七五三をする意味と時期について。何歳にお参りするのがいい?

紅葉が色づきだしてくると秋の深まりを感じる季節ですね。
今年、七五三を迎える子供さんを持つ親御さんもあるでしょう。
着物を召して参拝をするというのが、伝統的な七五三ですよね。
最近では、その様相をも変化を見せています。

スポンサードリンク

七五三の意味は子供の成長を祝う行事

11月15日に行われる七五三ですが、はじまりは室町時代とされ
江戸時代、徳川綱吉の子徳松が病弱でこの日に成長を祝ったのが
始まりと言われています。

昔は、徳松だけではなく7歳まで成長する子供が少なく
それだけに成長に感謝し、今後の健康を願うとして
広まっていったのだと思うんですよね。

なにせ、当時7歳になるまで「神の子」とまで言われていたあたり
如何に、子供が成長することの少なさがわかりますよね。

今ほどの医療技術も当然ありませんし
衛生的にも問題はかなりあったはずですからね。

七五三で子供を祝う時期はいつ?

七五三をする時期は、元々数え年に祝うのが決まりでした。
3歳の七五三であれば、誕生日が12月だったとしましょう。

すると数えで3歳となると、生後2年もたたないうちに
七五三を迎える事になり、時期的に早すぎるという考えも出てきて
満年齢で3歳の七五三を迎える家庭が増えてきたんですよね。

それに、ご家庭の事情や環境なども含め毎回毎回の七五三を
いくらお祝いといえ、難しい場合もありますよね。

そういった場合には、七五三を一度にしてしまったり、
おじいさん、おばあさん、または親戚などがうまく集まれる日を
選んで行うといったこともあります。

また、せっかくのお祝いに混雑したところに行くのは
子供も親も疲れるという事もあり時期をすらずケースもありますよね。

ですので、最近では以前とくらべて七五三をする時期も
各々の状況にあわせてお祝いをするようになってきていますね。

スポンサードリンク

七五三は何歳になるとお祝いするの?

七五三を何歳でするのかというと
男の子は3歳と5歳。
女の子は3歳と7歳。にお祝いします。

3歳でお祝いするのは元々「髪置きの儀」といって
それまで剃っていた髪の毛を伸ばし始める儀式。

5歳では「袴着の儀」で、男の子がはじめて袴をつける儀式。

7歳の女の子が行うのは「帯解の儀」といい、
大人の女性と同じように帯を締めて着物を着始める儀式。

これが、元々の七五三で行う儀式だったんですよね。

今では、そういった七五三の何歳の時に何をするというのも
あまり関係なくなってきていますよね。

着物にこだわることもなく、ドレスやタキシードを着
ヘアメイクもバッチリ決めて写真撮影に行くといった方が
最近の七五三ではよく見かける光景ではないでしょうか?

ホテルなどでも七五三に合わせたプランが設定されていたりして
子供もそうですが、家族も一緒になって楽しめるようになってきていますね。

まとめ

七五三のお祝いの仕方もいろいろとバリエーション豊かになり
子供も喜べるような趣向を凝らした行事ともいえますが
地域や家庭によって、伝統を守ろうとの考えもあり
考え方の違いの差が広がってきているのではないかと思います。

本来であれば、七五三の目的は子供の成長に感謝しお祝いする事です。
感謝の気持ちを神様に報告するといった意味ですので
出来る限り、お参りはした方がいいと思いますよ。

絶対ではありませんので、写真撮影だけも全然問題ないんですよね。
大事なのは、子供の成長を喜んであげることが一番なんですから。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP