七五三はいつするの?数え年って何?女の子と男の子で違いはあるの?

11月になると七五三の準備であわただしくなってくる親御さんたちも多くなってきますよね。
我が子の成長を祝う七五三だからこそ、大切に習わし沿って行いたいと思う方もいれば
イベントと捉えていかに楽しく子供を祝ってあげようかとお考えの方もいることでしょう。

ここでは、七五三はいつすればいいのか、数え年ってどうかぞえるのか?
女の子と男の子で七五三をする年齢は違うのか?といったあたりを
解説していますので、参考にされてくださいね。

スポンサードリンク

七五三はいつすればいい?数え年はどうかぞえるの?

七五三というのは、
元々、徳川綱吉の長男の健康を祈ったのが始まりとされ
子供の成長を祝って神社や寺などを詣でる年中行事なんですね。

七五三の日、11月15日は、旧暦の15日は、鬼が出歩かない日になっていて
吉日とされていたようです。また、11月は収穫を終え実りを神様に感謝する時期
というのもあり、氏神様に収穫の感謝と子供の成長を感謝し加護を祈るようになったのが始まりとも言われているんですね。

といっても中々、その日には行けないという事情もあったりしますので
詣でようと考えている神社などに一度連絡してみて、期間を聞いてみると
いいかもですよね。

七五三は、江戸時代に始まっているので数え年で行うのが正式となるんですね。
「数え年(かぞえどし)」での数え方は、子供が生まれた瞬間から
1歳となり0歳というのは存在しないんです。
早生まれ、遅生まれを含み誕生日は関係なく、お正月になれば
一つ年をとるといった数え方になります。
といったコトから、産まれてから最初に迎えるお正月の時点で
その子供さんは「2歳」というコトになるんですね。

さて、七五三をどの年齢でするのか?ですが
これは平安時代の武家が発祥で、3歳、5歳、7歳と
それぞれに決まった儀式としてとり行われていたようです。

現代とは違いこのころの年齢は数え年で行っていました。

「髪置きの儀」カミオキノギ 3歳
この年になるまで、女の子も男の子も丸坊主で過ごしていたのが
3歳からは、我が子が健康で長生きしてくれますようにという願いも込められていたそうです。

「袴着の儀」ハカマギノギ 5歳
袴を着て男の子をお祝いする儀式で、凛々しい男として成長した姿をお祝いするんですね。

「帯解の儀」オビトキノギ 7歳
これまで付けていたつけ紐から大人の女性と同じように腰紐を使った着付けをし帯を結ぶようになるのをお祝いします。

それぞれの年齢に達し成長し、社会に迎えられていくことを祝う
武家の儀式にちなんでいるので、現代では意味が薄れていても仕方ないところですよね。

七五三はいつがいいのかな、女の子の場合は?

七五三を女の子がするのは、3歳と7歳が一般的ですね。
数え年で言うなら、現在お正月が来ていない状態で
2歳と6歳の女の子ということになります。

女の子の3歳での七五三を数え年でする場合、体が小さくて着物を着るのが大変だったり
赤ちゃんの幼さを残しているので可愛いとホッコリしてしまう反面
ジッとしてくれない等難しい一面もありますので、満年齢になってからでもいいのではないかと思いますよ。

スポンサードリンク

その方が子供さんも親御さんも疲れなくて済むかもですねw

ただ、被布(ひふ)はこの時にしか着れないので、被布を着させてあげてのお祝いはしてあげたらいいと思います。とにかくかわいいですからね。

7歳でする「帯解の儀」の意味には、これまで子供として見られていた『つけ紐』から、大人の女性達と同様に『腰紐』で着付けをするようになるのを祝う意味あいがあるんですね。
最近では、ドレスを着てお祝いする事もあるみたいでそれも可愛いしキレイだと思います。でも、習わしに沿いたい場合ですと振袖を着させてあげる方がいいですよね。

あと、写真撮影に関してなんですけど、早い子だと6歳になったあたりから乳歯が抜け出す子が増えてくるそうなので、前歯がそろっている時に撮影しておくのをオススメします。

七五三はいつがいいのだろうか、男の子なんだけど?

七五三を男の子がするのは、3歳と5歳一般的ですね。
数え年で言うなら、現在お正月が来ていない状態で
2歳と4歳の男の子ということになります。

最近では、男の子の七五三は5歳だけする地域も少なくないようですね。
これは、某呉服屋さんの宣伝で女の子の着物を大々的にアピールしたため
七五三の3歳は女の子の行事と認識されて広まってしまったようなんですよ。

ですので、男の子も「髪置きの儀」をしても全然問題ないですよ。

5歳の七五三にする「袴着の儀」は、初めて袴を身に着けてお祝いをするというところから、この名前がついた。というのは先にも書いていますが、平安時代には、女の子もこの儀式を受けていたようで、江戸時代あたりから男の子だけの風習になり現代に至っているということなんですね~。

大人と同じ「紋付の羽織袴」を正装として着るなんてカッチョいい大人の男に成長してねというお祈りもあり、成長の区切りとしても何だか頼もしいですよね。

昔の風習って調べてみるといろいろと面白いですね♪

まとめ

七五三って、実はガッチガチの儀式みたいなってしまいそうですが
今では、正装であればなんでもいいかな?って感じにもなってきていて
本来の意味は薄れているようですね。

それでも、「子供の成長を祝い、神様にその成長を報告する」といった
意味合いを知っていれば多少おかしいかなと思えることでも子供にとって
ウレシイことであればいいのではないかと思います。

ただ、地域的にしっかりと七五三を行っているのであれば
その習わしに沿って行っていく方がいいでしょうね。

ですので、地域のやり方や、近くか行こうとする神社などで
聞いてみるのが一番かもしれません。

また、子供さんの多いご家庭では毎回毎回大変だろうとは思います。
そのあたりはご都合にあわせて、何回かに分けてまとめてするなどしてあげればいいでしょう。

それと、七五三っていろいろすることがありますが
まとめて一日でやろうと思わないことも大事なんですよ。

何故かというと、疲れるからです…。

ですので、可能な限り何度かに分けてお祝いしてあげる方が
子供さんにとっても新鮮で楽しめる行事になりますよね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

大阪のイルミネーションが続々と点灯を開始しています。
結婚式で汗の対策は?レンタルドレスに汗染みはヤバい?洗う?
ホワイトデーのお返しは義理ならしない?するならお菓子?
ハロウィンに家族で仮装して映画みると思い白いかも
中之島イルミネーションへの最寄駅は?歩き方とか出店とかあるの?
大曲の花火の由来は?春にも開催?日程とかアクセス方法は?
横浜開港祭をホテルからも楽しみたい!観光しながらデートとお土産も♪
ディズニー・ハロウィンの仮装ができる期間は?
成人式でネイルはチップって変?ラメを入れると変わる?振袖は注意
京都の桜を好みで見つけるなら清水寺・醍醐寺・平野神社
守口市で花火大会が初開催!楽しむための攻略法は?
京都の東山花灯路のおすすめルートは?狐の嫁入りとグルメも
クリスマスプレゼントは『ワム』でした…
中之島イルミネーションの飲食ブースにキッチンカーが出店
足利フラワーパークのイルミネーション期間と時間|最寄駅は?

Menu

HOME

TOP