鏡餅をいつまでに飾る?いつまで飾る?関西はどないなん?

お正月に鏡餅は見慣れた光景ですよね。
でも、実家に住んでいる時なら親たちが全てしてくれるので
気にならなかったものの、いざ自分がやるとなると
鏡餅を飾る期間に悩んでしまいます。
また、地域で違いもあるみたいだけど
関西ではどうしているのか気になります。

スポンサードリンク

鏡餅はいつまでに飾るといいんだろう

鏡餅は、12月13日から28日の間か30日に飾ります。

29日は「苦」に通じ、31日は「一夜飾り」となり
不吉を嫌うためその日には飾らない事になっているんですね。

鏡餅は、神様(年神様)にささげるお餅で「お供え」が
鏡餅の別名にもなっています。

また、重ねた鏡餅には昔の鏡「銅鏡」に形が似ていて
古来より鏡には神様が宿るとされていたんですよ。

丸い形は家庭円満を表わしていて、重ねているのには
1年をめでたく重ねるという意味もあるんですよね。

鏡餅にもいろいろと飾り方があり
関西風の鏡餅というと

橙(だいだい)ー代々子孫繁栄を願う
干し柿ーいつもニコニコ仲睦まじく
昆布ー喜ぶ
ウラジロー裏を返しても白い(裏表がない)

といった意味で飾られていますね。
ほとんどダジャレな感じがしますが…w

ちなみに干し柿にはそれぞれ位置があり
両端に2個(ニコ)でニコニコ
真ん中に6個で「仲睦(6つ)まじく」となっています。

鏡餅をいつまで飾るのかその後はどうやって食べようか

鏡餅をいつまで飾るのかというと
これま地域で違いあるのであくまで一般的な例なら

鏡開きの11日に下し、叩き割って雑煮などにいれて
食べるのが一般的です。

ただ、鏡開きの11日までにカビも生えずにそのままの状態を
保つのかというと場所などにもよりますので
鏡開きをまたずに食べるところもありますね。

これは「しきたり」といった部分では違うのかもしれませんが
せっかくの神様へのお供えをありがたくいただくのですから
美味しいうちにニコニコしながら食べないと失礼なのでは?

と、個人的な思いもあったりしますので
鏡餅をいただくときには、そういった意味を考えながら
食べるようにすれば神様も、喜んでくれるのではないかと思います。

スポンサードリンク

鏡餅を関西ではいつまで飾るのかな

鏡餅を下げるのが一般的に11日と先に書きましたが
関西では15日になっているんですね。

これは、鏡開きは元々1月20日に行われていて
鏡開きを定着させたのが徳川家光なんですよ。

その徳川家光が亡くなったのが4月20日で
月命日となる20日は避けるようになり
現在の11日となったんですよね。

でも、そういった風習が関西ではなかなか広まらず
今でも15日が関西での鏡開きの日となっているんです。

まとめ

鏡餅一つとっても、地域によって違いがあったり
それぞれの飾りつけの違いがあったりすものですね。

自分で鏡餅を飾る事になった時には
住んでいる地域の風習をよく知る人や
神社などで一度お話を聞いてみるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP