ビットコインはなぜ送金手数料が安くなるのか?

ビットコインが話題になっていますね。

預金封鎖や預金引き出しの制限に対する対策として、ビットコインを所持し通貨ではなく仮想通貨として預金しておくというのも最近ではめずらしくないことです。

それに対し、制限を設けるなど通貨を管理する側と利用する側でそれぞれに対策・対応が頻繁に起きています。

ただ、ビットコインは投機や預金に対することだけではなく、「海外送金」においても便利なんですね。

この記事では、ビットコインの送金手数料が何故安くなるのか?を中心に書いていますが、ビットコインが今後どうなるのか?他の類似通貨はどうなのかなども書いていますので、じっくりと読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

ビットコインの送金手数料が安い理由は?

ビットコインをはじめとする仮想通貨(一般的には暗号通貨と呼びます)を利用する際に注目する部分は「手数料の安さ」というのが挙げられます。

例えば、日本からアメリカに送金しようとした場合、手数料が高く送金金額以上の手数料を取られてしまうということが起こり得るんですね。

これに対しビットコインは、世界共通でほぼ100円未満の手数料で仮想通貨を送金することができますので、ビットコインによる送金であれば手数料は安く、ビットコインから各国の通貨にするほうが安くなります。

では、この手数料の違いは何故起きるのか?といったところを見て行きましょう。

海外に送金しようとした場合

例として、アメリカに留学中の子供に送金しようとした親御さんがいたとします。

子供が利用している海外の銀行へ、海外送金という形になります。

日本の銀行⇒海外の銀行

銀行 送金

こう見ると単純な形に見えますが、ココに手数料が高くなるワケがあるんですね。

そもそも、直接の銀行間取引であれば、手数料はそれほど高くないはずなんです。
日本の銀行でも、利用している銀行と違う銀行へ振込みする場合は、高くても1,000円未満ですよね。

それに、時間内であれば当日振込の当日入金も当たり前です。

ですが、日本の銀行から海外の銀行への送金はそうではなく、いろいろな銀行を中継しながら送金していく仕組みとなっているんですね。

海外送金の仕組み

中継する銀行は、各銀行の取引具合によりますのでいくつ中継するかは、お互いの取引銀行で違ってくるでしょう。

そのために、中継する銀行それぞれに手数料が掛かってきますので、それだけ海外送金をすると手数料は高くなりますし、日数も掛かってしまうという訳です。

ビットコインで送金する場合

ビットコインで送金する場合、お互いの「ビットコインアドレス」によって送金が可能ですので、仮想通貨であるビットコインを送金し、現地の通貨に両替するという事になりますので、手数料もわずかとなり長くてもおおよそ10分程度で送金が完了してしまいます。

ビットコイン送金

ビットコインで送金するのは「個人間取引」とも言えるでしょう。
必要な手続きもスマホ等で完結してしまいますので、面倒という事もありません。

また、ビットコインを含む仮想通貨の手数料は高くても100円程度となっていますので、「少額取引」にも向いています。

ビットコインは、「投機目的」や「預金対策」などとして注目を浴びていますが、こういった海外送金などを行う際に大きな力を発揮すると言えるのですね。

ビットコインの今後はどうなる?

ビットコインの今後はどうなるのでしょうか?
気になるところですよね。

ビットコインが使えるお店も徐々に拡大してきていますので、当たり前になるかもしれません。

「現実の通貨が仮想通貨に替わる」というのも、ちらっと聞きますがどうでしょう。

世界共通の通貨がビットコインになるって考えられますか?

もしも、そうなると競争が起きなくなるので私はそうならないと思います。

例えば、円とドルがあるから輸出入の価格差で利益が出たりします。
だったらより利益を出すために、お互いに切磋琢磨して頑張るでしょう。

また、仮想通貨にしてもこれまでは「電子マネー」というのが一般的でしたが、企業ごとに電子マネーを提供することで、サービスを制限しサービス利用者により還元しようとしますし、囲い込もうとします。

これらは、企業努力だと考えていますので、例え複数になっても仕方のないことだと思います。利用者からすれば、まとまっている方が便利なんですけどね。

そもそも、「お金」というのは「物々交換」を「物の価値」として「価値の変動が変わりにくいもの」としてあります。

例えば、肉と魚を交換しようとした場合、鮮度によって価値は変わりますよね。
いつもは、肉1と魚1で交換できたのに、肉がちょっと時間が経っているから、肉2と魚1という形になります。

そうなると、肉を出す側は損と言う形になりますので「価値の変動が変わりにくいもの」として使われていた「金銀銅」などの貴金属が登場してくるわけです。

肉1が金1としたら、鮮度の落ちた肉1は、銀1になるという感じです。

これでしたら、肉1で魚1も可能となるわけですよね。
魚が、サバからイワシになったりするかもですが。

話が反れている感じですが、そういったところから統一するのではなく、それぞれの価値があったほうが、成長はすると思います。

ですので、ビットコインも成長はするでしょうが、ビットコインよりも利用価値の高い仮想通貨が生まれてくれば、ビットコインに取って変わる事も有りえるでしょう。


スポンサードリンク

ビットコイン以外の類似通貨は

仮想通貨と言えばビットコインというぐらいに、大きな割合を占めていますが最近では「イーサリアム・リップル・ライトコイン」など有名な仮想通貨も含め、2,000種類以上の仮想通貨が存在すると言われています。

中には、現れては消えたり実在しないもの(いわゆる詐欺)などもありますので、それらを含めると、さらに種類は多くなっています。

ビットコインがここまで伸びているのに、他の類似通貨は伸びてこないかというと、それは「利便性」でも変わってくるでしょう。

ビットコインは、仮想通貨の先駆けとも言える存在でもあり注目されるのは当然でしょう。

ビットコイン以外の類似通貨がビットコイン以上の注目を浴びるには「利用方法」などの、ビットコインにはない「特徴」が必要になります。

投機目的であれば、新しい仮想通貨を最初に購入し、ある程度値が上がったところで売れば儲けになりますが、それだと仮想通貨がただの投機目的のものでしかなくなってしまいますね。

仮想通貨には、利用者側からすれば「投機」なのかもしれませんが、仮想通貨側からすれば「資金調達」と言えます。

『この新しい仮想通貨は、こんなことができますよ。だから、今のうちに購入しておいてください。何年後かには、あなた(投機した人)は儲かりますから』

といった感じで捉えることができます。

仮想通貨側では、新しいモデルを投機してもらった資金を上手に使い、価値を高めていく必要があり、価値を高めることで投機する人が増えという循環が生まれます。

そのため、新しい仮想通貨が気になって購入したいと思った時には「その仮想通貨には、何ができるのか?」と言うこともしっかりと見るようにしたほうがいいですよね。

「誰々が儲かるって言ってた」とかは、言っている事が現実的なのか?将来性は?等々、知っておかないと危険な行為となりますので注意してください。

まとめ

ビットコインを含む仮想通貨の登場は、「最後のIT革命」とも言われています。
それぐらいの影響を与えるだろうということです。

投機目的ではなく、利便性を見たときにビットコインの有用性に気づくと注目される理由もわかって来るでしょう。

ビットコインだけではなく他の類似通貨にもそれぞれの価値があり、人々が価値に気づき有用性を見出せば、今後出てくるビットコインに類似した仮想通貨が「ビットコイン」より成長することも有り得ることなんでしょうね。



スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

TOP