冬の乾燥肌でかゆみがある時どう対策すればいい?原因や改善方法は?

冬の乾燥肌でかゆみがあるってほんと困ります。
ひどい時は、困ると言うより辛いと言えるぐらいですよね。

ついつい掻き過ぎてしまいがちですが、ここはグッと堪えてここで、かゆみが起きた時の対策や、冬になると乾燥肌になってかゆみが起きる原因と今後の改善方法をお伝えできればと思いますので、じっくりと読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

冬の乾燥肌とかゆみの対策はどうすればいい

冬になると乾燥肌になりかゆみがひどいって人は、少なくないですよね。
女性だけではなく、男性でもかゆみを訴える人も多いです。

「お腹がかゆいな」と思って掻きだすと、周りにかゆみが拡がり足やお尻、顔、背中といたるところがかゆくなってしまいます。

「今、その状態!!」って人は、まずは、掻くのはヤメテ軽く痛くない程度に叩きましょう。

これは、知恵袋的なものですが、掻きむしって肌がボロボロになるよりはマシかと。

でも、乾燥肌でかゆみがあっても、かくのを我慢するのがお肌に優しい事になるんですよ。
肌を掻くということは、傷をつけることになり炎症を起こして、少しの刺激でさえまたかゆみがひどくなるという「かゆみループ」が起きてしまっているんですよね。

こう書いても、掻くの我慢するってなかなか難しいものです。
ですので、そういう時は、乾燥肌のかゆみに有効な成分を含んだ、塗り薬やクリームを使うのも「冬の乾燥肌のかゆみ対策」の一つです。

かゆみを抑える成分には、尿素・抗ヒスタミン剤、セラミド、ビタミンEなど有効とされる成分を含んだ製品が色々とあります。

ただ、肌質等あり場合によっては、乾燥肌のかゆみに有効な成分であっても、痛みを感じる事もあるので、お試しが出来るのであれば試しながら、あなたに合ったものを選ぶと言う対策をするといいでしょう。

また、かゆみの原因となっているのが乾燥肌だと、わかっているのであれば、肌を乾燥させないようにすることも必要となってきます。

冬の乾燥肌のかゆみに日頃のひと工夫を

冬に乾燥肌のかゆみをひどくさせるのは、一つに着ている服も関係しています。

かゆみが起きているということは、何かしらの刺激をうけていますので、その上に衣類による刺激があれば尚の事、かゆみが強くなってきます。

特に冬は、ウールなどの暖かい素材を選びがちですがこういった化学繊維が、肌の刺激を強くします。

衣類についている「タグ」も刺激となりますので、かゆみがひどいのであれば切り取っておくといいでしょう。

出来るだけ、コットンやシルクといった(お高い)繊維製品を選ぶようにしましょうね。

乾燥肌とかゆみはお風呂も注意して

乾燥肌が原因でかゆみが起こるなら、お風呂に入る時も注意してくださいね。

普段から、乾燥肌のケアをしかゆみも抑えようと塗り薬やクリームを塗っていても、お風呂に入ってしまえば、肌の保湿成分も落ちやすくなるので、ぬるま湯(40℃以下)で20分以内を目安に入浴したいところです。

そして、体を洗う時の注意として「直接石鹸を手に付けて洗う」ということ。

汚れが落ちないと思ってしまいますが、タオルでごしごし洗ってしまうのは、かゆみにとってはおすすめ出来ない行為となります。

どうしても、タオルでないと気が済まないと言う時は、タオル素材を厳選して選びましょう。

もちろん、入浴後は、保湿をして乾燥肌の対策をしておくことを忘れないでくださいね。

乾燥肌のかゆみの原因って何?

乾燥肌のかゆみの原因は、「乾燥肌だからかゆみが出る」ですよね。

ですので、乾燥肌にならなければかゆみも出ないと言うことになります。

乾燥肌になると、何故かゆみが出るのかというと、かゆみは痛みと同じで痛みの度合が小さいのがかゆみなんですね。

かゆみが出ているということは、痛みと同じく「警告」を出していると言えます。
何の警告かというと「乾燥肌になってますよ~、なんとかしてくださいよ~」です。

じゃ、何故乾燥肌になるのかですが、様々な要因が考えられます。
ここに、女性の多くが悩む原因ともなる要因が含まれているのです。

お肌を手入れしているつもりが間違っている

日々スキンケアと思いながらしていることでも、間違った事をしていれば乾燥肌になりやすく、結果的にかゆみが起こるようになります。

殆どの場合は「こすり過ぎ」といってもいいぐらいでしょう。

女性であれば、クレンジング、化粧水、クリーム、日焼け止めなど、お肌をこする機会が多く、マッサージなども血行促進のためと行ったりしていませんか。

肌をこすり過ぎると、角質層を傷つけやすいので乾燥肌の原因にもなる肌自身がもつ保水能力を下げるだけではなく、シミを発生させることもあるぐらいです。

男性の場合は、女性ほど肌に気を遣う人もまだ少数派ですので、「ガシガシ、ゴシゴシ」が当たり前となっている事も多いでしょう。

乾燥肌になりやすい肌質であればあるほど、日頃の手入れにも気をつけましょう。

食事は何をするにも大事

乾燥肌やかゆみの事だけではなく、食事は関係してきます。
聞きたくないと感じる方がほとんどかもですが「バランスの取れた食事」です。

バランスの取れた食事をすることで、体に必要な栄養素が補給されますので、角質層に十分な栄養を送ることができ、乾燥肌になりにくいと感がることができますよね。

極端なダイエットや、筋肉強化の為の過剰なタンパク質の摂取に糖質制限なども、限度を考えておきましょう。

生活習慣もお馴染みな要素です

生活習慣もやっぱり出てきます。

睡眠・ストレスに、先ほどの衣服やお風呂などもそうですし、エアコンの影響もあります。

生活習慣には、習慣とあるだけに中々難しいかもですが、少しずつでも変えていくようにするといいですね。

睡眠時間を1時間増やしてみたり、エアコンを使う時間も少なくしてみるとかね。

ただね、「冬は空気が乾燥しているから仕方がない」というのは、ちょっとだけ違います。
確かに、空気が乾燥しているからというのはあるでしょうが、正常な肌であれば一時的に乾燥しても回復は早いのです。


スポンサードリンク

乾燥肌のかゆみを改善するにはどうしたらいい?

乾燥肌のかゆみを改善する方法には、いくつかあります。

・保湿成分が配合されている製品を利用する
・乾燥肌のかゆみに効果のある成分を含むサプリや漢方などを利用
・食事の見直し
・乾燥肌とかゆみにやさしい衣類選び

後は、寝ている時に無意識に掻いて肌を傷つけない様に爪の手入れは入念にしておくとか、無駄な刺激をあたえないように清潔に保つというのも改善方法と言えます。

最終的には、病院にかかるのが適当だと思うのですが、個人的な意見としては「食事の見直し」と、補助的にサプリなどを取りいれるのがいいのではないかと考えています。

食欲は、余程の事がない限り誰にでも起きる事です。

そういったことから、肌の保湿に良いとされる成分の

・たんぱく質
・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンC
・ビタミンE
・亜鉛

これらの成分を含む食事を意識しながら、バランスよく食べるのが一時的な対策ではなく、内側から乾燥肌のかゆみを改善する事になるのではないでしょうか。

バランスのとれた食事をしながらも、補助としてサプリなどを取り入れておくと、摂取しきれなかった栄養素も補給されるはずですのでより、乾燥肌のかゆみの改善に向かうのだと思います。

まとめ

冬の乾燥肌のかゆみには、ちゃんとした原因があり、対策をすればある程度は軽減されます。
市販の塗り薬を使うのもいいと思いますが、肌質によっては配合成分により痛みをともなうこともあるので、試しながら自分に合う物を探すようにしたいですね。日頃からの習慣も乾燥肌やかゆみの要因にもなるので、出来る所からケアしていきましょう。



スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

TOP