熱中症の原因は水分不足だけじゃない!他にも必要なものがあるんです

これまでは、何ともなかった夏の日差しにも年齢と共に体への影響が出始めていたりしませんか?

若い頃なら、抵抗力も強く回復も早いので多少の無理は効きますが、年齢的に体力の衰えを感じて来ているのであれば、熱中症に関してもちゃんと知っておいた方がいいかもですね。

この記事では、熱中症の原因、起きる症状や対処法を確認できますので、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク
  

熱中症が起きる原因は水分不足だけではないんです

「あっ、これ熱中症かな?」と思った時ってどんな具合になっていますか?
めまいや吐き気、体のだるさに頭痛がある場合もあったりしませんかね。

症状については、後ほど紹介しますけども、熱中症が起きている状態では体の中で「体温調節を保つ機能」が崩れています。

また、よく熱中症になっている時には「脱水症状」になっているので、とりあえず「水分補給をしよう」というのは良く知られていることでしょう。

でも、水分だけではなく「塩分」の補給も必要となり、更に効率のよい水分補給をしたいのであれば、糖分を含んだ水分補給がよいと日本体育協会では言われています。

熱中症が起きる仕組み

人の体内では、常に発熱と放熱を繰り返し、体温を一定に保とうとしています。

でも、運動などをすることで体温は上昇しますし、暑い場所にいたり、日差しを浴びる事でも体温が上昇します。

すると、体内では体温を保とうとするため、放熱するために血液を身体の表面近くに集め、上がった体温を外に逃がしやすくします。

さらに、体温が上がると汗をかいて体温を下げようとします。

汗は血液から作られ、効率よく熱を体外へ逃がすようにできるんですね。
この時、血液中に一番多い塩分が汗と一緒に出て行ってしまうんです。

水分補給をせずに、汗をかきつづけると体内の水分量は下がり、同時に塩分の量も下がってしまいます。

その状態が続くと「脱水症状」となります。

で、水分補給のみで塩分を補給しないと、筋肉の動きを調節しにくくなりますので、手足が「つった」状態になりやすくなります。

この状態がさらに進んでしまうと、体温調節機能が追いつかなくなり脳へ影響が出てしまい、倒れてしまったり、意識障害が起きたりしてしまうんですね。

こういった事から、熱中症の原因が水分不足だけだと考えないようにしないといけません。

また、「エアコン」のかけ過ぎも汗をかきにくくしてしまい、本来、汗をだして体温を下げるという働きの低下にもつながりますので、エアコンの使用も適度にしておくようにしましょう。

ただ、だからといって「我慢」ではなく、室内温度が高いのに我慢する必要はないですし、エアコンの効いた部屋にこもりっきりというのも良くない。

ですので、適度に汗をかける環境を持つことも必要になってきます。

熱中症の症状にはどんなものがある?

熱中症の症状には、段階的に症状が変わります。

先述した、症状にもありますように身体に凄く危険を及ぼす状態にもなり得ますので、症状をしっかりと把握しておきましょう。

ちなみに、「熱中症」とは分類されている症状を含めた総称となっています。

熱失神

体温を下げるために、身体の表面近くに血液が集まろうとしますので、この時血液は身体全体へと送られていきます。

そうすると、脳への血液が不足がちになり

・めまい
・一時的な失神
・顔面蒼白

といった症状を起こします。

熱痙攣(けいれん)

大量にかいた汗により塩分の減少や、水分のみの補給で血液中の塩分濃度の低下が、筋肉に影響をおよぼします。

・筋肉痛
・手足がつる
・筋肉のけいれん

などの症状が出ます。

熱疲労

汗をかき過ぎて、水分補給が追いつかなくなると、脱水状態となり症状が出てきます。

・だるい(全身倦怠感(けんたいかん))
・吐き気や嘔吐(おうと)
・頭痛
・集中力、判断力低下

といった熱疲労の症状があります。

熱射病

体温調節機能に異常が出ている状態。熱中症の中で、一番危険な状態。

・体温が高い
・意識障害
・周囲からの呼びかけなどへの反応が鈍い
・言動がおかしい
・フラフラな状態になる

熱射病の症状まで出てしまうと、命の危険性がありますので、初期段階の症状で早めに気づく事が大切となります。

あなただけではなく、周り人への配慮も意識しておくといいかもしれません。

特に、子供さんやお年寄りは熱中症だという自覚症状が無い場合もありますので、気を配るようにしておいたほうがいいですね。


スポンサードリンク

熱中症の対処方法を知っておこう

熱中症で、毎年悲しい出来事が起きています。

命の危険性もある熱中症ですが、早めに気付き対処することで助かる事も少なくないでしょう。

熱中症の軽い段階から、適切な対処をしておけば大事に至る事は少ないでしょうから、熱中症の対象方法を知っておきましょう。

ここでは「環境省 熱中予防情報サイト」を参考にしていますので、詳しく知りたい場合はそちらをご覧ください。

周りの人への対処法となっていますが、あなた自身の対処法でもありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

1:めまい、筋肉痛、吐き気、倦怠感、頭痛、手足がつったなど、熱中症の症状っぽいものがあるのか確認する。

2:1の状態で意識があるなら、涼しい場所へ移動して衣服をゆるめ体を冷やす。
氷などで首、ワキ、太ももの付け根などを冷やすといいでしょう。(氷が無ければ缶ジュースなどでも代用できます)

3:意識が無い場合は、救急車を呼び待っている間に2と同様の対処法を実施する

4:水分の補給を自分で出来るのであれば、塩分や糖質の入った(スポーツドリンクがおすすめ)水分を、一気に飲むのではなく少しずつ飲む。

5:自力で水分補給が飲めないのであれば、救急車を呼ぶなどし可能な限り病院へ行く

4までの対処をしてみて、症状が改善されているようなら、安静にしつつ十分に休み回復してから帰宅するようにしましょう。

注意しておきたいこと

呼びかけしても反応が鈍い、反応が無い場合や、吐き気がある(または吐く)状態の時は、口から水分を補給するのはよくありませんので、病院などで点滴等の処置をしてもらうようにしてください。

まとめ

熱中症は、水分補給しておけば治るとか思いがちですが、あやふやな理解をしていると、後悔することにもなりませんので、こういった記事だけではなく医療機関など専門分野のサイトなどに書かれていることを参考にする。

または、少しでもおかしいと感じたら病院に行き、ついでに話もちゃんと聞いてくるようにするほうがいいでしょうね。

でも、なかなか軽い症状で病院に行くのが恥ずかしいということもあるでしょうから、少しでもこの記事が参考になれば幸いです。



スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

口臭対策はまず歯磨きからはじめてみるといいですよ
しゃっくりが止まらない時止め方に意外な方法があります
大きな声の出し方とコツは?仕組みはどうなってる?
noimage
インフルエンザの流行る時期はいつ?予防接種や予防と対策は?
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?
土用の丑の日にうなぎとなった由来は?鰻以外はダメなのかな?
加齢臭の父に娘が香水を父の日にプレゼントしても傷つかない?
紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?
腸内環境を改善するのに酵素が必要でその方法は食べ物で変わる
夏バテと夏風邪の違いは何?原因と症状から予防まで
節約した一人暮らしの家賃は?食費は?貯金はできる?
妊婦は虫除けにディードを使わないスプレーのほうがいいの?
疲労の原因と回復方法。アミノ酸を摂ることがすごく大事
らっきょうが美味しいからといっても食べ過ぎには注意です

Menu

HOME

TOP