ANAとH.I.Sが宇宙旅行に関する提携をし商用運行開始を目指す!

宇宙旅行が、どんどん身近に感じられる様になってきました。

日本国内でも、民間の宇宙旅行企画が立ち上がっている中、ANAとHISという旅行に関する専門企業が宇宙旅行などの事業化を目指し資本提携をしましたね。

宇宙旅行の商用運行は、2023年12月を目指すということです。

航空機と旅行全般を専門とするANAとHISが提携することで、宇宙旅行はより楽しいものとなりますが、やはり価格なども気になってしまう所です。

ですので、宇宙旅行にいくらかかるのか?時間はどれぐらいなのか?など気になる部分を解説しておきますね。

また、今回のANAとHISが企画する宇宙旅行に採用される機体は、どの会社が創るのかも気になるところですよね。

スポンサードリンク

宇宙旅行事業にANAとHISが資本提携して2023年12月運行を目指す

宇宙旅行をはじめ宇宙輸送など宇宙に関する事業に向けて、宇宙機開発を行うことをANA・HIS・PDエアロスペースの3社が、2016年12月1日に合意しました。

宇宙旅行の商用運行開始は、2023年12月までには目指したいということです。
技術の進歩はすさまじいものがありますが、7年間でどこまでの開発ができ実用化されるのか期待したいですよね。

これまでにも、戦闘機を使った成層圏まで行けるというのは、何かのテレビ番組で見た記憶がありますが、ようやく宇宙に飛び出せる日も現実のものとなるのかもと思うとワクワクします。

さて、ここで気になるのが「PDエアロスペース」という会社。
どんな会社なのかというと、『国内で唯一の有人宇宙機開発会社』なんですよ。

公式ホームページはこちらになります。

PDエアロスペース株式会社

早速、ワクワクしながらHPを見に行ったんですが、ここの社長さんってやっぱりすごい経歴の持ち主なんですよね。

・大学で航空宇宙工学修了
・三菱重工で航空機開発を4年
・トヨタグループでエンジン開発を7年

一部を紹介させてもらいましたが、これだけでも「マジ!」って思ったのですが、更には社長さんのお父さんの代から、今回の宇宙機に搭載される予定となっているであろう「パルスデトネーションエンジン」の研究を20年を掛けているんですね。

「夢の扉」など、いくつかのテレビ番組に出た事があるようなので、ご存じの方もいるかもしれません。
残念ながら、私は存じあげなかったのであとで動画サイトでも探して見ようかと思います。

この『パルスデトネーションエンジン』なのですが、解説を読んでもちょっと理解できなかったので、あなたも一度PDエアロスペースさんのHPで確認してみてください。

簡単にいうと、空気のある場所では「ジェットエンジン」、空気の無い場所では「ロケットエンジン」と宇宙機の航行場所によってエンジンを使い分ける事ができるってことです。

現在では、発射用のエンジンと宇宙航行のエンジンとは完全に分離していて、打ち上げ後にエンジンを切り離しているシーンは見た事があると思います。

それが切り離すことなく、単一エンジンで宇宙に行けてしまうというのが「パルスデトネーションエンジン」ということですね。

なぜ、エンジンを切り替えるのかと言うと単純に、ジェットエンジンが空気を必要としロケットエンジンには空気の代わりに「酸化剤」を使用しているため。

「じゃ、最初からロケットエンジンでもいいんじゃ…」とか、考えるかもですがそこはほら、お金かかるでしょ。

コスト面からみても、切り替えの方がお安くなるのですよ。
前に、調べた時はジャンボ機の売値が250億ぐらいで『ジェットエンジン1基が10億』とあったので、これに当てはめると、スペースシャトルが1回打ち上げるのに500億ぐらいでしたので、ロケットエンジンの1基の値段は20億程度になるのかな?

今回の宇宙旅行に使用する宇宙機は「再使用可能な機体」を開発しようとしています。

発射直後のすさまじい空気の摩擦に大気圏での熱対応、宇宙空間の航行をし再び大気圏に突入して帰還。

普通に生活してたら、想像も考えもつかない超過酷な環境であっても「もう一回!」ということが可能な機体を作ろうとしているんですね。

めちゃくちゃすごくないですか?

なんかね、ホームページ見てるだけでワクワクが止まりませんでした。
一度、チェックしておいてみてください。

宇宙旅行の価格や時間ってどれぐらい?

宇宙旅行の価格や時間は、ほんとに現実化するのかという段階になるならないにかかわらず気になるところですよね。

今回の、ANA・HIS・PDエアロスペースの宇宙旅行事業は、資本提携をしてこれから開発がどんどん進んでいく形なので、宇宙旅行に関する価格・時間は明記されていませんでした。

他に、宇宙旅行を日本で企画しているところがありましたので、そちらを参考に書いておきます。

JTB
残念ながら、現在は開発遅れのため、新規申し込みの受け付けが停止されていますので、価格については未定のようです。

時間は約5分間滞在となります。
宇宙旅行を一般的な旅行とすれば「それは旅行じゃ…」なんて思いますけど、一瞬でも宇宙に行けるというのは貴重な体験であることに変わりないですよね。

ただ、当たり前かもですが、事前に訓練が必要となり期間は3日間。
宇宙飛行士の訓練からすれば、微々たるものですがはじめての宇宙空間ならもっと訓練してもいいような気もします。

ちなみに、宇宙機に乗っている時間としては約90分となっています。

クラブツーリズム
こちらは、世界各国で申込みがすでに700名の方が申込みされているようですね。
日本人の申し込みあり、現在19名だそうです。

クラブツーリズムが、「クラブツーリズム・スペースツアーズ」としてアメリカの宇宙旅行ビジネスを行う「ヴァージン・キャデラック」社と独占契約しています。

宇宙旅行に必要な費用価格は、お一人25万アメリカドルとなっています。とりあえず、1ドル100円とするなら、2500万円!

時間は、約100分程度となり、宇宙を体感できる(無重力状態)時間は4分間となっています。

それ以外にも、3日間の訓練があり発射する場所への移動も含め最短で7日間あれば宇宙旅行に参加できる予定になっています。

JTBもクラブツーリズムも、日本での発射ではないようですので、現地に行くまでの費用も考える必要がありますね。

いずれも、各社のホームページで確認しておいてください。

というところですので、宇宙旅行の価格は「メチャ高い」ですし、時間は「旅行というには短すぎる」という感じは受けます。

でも、「一度は行ってみたい宇宙」と考えるなら、それほど高くはないのかもしれませんよね。

それと、どの宇宙旅行でも、映画やアニメなどでみる「宇宙空間」ではなく、無重力状態を体感できる「高度100km」程度の滞在となります。

ガンダムなどの宇宙で生活できる環境が整っていれば、旅行ももっと身近なものになるんでしょうけど、実際にはまだまだこれからワクワクして待っていられるイベントじゃないですかね。


スポンサードリンク

宇宙旅行に関わる日本企業はいくつある?

宇宙旅行に関わる日本企業って、かなりあると思います。

これまでの記事の中にも、

・ANA
・HIS
・PDエアロスペース
・JTB
・クラブツーリズム

といった日本企業が参加していますし、単純にかかわっているという部分でいるなら数多くの企業が関わっていることでしょう。

特に、三菱、富士重工、IHIなどはそういった部門では有名どころでしょうし、その他の精密部品や細かい部品に関しても、日本の技術はかなり反映されているはずです。

まったく関係ないと思っているものでも、「えっ!そんなところに使われているの?」なんていうのは、たくさんあります。

「宇宙ビジネスは儲かる」とも言われていますので、今後の開発状況などによっても参入してくる日本企業も増えて来るのではないかと思いますよ。

まとめ

ANAとHISが提携して宇宙旅行と聞いて「完璧なタッグ」と感じました。
宇宙機開発にも、日本国内唯一の有人機開発企業のPDエアロスペースと共同開発ということですし「上手くいく」という期待しかありませんでした。

宇宙旅行の価格は、想像以上のものでしたが今後の状況で変わるしうまく行って、軌道に乗りさえすれば価格も抑えられるでしょう。いつの話かはわかりませんが。

宇宙旅行に関わる日本の企業も、これから旅行会社は名乗りを上げてくると思います。
ただ、「採算がとれるのか」「現実味」といった部分で今は様子を見ている気がします。

いずれにしても、今後の開発や現実化されたときの運行状況で変わってくる部分ではありますね。

宇宙旅行の次は、スペースコロニーかな??

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

バレンタインは自分チョコを人気のブランドから選ぶ12選
さくらであい館から背割堤の桜を楽しもう
大曲の花火の時の駐車場でおすすめの場所は?無料はある?民家でも?
桜の花見を大阪市内でも楽しめる公園はどこがおすすめ?
沖縄旅行は梅雨明けしてからがいい?服装は?雨の日でも楽しめる?
大阪のイルミネーションが続々と点灯を開始しています。
マンホールカードというのがあるらしい。しかも過熱ぎみだとか
岸和田だんじりを桟敷席で見るならどこがおすすめ?やりまわしが見たい!
クリスマスソングおすすめの邦楽・洋楽とpvセレクション2015
成人式の振袖はレンタルか買うか、お下がりか、どうする?
ヨーロッパのフランスやスペインでクリスマスのスイーツと言えば?
大阪城のイルミネーションのチケットの違いと混雑状況は?
ジブリの大博覧会が東京の六本木ヒルズで開催されるとな!
鶴見緑地のイベント「光の花桟敷」って一体どんなの?
沖縄旅行の専門店が日本初登場!大阪・東京にオープンです

Menu

HOME

TOP