただいて新年の健康と幸せと長寿を願いましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP