マイナンバーとは?いつから始まるの?本人確認に利用できる?

マイナンバーがいよいよ導入されようとしていますが、
いまいち「ピン」と来ない方も多いのではないでしょうか?「

マイナンバーって一体何?」「いつから始まるのこれ?」
「マイナンバーって本人確認できるの?」といった
ありがちな疑問を解決していこうと思います。

スポンサードリンク

マイナンバーとは

マイナンバーと言うのは、「社会保障・税・災害対策」の分野で
効率的に情報を管理することで、複数機関による個人の照合の効率化を
図るための番号となります。

これにより、行政機関の効率化に伴い、
利用者の利便性を高めていきたいという狙いなんでしょう。

マイナンバーで期待されている効果として3つ挙げられています。

1.個人の所得や行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため
負担を不当に免れたり、給付を不正に受ける事を防止。

この書き方からすると、「生活保護」や
「年金」「失業保険」などを指すと受け取れますよね。

マイナンバー導入によって、こういった機関では
マイナンバーの提示を求められますので不正は防げそうですね。

2、行政手続きの添付書類の削減などによる簡素化。
また、行政機関が持っている自分の情報の確認。

行政機関での手続きが簡素化され、時間の短縮が期待できると
いうことですね。

また、マイナンバー制導入後からになりますが、「マイナポータル」という
サイトで、行政機関が自分の情報が、いつ、どんな理由でやりとりされたのかを
確認できるようになります。

確認する事で、きちんと管理されていると一応は
認識することは可能となります。

3、行政機関や地方公共団体などで行われる情報の照合、転記、入力
などに要する時間と労力の削減。

時間の短縮と人件費の削減と、受け取れなくはないですが
そうなると削減により浮いた財源はどうなるのかが気なるところですね。

マイナンバー いつから

マイナンバーは、平成27年10月から平成27年12月中に
通知カードによって届けられ、平成28年1月から開始されます。

また、通知カードを受け取ってから市区町に申請することで
「個人番号カード」を受け取ることもでき、本人確認書類として
利用できるようになります。

行政機関の自分の情報のやりとりを確認できる
「マイナポータル」は平成29年1月から利用できる予定です。

スポンサードリンク

マイナンバーは本人確認として利用できる?

通知カードに記載されているマイナンバーは
主に「社会保障・税・災害対策」の分野において
複数の機関にある個人の情報が同一の人物であると
照合されるために使う番号となります。

ですので、番号自体での本人確認はできないのではないかと思います。
実際、本人確認としてこれまでの「本人確認書類」と
マイナンバーの記載されている書類(通知カードなど)となっています。

マイナンバーだけではなく、顔写真もある
個人番号カードであれば、それ一枚で本人確認書類として利用でき
レンタルビデオショップやスポーツクラブなどで利用できるようになります。

まとめ

マイナンバーって何だかわかりづらいですよね
どうもかしこまった書き方されているので
理解しにくいです。

少しでもわかりやすくと思いましたが
参考になりましたでしょうか?

また、もう少し解説できるようになったら
改めて書かせていただきますね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP