インフルエンザはお茶でうがいをするといいらしい

インフルエンザは寒い時期に特に流行しやすいですよね。

頭痛・喉の痛み、咳、鼻づまりに38度以上の熱はでるし、体のあちこちは痛くなるはで、苦しいったらないです。

そんなインフルエンザもお茶の力を借りれば、予防対策にもなるようなのでしっかりチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザはお茶でうがいをするといいらしい

インフルエンザはお茶でうがいをするといいらしいというのは、聞いた事があるかもしれませんね。

また、毎日お茶を飲んでいても日頃からの免疫力を上げるのにいいと言われています。

これは、研究でも証明されたようですが、お茶に含まれる「カテキン」が影響しているんですね。

インフルエンザにお茶でうがいというのは、お茶に含まれるカテキンがウィルスが増えるのを抑えるというのが、研究結果でも実証されています。

因みに、ここでいうお茶は「緑茶」になります。

じゃ、水じゃだめなのか?というとそうではなく、「より効果的だろう」ということですね。

私も、以前にインフルエンザに罹ったのですが、その時の辛さに恐れをなし、その後はずっと、外から帰ったらまず「手洗いとうがい」はかかさずにしています。

そのお蔭か、それからはインフルエンザにもかかってませんし、風邪は散髪(坊主)したてで雨に濡れた時以外は、ひいていません。

といった事からも、私自身が手洗いうがいの効果実証できていますので、科学的に研究実証されているのであれば、インフルエンザにもお茶でうがいするというのは、効果的なのでしょう。

でも、インフルエンザのうがいにお茶を淹れるというのも、何だかもったいないと感じるかもですが、これは「でがらし」で大丈夫です。

あまり放置しすぎるのも衛生上問題ありそうなので、「もうこのお茶っ葉いいかな?」と思ったあたりのものを使用すればいいのですが、これはこれでタイミング的にどうかと思いますので、あえて新鮮なお茶でうがいしましょう。

要は、インフルエンザにお茶でうがいというのは、カテキンが必要ということですし、それほど多くの量も必要ないので、楽天などで緑茶と検索してよさそうなものを選んでおけば大丈夫でしょう。

緑茶【楽天市場】

また、わかっているでしょうけど、淹れたてのアツアツじゃなく口に含んでも大丈夫な温度になってからにしてくださいね。

それと、うがいの仕方ですが、ガラガラうがいだけではなく、「口をすすぐようにうがい」「上を向いてのどのうがい」「もう一度口の中をすすぐようにうがい」といった3段階に分けてうがいすると尚いいですよ。

緑茶のカテキンの量は種類で違う?

お茶でうがいをすると、インフルエンザにもいいらしいというお話は先ほどしましたが、今度は、うがいに使う「緑茶」について書いておきます。

まずですが、緑茶とカテキンの量が種類によって違います。
で、釜炒り茶も、煎茶も、玉露も全部「緑茶」なんですね。

また、茶葉の育成段階でも緑茶のカテキンの量も変わってきますし、加工工程でもカテキンの量は変わります。

そういった面からみて、加工工程がほぼなく生茶葉に近いのが緑茶で中でも「釜炒り茶」がカテキンの量が一番多いのです。

ちなみに、紅茶などは発酵させていて発酵させるとカテキンの量は少なくなってしまいますが、カテキンの量が多いお茶を飲んだり、うがいに使わないといけないということでもありません。

あくまでも、緑茶に含まれるカテキンの量が多いのはどれだという事でご理解くださいね。
まちがってもカテキンの多い緑茶でないと、インフルエンザを予防できないではありませんので。

ということで、緑茶でカテキンの量が多いのは誰だです。

1、釜炒り茶
2、煎茶
3、番茶
4、玉露
5、紅茶
6、ほうじ茶
7、ウーロン茶

になっていますので、参考にどうぞです。


スポンサードリンク

カテキンは肝障害を起こす?

緑茶に含まれるカテキンには肝障害を起こす恐れがあるというのは、ご存知でしたか?

以前に、海外で報告のあったことなんですが、高濃度カテキンが入ったサプリを飲み続けた結果肝障害が起きたというものです。

こう書くと「カテキンたくさん摂ったら危ないの?」と思うかもしれませんね。

カテキンが危ないのではなく、「摂り過ぎは、良くない」が答えになります。

カテキンには、殺菌効果や細菌やウィルスを退治して免疫力を上げたり、体脂肪を燃焼させるというのがダイエットにいいとかで、トクホな商品もあります。

ですので、体の健康にいいのはその通りだと思います。
そもそも、緑茶は中国から漢方薬として取り入れらたと言われているぐらいですから。

でも、やっぱり摂取量が問題になるんです。
いくら、体によいカテキンでも肝障害が起きるほどになってたら、明らかに過剰摂取ですから。

「インフルエンザが流行りだしたから、緑茶たくさんので、カテキン摂取しなきゃ」というのではなく、普段から食事の際には緑茶を飲むとか、コーヒーの代わりに緑茶にしてみるとか。

そういった普段の生活の中で、自然と取り入れる方が、一過性のカテキンの過剰摂取で、肝障害も起こすことはないのではないでしょうか。

まとめ

インフルエンザにお茶のうがいが効くなんて、民間療法だと思ってましたが研究されて実証されているのであれば、普段から飲むようにしていきたいところですよね。

緑茶の中でも、釜炒り茶が一番カテキンの量は多いですが、煎茶などでも全然かまいません。ただ、できれば、ペットボトルなどではなく茶葉から淹れる緑茶にする方がいいですね。

カテキンの過剰摂取による肝障害は衝撃的ですが、何でも「過ぎたるは何とやら」といいますので、限度を考えて自然に取り入れるようにしていただけたらと感じますね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

歯についたヤニを落とす方法は?自宅で磨くとき歯磨き粉は?
夏だけ下痢が続く訳は?お腹が冷えてるだけではないのかも?
ビタミンDがメタボを抑えたり、がんを抑制する仕組みが解明されました
腸内環境を改善するのに酵素が必要でその方法は食べ物で変わる
加齢臭は食べ物も原因になるの?逆に対策のできる食べ物はある?
糖質ダイエットのメカニズムは単純に考えるといいと思うんだけど
顔汗を抑えるいい薬ってあるの?止める方法や汗をかきやすい理由は?
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?
腸内細菌についてのドキュメンタリーを見た感想と日記
ウイルス性胃腸炎になった!飲食店勤務なら仕事は休むべき
ウィルス性胃腸炎なら仕事は休むべき?休めない時は?復帰は?
足元の暖房でオフィスのデスクで使える省エネなモノって?
夏バテと夏風邪の違いは何?原因と症状から予防まで
疲労の原因と回復方法。アミノ酸を摂ることがすごく大事
夏の睡眠不足を解消するのにどんな対策がある?

Menu

HOME

TOP