喪中はがきをもらったら、どうすればいい?返信は必要?

喪中はがきをもらったものの、最近年賀状のやりとりしかしていないし、かといって急に返信とするのもどうなんだろう?

以前は、親しくしてたし仲よくしてたので出来れば何か出来る事をしておいたほうがいいかな?

あなたは、相手を思う気持ちがありいろいろと考えてしまっていませんか?

ですので、喪中はがきをもらった時に返信をするべきなのか?
労わりの言葉を掛けるべきなのか?

この記事を読まれてから判断されてもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

喪中はがきをもらったら、どうすればいい?

基本的には、何もしなくてもマナーに背くといった事はありませんので、
松の内(1月7日)が明けてから、寒中見舞いを贈るという形で問題ありません。

その中で、お相手を気遣う言葉を書かれるといいでしょう。

喪中の方からすれば、年賀状のない新年のというのも寂しいものではありますけど、寒中見舞いが届くことで喜んでもらえるでしょう。

また、喪中であることを年内に知り、寒中見舞いまで日が開く場合、あなたとの間柄を思い親しい仲で「何か声をかけてあげたい」という気持ちがあるのでしたら、電話をしてあげるのもいいでしょうし、お悔やみをしたためた手紙を送るというのでもよいでしょうね。

場合によっては、メールというのも今では文面を考えて贈るのであればいいのではないでしょうか。

特に、亡くなって日が浅い場合ですと、喪中はがきを出された方にすれば故人との間柄が近ければ近いほど、気持ちに余裕はないでしょう。

そういった時に、あなたとの関係がすぐにでも連絡をとってもお相手が元気づけられる人なのか、しばらくはそっとしておいてほしい人なのかの判断がつくようにしておくと、戸惑うこともないでしょう。

これは、個人差がありますし、これまでの喪中の方とあなたとの間柄で変わってくると思います。

ですので、どうしても一言お悔やみを伝えたいと思うのであれば「手紙による返信」と「香典」

しばらく様子を見てからにしようと思うのであれば、年賀状は出さないとして寒中見舞いでお伝えするというのが良いのではないでしょうか。

最近では、喪中見舞いという言葉があり線香をお供えとして送る事が宣伝されているようですが、本来、喪中はがきに対して絶対返信しなければならないというものではありません。

また、喪中見舞いと一緒にお線香を贈るというのはある意味では、「その場でお線香をあげたいところですが」といった意味があると思うのですが、個人的には「そんなに貰ってもねぇ…」というのが正直なところです。

仮に、「喪中はがきをもらった方全員からお線香をもらってしまったら」と考えると、余計な気遣いをさせてしまうのではないかと感じるんですね。

喪中はがきへの返信ってどんな感じで書けばいいの?

喪中はがきをもらって、返信しようと思った時に考えるのが「どういった文面を書くのがいいのだろう」ですよね。

親しい間柄であったのであれば、あまりにも例文的なものは気が引けてしまうかもしれませんし、かといって砕けすぎるのもちょっと…。

また、例文的な文面に、自分の言葉を付け足すというのもありなのかもですが、それが逆に相手の気に触れるようなことにならないか?とかいろいろ考えると思います。

ですので、喪中はがきへの返信として手紙を書くのであれば、例文などを参考に手紙を書いておき、自分の言葉を添えた手紙も別で入れておくというのもいいのではないでしょうか。

喪中はがきの返信の際に、香典も一緒に贈ろうと考えている場合は相場通りの額を包むようにしてください。
場合により、相場より離れてしまうと逆に失礼になることもありますので注意してくださいね。

以下に、喪中はがきの返信例を挙げておきますので、参考にしてください。

このたびは、ご丁寧なご挨拶状をいただきありがとうございます。
お手紙を拝見してはじめて、○○様のご逝去を知りました。
お悔やみ申し上げますとともに
○○様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
服喪中でいらっしゃいますので新年の挨拶は控えさせていただきます。
お気を落とされていることかと存じますが
どうぞ、お心強く、そしてお体を大切に新しい年をお迎えになられますよう
心よりお祈り申し上げます。

平成○○年○○月○○日


スポンサードリンク

喪中はがきの返信に寒中見舞いを贈る場合

喪中はがきは「年賀状をださないでくれ」と言う事ではなく、「新年の挨拶ができません」という事です。

それに対し、寒中見舞いは一番寒さの厳しい時期に、お相手の調子を伺う労わりの挨拶といった感じです。

ですので、寒中見舞いに喪中はがきの返信という事もマナー的には問題はないでしょう。

ただ、その中でも、「めでたい」といったお祝いの言葉や、「死」をイメージするような言葉や、「重ね重ね」といったような重なりあうような言葉もさけるべきです。

寒さ厳しい中、お相手の体調を案じ、不幸に対する励ましなどのことばを踏まえ書いておくといいですね。

以下は、あくまで例文となりますので、ご参考にどうぞです。

寒中お見舞い申し上げます
年始のご挨拶は喪中のことと存じ遠慮させていただきましたが
皆様いかがおすごしでしょうかご案じ申し上げます。
寒さもこれからが本番ですが、どうかお元気で乗り切られますよう
心からお祈りいたしております。オールアバウト

まとめ

喪中はがきって、贈ってこられた人との間柄や普段の付き合い方で、随分と気持ちが変わりますよね。

年賀状だけの付き合いであれば、寒中見舞いで済ませばいいかなと思いますし、親しい間柄で故人との交流も少なからず持っていたのであれば、「元気づけてあげたい」と感じるのも当たり前の事だと思います。

本当は、こういった時ってすぐにでも駆けつけて「元気だして!」とか言ってあげたい気持ちになるかもですが、お相手のあることなのでどう取られるかを考えたときに戸惑ってしまうものです。

ですので、あなたがどうしてあげたいかも大事なのですが、お相手がどう感じるかをまずは優先して考えて上げる事が一番大切ですよね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
そら豆の茹で方はさやごと鍋に入れるの?食べ方は?皮のむき方は?
弁護士への相談も気軽にできるようになってきました。
noimage
円高・円安をわかりやすく簡単に。で、結局どっちがいいの?
バター不足は今年も続く その原因って何?
noimage
auの長期利用でメリットが広がる?かもしれない「au STAR」
歯についたヤニを落とす方法は?自宅で磨くとき歯磨き粉は?
ツタンカーメンの短剣は隕石から作られていた
接客で素晴らしい対応をされ、物凄く感動してプロだと思った話
あずきの日に続いて井村屋が記念日を登録しました
大西卓哉さんが国際宇宙ステーション(ISS)から帰還です
abematvとはなんぞ?無料でアニメ専門チャンネルが開設されるみたい

Menu

HOME

TOP