虫歯の治療から親知らずも抜きました。で、なんで「親知らず」なの?

親知らずが1本残っていたのですが、虫歯に影響を与えていたこともあり、とうとう抜きました。

痛みは、無いものの食べるのが辛い…。

そんなことを考えながら食事をしていた時
「親知らずってどこから来た?」と疑問になり調べてみました。

スポンサードリンク
  

親知らずとは、こっそりと大人の階段を上っていたのです

親知らずという名前の由来は、その歯が生える年代によるものだそうです。

正式には、大人の奥歯としての名前が「大臼歯(だいきゅうし)」で、その中でも一番後ろの歯を親知らずといい「第三大臼歯」が正式な名前になり、智歯(ちし)とも呼ばれているそうです。

大臼歯も智歯も、初めて知った名前ですね。

そして、親知らずは永久歯の中でも一番最後に発育するそうで、通常15歳から前後の歯が生え揃うのに対して、親知らずが生える時期は大体10代後半から20代前半なんです。

ちょうどその年代って、親に反抗したくなる歳だったりしますし、早い人であれば親元を離れる場合もあると思います。

そんな時期に生えた歯を、「親は知らない」

だから、【親知らず】という名前の由来になったと言われているそうですよ。

確かに、小さい子供の頃なら歯を磨いてもらったり、歯の検診だったりで歯の状況を親も確認することがあるかもしれませんが。

10代後半から20代前半になって、歯の状況を親が知っているというのも少ないのではと思います。

私の場合は、親知らずが生えていることさえ気づいてなかったのですから。

抜く時に初めて「あぁ、親知らずがあったんだね」程度。

ある意味では、名前は知っていても、どれがその存在なのかを知っているほうが少ないのかもしれません。

ちなみに、親知らずは前歯から数えて8番目の歯ですので、7番目で終わっているなら親知らずはないってことです。

これには、個人差があるようで、元から生えていない人もいたり、横を向ていたり、逆さまに生えている人もいるようです。

私の場合は、横に傾いた状態で生えていて、それが影響して虫歯を悪化させていたそうです。

虫歯になってからでも遅くはないと思いますが、出来れば定期的な歯の検診は受けておいて損はないってことでしょうかね。

親知らずは虫歯治療のついで?で抜きました

親知らずとはどこからついた名前なのかに疑問を持ち、
調べるまでの経緯はこんな感じでした。

かれこれ1年ほど前から、冷たいものを飲めばしみるし、食べ物も噛めない状態になっていました。

「知覚過敏だったらいいなぁ…」と思いながら歯医者に行ったら
【虫歯です】とのお答え。

このままじゃ辛いので治してもらおうと思い通いだしたのが、半年ほど前。

それから、3か月ぐらいで虫歯の治療が終わって「ホッと」したのですが、
反対側の歯にも虫歯がありました。

この虫歯には本人も痛みや違和感もなかったので、なんともありませんでした。

でも、ついでのことですので、治してもらおうと思いました。
後から痛むのもイヤですしね。

で。治療が進む中、どうも親知らずが邪魔をして上手く虫歯を治療できない模様。

「じゃ、抜きましょう」と、本人の希望というかなんというかw


スポンサードリンク

ただ、ちょっとした問題がありました。

通常、親知らずはどちらかと言えば喉の方向に向かって生えてくるようなのですが、私の親知らず君は、逆の方向を向いているらしく。

これが虫歯になっていた歯に当たっていて、いつもより余計に食べかすが詰まりやすい状況を作り出していたようなんですね。

また、親知らずを抜くにしても抜きにくい方向なので、まず虫歯を削り取って空間を作り、さらに親知らずも若干削って、抜く。

といった戦略が、歯医者さんの先生の中であったようです。

「いや、もっとこうしたほうがいいんじゃないだろうか」

なんて意見も何もありませんので、「お願いします」としか言えません。

で、虫歯の悪いところを削りとった時点で、親知らずを抜くという段階に来ました。

ちょっと、ドキドキしていました。
「痛かったら、いやだなぁ」とかね。

でも、本人のドキマギも何のことやら、麻酔をしますので、痛みは感じるはずもなく。

親知らずを抜く時には「ギィ」「ガリ」とかいう音が聞こえたような気もしましたが、どちらかというと親知らずをつかむ「ペンチ?」が、変なところに当たるほうが痛いだろうと感じたぐらいです。

まぁ、アッサリと抜けました。

これは、歯医者さんの匠の技による職人技なんでしょう。

抜いた後も、さっさと縫合も済ませてくれましたし。

でね。

親知らずを抜いてからが、ちょっと面倒です。

親知らずを抜いた後は、縫合もしていますし出血もしてたりするので、ある意味では「手術」ですよねこれ。

なので、もちろんのことながら当日は食べ物は親知らずを抜ていない歯で噛まないと痛いです。

いつも、ごはんを頬張って食べる私としては、いつもの食べ方だと痛いところに食べ物が行ってしまうので、ちょっとずつ口に入れて食べないといけないのが辛かったですね。

油断したら、スルッと歯を抜いたところに滑り込んでいきますので、顔を傾けたりしながら食べていました。

おまけに、縫合した糸が若干残っているので、「食べ物なのか、糸なのか」わからない時もあり、違和感しかない食事時間でした。

今は、傷口もきれいに治っていっているそうなので、もう少し違和感を感じながら食事をすることになると思います。

こんな感じで食事をしている時に記事の最初に書いた「なんで親知らずっていうの?」という素朴な疑問を持ったわけです。

それが、まさかの「親に知られず生えた歯」だったなんて。
そのまますぎる親知らずの由来に、苦笑いをしてしまいました。



スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リッツとオレオはなぜ生産中止になったのか?後継商品は?
日産GT‐Rがマイチェンでも魅せる匠の技「技術の日産ここにあり」
noimage
あずきの日に続いて井村屋が記念日を登録しました
イヌサフランとギョウジャニンニクは見分けにくいものなのか?
noimage
フラガールって、実際にあるんだね。スパリゾートハワイアンズに
技術の日産の新しいエンジンを発表!で、「VC-T」って何?
noimage
白身魚や赤魚とはどんな魚なの?種類はどれぐらいあるんだろう?
腸内細菌についてのドキュメンタリーを見た感想と日記
ヒアリの発見場所は初確認から3ヶ月で11都府県になっています
台風と喘息には何か関係があるのだろうか?対策とかどうしてる?
バター不足は今年も続く その原因って何?
しゃっくりが止まらない時止め方に意外な方法があります

Menu

HOME

TOP