お年玉の相場はいくらが妥当?小学生と中学生の相場を知りたい

新しい年が来ると、子供はいろんな意味で
ワクワクして楽しいものです。

特にお年玉がもらえるというのが一番の事だと思います。
もしかしたら、すでに何に使うか予定を立てている子供もいるかもしれませんよね。

でも、お年玉を渡す側からすれば相場というのも
気になるところとなりますので、チェックしておきましょうか。

スポンサードリンク

お年玉の相場はいくらが妥当なのでしょう

お年玉の相場って、いくら渡せば妥当なのか?とうのが
お年玉を渡す側にとっては悩みどころ。

あまり少なくして、不満を持たれても困るし
渡し過ぎても教育上良くないと考える事もあります。

また、お年玉が子供の手に直接渡るのか親が貯金をするのかでも
変わってくると思うんですよね。

親が管理する場合だとお年玉の相場がいくらかという部分は
気のきいた方であればうまく子供に説明もできますが
子どもが直接お年玉を手にして、そのままお小遣いとなるのなら
ポチ袋で分けたまま「あの人からはいくらか…」なんて
管理されているかもしれません。

こういったいろんな状況があり
お年玉の相場に悩んでしまう方もいるんだと思います。

簡単にしようとすると

年齢×100円

なんて方法もありますが、これだと
20歳になっても、2000円と仕事をしている場合もあるので
少し少ないかと思ってしまいますよね。

なので、年齢×500円とすると
同じ20歳の時で、10000円となり
お小遣い程度にはなりますよね。

ただ、これはお年玉をいただける人数でも
変わってきます。

ですので、お金の価値観をメインに考えるなら
お年玉の相場がいくらというよりも
何人からもらえるのかで決めた方がいいように思います。

とは言え、気になる事と言えば気になるので
次は、小学生・中学生相場も見ておきましょう。

お年玉の相場|小学生の場合

小学生のお年玉の使い道は、時代の変化はあるものの
だいたいがお菓子のおまけだったりしますが
高いものでも、ゲーム機だったりゲームソフトが
多いですよね。

中には「ハイスペックパソコンが欲しい!」
なんて子もいるでしょうが、そこはちょっとおいておきますw

小学生へのお年玉の相場として一番多いのが
2000~3000円ですね。

多くても5000円という時もあります。
可愛い年頃ですので、お年玉をたくさんあげたくなりますが
これぐらいが、いいのではと思いますよ。

流行りのコレクションカードでも
10~20枚ぐらいは買えるでしょうからね。

スポンサードリンク

お年玉の相場|中学生

正直、お年玉云々だけではなく情緒不安定になりやすい時期に
なってきていますよね。

ま、そのあたりは私がどうこう言うところでもないので
言わないようにしておきますね。

ただ、このあたりから急激にいろんな事への興味関心が
劇的に増えてくると思うんですよね。

私の場合がそうでしたw

ですので、続く続かないは別として
いろんなものが欲しくて仕方ないんですよね。

だからといって、普段のお小遣いでは足りないし
「お年玉でなんとか…(ニヤリ)」と考えてしまいます。

ここで、希望通りの金額を渡してしまうと
やっぱりお金の価値観が違う方向に向かう可能性もあるので
ある程度は抑えた金額とする方がいいと思います。

中学生へのお年玉の相場としては

3000円~5000円が多いですね。

私は、中学生までは親に管理されてましたので
いくらもらってたかは知りませんw

ですが、渡す立場になると5000円ぐらいは
渡しておいてもいいだろうと思ってます。

また、渡す人数もそれほど多くないので
計画性もないままに使い切ってしまえるほどの
金額になってないはずなので5000円ぐらいにしています。

まとめ

お年玉の相場を小学生と中学生に絞ってみましたが
いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?

高校生・大学生は、あえてはずしてます。
これは、この年代になるとお年玉が少ないと思えば
アルバイトもできますし、何よりしっかりとした
経済観念についても教えるべき年代だとも思っているんですね。

せっかくある程度そういった事も考えられる年頃でしょうし
しっかりと学んでもらえばいいのではないでしょうか。

ですので、親であるあなたがお年玉の金額を決めたなら
どうしてその金額なのかを説明できる状態にしておいた方が
いいですよね。

そして足りないなら、働いてお金を稼ぐという意味を
わかってもらうのためにアルバイトをさせてみるのも
いいと思っています。

私見がかなり混じって申し訳ないですが
何かの参考にでもなれれば幸いです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP