寒中見舞いに年賀はがきは使用OK?喪中だけど失礼になる?

年賀状を書くのに年賀はがきを買ったものの、
突然の不幸が起きても不思議ではありませんよね。

喪中なので年賀状は出せませんが、
余った年賀状を寒中見舞いとして使用できるのかどうか?
礼儀として失礼にはならないのか?
といった事にお悩みなあなたの参考になるように
書いていますので、読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

寒中見舞いに年賀はがきを使用してもいいものなの?

寒中見舞いを出すのに、年賀はがきを使用できるのかできないのか?
という問いであれば、「使用できます」となりますね。

年賀状と寒中見舞いと名前が違うだけで
同じはがきですので、問題があるとは言えません。
年賀状には「年賀」と印刷されてますけどね。

ただ、礼儀として考えるのであれば
寒中見舞いを出すのに年賀はがきを使用するのは避けるべきなんですね。

これは、寒中見舞いと年賀状が持つ意味を考えていただければと思います。
まず、年賀状は「新年の挨拶」をするはがきで
寒中見舞いは「時節の挨拶」をするものとなります。

同じはがきであっても、それぞれに持つ意味合いが大きく違いますよね。
寒中見舞いも年賀状も出す時期が近いので勘違いされる場合もあります。

最近では、喪中はがきの代用と考えている方も多く
一般的にもそいった考えが浸透しつつありますよね。

寒中見舞いを年賀はがきで出すべきではないのですが
喪中の場合はどうなのか見ていきましょう。

喪中に寒中見舞いを出す時年賀はがきは使用できる?

喪中の際、年賀状ではなく寒中見舞いを出す方が
ほとんどだと思いますが、この場合も年賀はがきで
出さないようにしてくださいね。

年賀状を書く前であれば、喪中はがきを出し
「新年の挨拶を控えさせていただきます」と、あらかじめ詫び
「新年のお祝いをする心境ではないので、
せっかくですが、ご挨拶もお断りさせていただきます」と
伝える事ができますよね。

ただ、気持ち的に急にそういった対応ができないほど
落ち込んでしまう事も不思議ではありませんので
喪中はがきを出せない事もあるでしょう。

そういった場合に、時期が近いことも有り
寒中見舞いに喪中のご挨拶として出すのが
社会通念として普通にされていることとなります。

ですが、本来であれば寒中見舞いは
先に書いた通り、「季節の挨拶」であり
決して喪中のあいさつの代用品ではないのですね。

ですので、喪中のはがきを出すのとは別に
寒中見舞いを出すのが丁寧と思われますよね。

また、前もって、喪中はがきを出し
欠礼のはがきを送り、必要であれば
寒中見舞いを出されるほうが、
礼儀として一般的ですね。

と、言ったところから
喪中に寒中見舞いを出す時、年賀はがきは使用できるかどうかは
「使用するべきではない」となります。

スポンサードリンク

寒中見舞いは年賀はがきで出すと失礼になるの?

寒中見舞いを、年賀はがきで出すことは一般的に失礼にあたります。
おそらく、せっかく買ったのにとか、懸賞応募にも使っている人もいるしと
考えてしまうかもしれませんが、それは個人的な考えになってしまいます。

確かに、自分は気にしないから年賀はがきを使うと言う人もいます。
それはそれで構わないと思いますが、マナーとしてはどうかと思うんですね。

年賀状はあくまで年賀状であって、寒中見舞いに使うはがきではありません。
年賀状の時期としては1月7日の松の内と言われる期間に出すもので
寒中見舞いは松の内が明けてから立春までに出すものとなっています。

立春は2月4日頃になりますが、
節分までと思ってもらっていいでしょう。

また、寒中見舞いを年賀はがきで出した場合に
お相手がどういう受け取り方をするのかを考えてみれば良いと思います。

受け取ったお相手が、こういったことを知らない場合は
何もなかった事になりますが、
礼儀やマナーに詳しいまたは厳しい人が受け取った場合は、
あなたは礼儀やマナーを知らない
失礼な人だと笑われてしまうかもしれません。

どうしても、年賀はがきを使用したいのであれば
堅苦しい間柄ではない、友人などにとどめておく方が
無難となります。

年賀はがきは、手数料もわずかですがかかるものの
郵便局で通常のはがきと交換してくれますので
年賀はがきではなく、通常のはがきで
寒中見舞いを出されることをおすすめします。

まとめ

寒中見舞いと年賀状。

出す期間は近くても、それぞれの持つ意味合いで
マナーを知らない人だと思われるかが大きく変わってきます。

「一般的には、寒中見舞いを年賀はがきで出さないもの」と
覚えておくだけでも、マナーを知っている人と
思ってもらえるので、覚えておきましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP