疲労の原因と回復方法。アミノ酸を摂ることがすごく大事

疲労した体をあなたはどうやって回復させていますか?
寝るのが一番なんだけど毎回疲れたからといって
眠るワケにもいかないので、
普段の行動も含めできるだけ早く疲労から回復できる方法を探しました。

スポンサードリンク

疲労の原因となるのは3つの要因から

元々から疲れが溜まりやすい人もいれば
「どれだけ元気なの?」と思えるぐらいの人もいますよね。

個人差はかなりあるものの、そもそも疲労の原因とは
何なんでしょうか?

疲労には大きく分けて3つの要因があるんですね。

・肉体的疲労
・精神的疲労
・神経的疲労

『肉体的疲労』
身体(筋肉)を動かすために必要なエネルギーの不足と
疲労物質が溜まると起きる疲労ですね。

お腹が減ったら力がだせない時ってありませんか。

また、同じ姿勢を続ける事でも筋肉の一部分に疲労物質が溜まり
動きが悪くなるといったことも起こります。

その結果、だるさや筋肉の張り、筋肉痛といった症状が
肉体的疲労となります。

ちなみに、日頃から適度に体を動かさないと筋肉は委縮され
どんどん弱りやすくなり、さらに疲労しやすい身体になってしまいます。

『精神的疲労』
学校や職場などの人間関係、悩み事などのストレスが原因となり
心が疲れた状態を精神的疲労といいます。

もちろん、好きな人が出来た時に思い悩む事もそうですし
映画を見て感動の涙を流した後とかって眠たくなったりしませんか?

それも、自覚していなくても心が疲れているという事なんですね。

『神経的疲労』
視神経や脳が緊張した状態が続くことによって起きる頭の疲労。

パソコンやスマホなど便利なものが出てくるたびに増えるのが
この神経的疲労ではないかと思います。

パソコンやスマホを見る時って、一点に集中することが多くなり
その結果、目の神経は常に同じ状態を長く維持しようとしますよね。
ですので、緊張しっぱなしの視神経は疲れてしまいます。

仕事でも遊びでもそうですが、集中して何かに取り組むと
ほんとに疲れますよね。これが脳が緊張することでおきる疲労。

といった3つの要因から疲労するわけなんですね。
これらの疲労の原因は密接な関係にあり
放置しておくとしつこい疲労となっていきます。

疲労した体を回復させるには?

姿勢
疲労した体を回復させるには、まず疲労しにくい
姿勢を心がける事が大事なんですよね。

同じ姿勢を続けると筋肉にも負担がかかり
疲れやすいのですが、できるだけ負担を
軽くするためにも正しい姿勢を意識してみてくださいね。

休養
疲れたからといって休日に一日中ゴロゴロしても
疲労から回復しにくいんですよ。

いつもとは違う景色をみるとか、お風呂はぬるめのお湯に
いつもより長くつかるとか。

リラックスとゴロゴロはちょっと違いますので
本を読んだり、映画を見たりと心と体をリラックスさせるように
意識してみましょう。

睡眠
個人的はコレが疲労から回復するには一番いいと思っています。

寝る事で脳や体は休ませることができますし、
成長ホルモンの分泌により細胞が活発となり
栄養が吸収されるんですよね。

また、睡眠時間も6時間から7時間半ぐらいにしておくと
すっきり目覚めることができますよ。

最近では、オーダーメイドの枕もありますし
照明にも気を使ってあげるとよりよい睡眠を
とりやすくなります。

運動
休日にゴロゴロしない方がいいのは、疲れた体には
疲労物質が溜まっているんですよね。

疲労物質の排出を早めるには、
適度な運動がいいんです。

何をすればいいのかというと
散歩程度で十分なんですよ。

緑地公園なんかで散歩すると木々を見ることで
目にもやさしく、街中とは違う雰囲気を味わう事も出来て
心のリフレッシュとなりますので最適なんですよね。

食事
エネルギーの元なる栄養素を吸収するためにも
食事をすることはすごく大切です。

バランスよく食べることはもちろんなんですが
やっぱり朝と昼はしっかりと食べる事が大事ですし
夕食にガッツリと食べてしまうと寝ている間にも
胃腸が動きっぱなしになるのでよくありません。

ですので、朝昼はしっかりと夕食は少し軽くするのを
おすすめします。

食べる時はゆっくりとよく噛んで食べてくださいね。

スポンサードリンク

疲労から回復するにはアミノ酸が大切

アミノ酸はここ数年よく聞くようになりました。
アミノ酸は身体を構成する物質の元となるものなので
すごく大切なんです。

筋トレをする方にとっては聞きなれているでしょうけど
疲労から回復するにも、とってもいいんですよね。

サプリやプロテインもあって身近にはなってきているものの
そればかりではダメなんですよ。

疲労から回復するにはアミノ酸は必要なのですが
アミノ酸をしっかりと体内で吸収されてはじめて働いてくれます。

ですので、消化吸収を助けるビタミンB2を含む
レバー・さば・ししゃも・納豆などの食品を摂る事も大切です。

まとめ

現代社会を疲労なしで生きていくにはなかなか難しくなり
最近ではストレスからくる精神的な疲労が増えてきているように思います。

そういったストレス社会から少しでも回避するために
日頃からの発散方法というものがあれば疲労から回復するのも
早くなるのではないかと思います。

月並みですが、趣味などをみつけ休日にはリラックスできる環境で
十分な休養をとり疲労を溜めないようにしましょうね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
妊婦は虫除けにディードを使わないスプレーのほうがいいの?
ワキガ手術の料金よりも安く、ニオイを抑えるにはアレを使うしかない
インフルエンザの予防接種の同時接種は必要か?受けるべきか迷う
noimage
インフルエンザの症状と風邪との違いは?陰性だったし軽いんだけど
目の疲れの原因は?癒す方法はない?ブルーベリーは何故目にいいの?
水道代が一番節約できるのは、トイレ?お風呂?キッチン?
らっきょうが美味しいからといっても食べ過ぎには注意です
節約のコツ|光熱費の中から電気代とガス代編
紫外線対策はいつから?日焼け止めだけでいい?家なら安全?
ウイルス性胃腸炎になった!飲食店勤務なら仕事は休むべき
ノロウイルスの症状をチェックしよう もし感染してた時の対策は?
紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?
インフルエンザの流行る時期はいつ?予防接種や予防と対策は?

Menu

HOME

TOP